LINE・日本テレビ・アニプレックスが、三社共同で新たな才能を発掘 新時代の文学賞『第1回 令和小説大賞』を開催

LINE株式会社 2019年04月16日

From PR TIMES

大賞受賞作品には賞金300万円に加えて、書籍化・映像化
自身も小説家として活躍する「乃木坂46 高山一実」がアンバサダーに就任



LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛 以下、LINE)、日本テレビ放送網株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:大久保 好男 以下、日テレ)、株式会社アニプレックス(本社:東京都千代田区、代表取締役:岩上敦宏 以下、アニプレックス)は、新時代における新たな才能を発掘する文学賞『第1回 令和小説大賞』を開催することとなりましたので、お知らせいたします。
[画像1: (リンク ») ]

「令和小説大賞」WEBサイト: (リンク »)

『第1回 令和小説大賞』は、LINE・日テレ・アニプレックスの3社が、新たな才能を発掘することを目的としたオールジャンルの文学賞です。応募テーマは一切ありません。純文学・エッセイ・ファンタジー・ミステリー・ノンフィクションなどのジャンルや表現方法は自由となっており、既存の枠組みにとらわれない新しい時代にふさわしい才能を世の中に発信することを目的に開催いたします。

審査員は、日本テレビ放送網株式会社の植野 浩之氏、株式会社アニプレックスの高橋 祐馬氏、株式会社ストレートエッジの三木 一馬氏など、ドラマや映画、小説など映像・出版業界の第一線で活躍する方々が揃っております。さらに、乃木坂46の中心メンバーとして活動しながら、自身も小説家としてデビューした「高山一実」さんに、アンバサダーとして参加いただいております。

そして、大賞受賞作品には、「賞金300万円」と「作品の映像化」の権利を贈呈いたします。さらに、「LINEノベル」の新レーベルである「LINE文庫」もしくは「LINE文庫エッジ」から書籍化いたします。

応募は、本日よりサービス開始された「LINEノベル」のWEBサイト( (リンク ») )の投稿ページから可能となっており、小説投稿ページにあるコンテストの応募欄にある『第1回 令和小説大賞』を選択して、作品を投稿すれば応募完了です。応募した作品は、2019年夏に提供予定の「LINEノベル」アプリに掲載され、一般読者にも公開されます。

■「第1回 令和小説大賞」 (リンク »)
応募期間  :2019年4月16日(火)~2019年9月30日(月)
大賞発表時期:2020年3月予定
応募資格  :「LINEノベル」アカウントを所有していれば、だれでも応募可能
       (メールアドレスがあれば応募可能)
ジャンル  :自ら創作したオリジナル作品(一次創作)であれば、ジャンルは問わず

【応募方法】
1.小説プラットフォーム「LINEノベル( (リンク ») )」へ会員登録をする
2.ログインをして、「新しい作品を作成する」から、小説投稿ページへ移動
3.小説投稿ページにあるコンテストの応募欄にて、『第1回 令和小説大賞』を選択して作品を投稿

【賞品】
大賞作品:賞金300万円、書籍化、映像化
※書籍は「LINE文庫」もしくは「LINE文庫エッジ」からの刊行となります。
※映像化の形式は作品の内容によって異なります。

■審査員からのコメント
日本テレビ放送網株式会社 プロデューサー 植野 浩之
今はユーザーがプロの力を借りずに小説を書き、音楽を作り、映像を作る事が出来る時代になっている反面、プロでなくてもメディア等のアウトプットを意識した作りが多くなっているような気がします。だからこそ今回はアウトプットをあまり意識していない想像力と創造力に溢れる作品、こんなアニメや映像作品を作れるなら作ってみろという強いメッセージを発信している作品、荒削りでも良いから関わるクリエーターの情熱を掻き立てるような作品を期待しています。

株式会社アニプレックス プロデューサー 高橋 祐馬
一人の小説好きとして、普遍的な作品に出会いたいと思っています。言葉を変えるなら、時代を問わず”いつ読んでも面白い”作品を常に渇望していますので、令和の先、次の元号になっても読み継がれる様なエンタメ性溢れる物語に、笑ったり泣いたりしたいです。皆さんの一文字一文字に真摯に向き合う様に頑張ります。

株式会社ストレートエッジ 代表取締役 三木一馬
僕は常に、『面白いとは何か』と考え続けています。編集者として20年、小説を作り続けてきましたが、まだその答えは見つかってはいません。答えなんてないのかも知れません。でも、ずっと考え探し続ける中で、わかったことがあります。『面白い』の正解はひとつだけ……どころじゃなく、無限に存在するということです。多種多様な、人それぞれの『面白い』があり、それをどうにか他人に伝える手段の一つが小説なのだと。だから、小説は『面白い』のです。僕は、この令和小説大賞が楽しみで仕方ありません。きっとここには、ありとあらゆる『面白い』が集まってくるだろうし、その中からきっと未来の大ヒット作家が生まれるだろうから。あなたの『面白い』はなんですか? よければその『面白い』を、この令和小説大賞にぶつけてみてください。チャンスは常にあなたを待っています!!

LINE株式会社 執行役員 森 啓
『令和小説大賞』は、あなたがさらに輝くためのチャンスです。既存の表現方法やジャンルに捕らわれることなく、自由に表現されたあなたの作品をお待ちしています。大勢の作家の卵たちに門戸を開くことで、まだ世に出ていない優れた作品を発掘すること、そして、新しい元号「令和」のように、これからの時代を創り出す新しい才能と出会えることを心から楽しみにしています。

■『令和小説大賞』スペシャルPVも本日より公開
新進気鋭のクリエイター loundraw氏が手掛けるスペシャルPVを公開いたしました。主題歌「幻実(作詞:loundraw、作曲・編曲 kz)」は、声優の花澤香菜さんが歌唱を担当しております。

「令和小説大賞」スペシャルPV: (リンク »)
[動画: (リンク ») ]



[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]


【「令和小説大賞」ロゴ】

[画像5: (リンク ») ]


■「LINEノベル」 サービス概要
「LINEノベル」は、小説を書く人・読む人・出版社をつなげる小説プラットフォームです。様々なカテゴリの人気作品を読むことができることはもちろん、初心者でもわかりやすい投稿システムを採用しており、自由に小説を投稿することができます。また、従来の出版業界の枠組みである『投稿作の独占出版』を行わず、参画しているすべての出版社で新たな才能の共有・発掘を行う「あたらしい出版のカタチ」という取り組みを行っており、参画している出版社から投稿者に書籍化のオファーや出版社の枠組みを越えたチャンスを手に入れることができます。

公式サイト: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
LINE公式アカウント: LINE ID:@linenovel
公式ブログ: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]