長崎県五島市は、市民が取材・編集した写真集「五島市ブランド・ブック」を発行しました

五島市 2019年04月17日

From PR TIMES

「五島市ブランド・ブック」には、市民が思う五島市の魅力が、市民目線で綴られています。



[画像1: (リンク ») ]

長崎県五島市は、2019年年3月、五島市ブランド・ブックを 発行しました。
これは、市が主催した講座「市民レポーター育成講座」の受講生が、『こころが深呼吸~わたしがわたしに還る島~』をテーマに、五島市の魅力を取材・編集をしたもので、市民が思う五島市の魅力が市民目線で綴られています。
[画像2: (リンク ») ]

テーマ「こころが深呼吸~わたしがわたしに還る島~」は、受講生がグループワークをして考えました。
まず、「五島市の魅力を活用して幸せになる人の物語」を作り、その物語を基に「五島市にどんな力があるか」を言葉にしました。その言葉は「社会の人間関係に疲れた人が、しがらみから解放されて自由と自分を取り戻すことができるようにさせる力」。さらに、この言葉を基に考えた五島市のキャッチコピーが『こころが深呼吸』です。このキャッチコピー『こころが深呼吸』をメインに、五島市のブランド・メッセージ 「わたしがわたしに還る島」をサブに据え、写真集のテーマとしました。


[画像3: (リンク ») ]

この写真集の制作に関わったのは、五島市主催の講座「市民レポーター育成講座」写真部の受講生4人。2018年7月から2019年2月にかけて、仕事の傍ら、講座の受講や取材・編集をこなしました。
五島市ブランド・ブック「こころが深呼吸~わたしがわたしに還る島~」には、市民が思う五島市の魅力が市民目線で綴られています。
(リンク »)
[画像4: (リンク ») ]

【五島市ブランド・ブック】
■規格 A5版36ページ(非売品)
■発行部数 200部
■取材・編集 第1期市民レポーター育成講座 写真部の受講生4人
■発行 長崎県五島市総務企画部情報推進課
五島市ブランド・ブックは、五島市公式ホームぺージまるごとうで公開しているほか、五島市立図書館(長崎県五島市池田町1番5号)でご覧いただけます。
[画像5: (リンク ») ]

【長崎県五島市プロフィール】
長崎本土から約100km西に位置し、11の有人島と52の無人島で構成されています。美しい砂浜などの自然景観と文化的歴史的資産が豊かな観光地であり、世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産を有する、注目度上昇中の地方自治体です。
観光客(年間約21万人)は増加傾向にあり、移住者も年々増加。テレビの露出も増えています。
・人口:36,611人(2019年3月末時点)
・HP: (リンク »)
[画像6: (リンク ») ]

【お問合せ】
五島市総務企画部情報推進課広聴広報班
・住所 長崎県五島市福江町1番1号
・電話 0959-72-6369(直通)
・FAX 0959-74-1994(代表)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]