本年初開催の「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション」にて『アプルトン エステート 21年』最高金賞受賞!ラムのブランドとしては唯一の最高金賞受賞!

アサヒビール株式会社 2019年04月16日

From PR TIMES



 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)が販売する『アプルトン エステート 21年』(ラム)は、国内初のウイスキーとスピリッツの品評会である「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション2019」(TWSC)において、「最高金賞」を受賞しました。
 応募商品527品の中から、最高金賞13品、金賞30品、銀賞130品、銅賞98品が選ばれ、ラム部門では『アプルトン エステート 21年』が唯一の最高金賞を受賞しました。
[画像: (リンク ») ]

 アプルトン社は1749年創業で、ジャマイカ最古のラムメーカーと言われており、サトウキビ栽培から瓶詰めまで自社で行う数少ないラムメーカーの一つです。『アプルトン エステート21年』は、ブランドの中でも最高峰の商品で、オーク樽で最低21年以上熟成させた原酒の中から、さらに厳選を重ねた最上級の熟成原酒をブレンドしました。複雑な香りとスムースな口当たりの後に、柑橘類、糖蜜、スパイス、バニラ、ナッツ、コーヒーなど重層的なフレーバーをお楽しみいただけます。

商品名:アプルトン エステート 21年
商品特長:オーク樽で最低21年以上熟成させた原酒の中から、さらに厳選を重ねた熟成原酒をブレンドしました。複雑な香りとスムースな口当たりの後に、柑橘類、糖蜜、スパイス、バニラ、ナッツ、コーヒーなど重層的なフレーバーをお楽しみいただけます。
品目:ラム
アルコール分:43%
容量:750ml
価格:12,000円(参考小売価格・税抜)

■東京ウイスキー&スピリッツコンペティション概要
 ウイスキー文化研究所(代表 土屋守)が主催し本年初めて開催された、ウイスキーとスピリッツのコンペティション。 2019年3月11日、12日の両日に、バーテンダーなど酒類関係者を中心とした180名の審査員により審査が行われました。応募商品527品の中から、最高金賞13品、金賞30品、銀賞130品、銅賞98品が選ばれました。特別賞は、5月中旬と、6月8日に予定されている授賞式で発表されます。

【アサヒビールの受賞商品】
最高金賞(ラム)アプルトン エステート 21年
金賞(ウイスキー)グレングラント ザ メジャーリザーブ
銀賞(ウイスキー)グレングラント 10年、グレングラント 12年、シングルモルト 宮城峡、シングルモルト 余市、ブッシュミルズ シングルモルト16年、ブッシュミルズ シングルモルト21年
銀賞(ジン)ニッカ カフェジン
銅賞(ウイスキー)グレングラント 18年
銅賞(ラム)アプルトン エステート レアブランド12年
銅賞(テキーラ)クエルボ トラディショナル レポサド
銅賞(コニャック)カミュ VSOPエレガンス

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]