「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへーー線の魔術」展覧会イメージソングは、GLIM SPANKYの 「TV Show」 に決定!

株式会社東急文化村 2019年04月17日

From PR TIMES



 2019年7月13日(土)-9月29日(日)まで、Bunkamura ザ・ミュージアムにて、「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ――線の魔術」を開催いたします。展覧会の開幕に先立ち、イメージソングが、GLIM SPANKYの「TV Show」に決定いたしました。
 ロック、ブルースを基調にしながらも新しい時代を感じさせるサウンドが魅力の男女ニ人組ロックユニット GLIM SPANKYの奏でる音楽が、時代を超えてマンガや音楽の世界にまで脈々と影響を与え続けているミュシャの作品世界をさらに華やかに彩ります。
「TV Show」は、4thアルバム『LOOKING FOR THE MAGIC』のリード曲で、GLIM SPANKYが展覧会のイメージソングとして楽曲提供するのは今回が初めてとなります。
若い頃からミュシャのファンだったというメンバーの松尾レミさんの紡ぎ出す音楽とミュシャ展との夢のコラボレーションにどうぞご期待ください。
※4月下旬より、日本テレビ・BS日テレなどで、本楽曲を使用したテレビCMの放送がスタートします。
展覧会公式HPでもこちらのCMをご覧いただくことが出来ます。
www.ntv.co.jp/mucha2019/
[画像1: (リンク ») ]

GLIM SPANKY

GLIM SPANKY メッセージ
 私がミュシャを好きになったのは確か中学生のはじめの頃でした。もともと、幻想的なものや1900年代初頭のヨーロッパのポスターや月ブーム(当時、ヨーロッパで様々なモチーフに月が使われた)が好きで、幻想の世界を追い求めていた時に何かのきっかけでミュシャを知りました。とても好きだった作品は連作〈月と星〉(1902)という作品で、宵から明けまでの世界が表現されています。ミュシャの絵を模写するのも好きでした。そんな中、私はロックに夢中になります!1960年代中盤~1970年代前半あたりのロックは特に、様々なカルチャーやアートが組み合わさって実験的に表現されていますが、なんと、当時のサイケデリック・アートにはミュシャのオマージュがたくさんあるのです!ロックポスターやグラフィックの本で知りました。全く違う場所で好きになったこの二つが、繋がっていたなんて!と驚き、嬉しかったことを覚えています。
 そして今回自分の曲が、「みんなのミュシャ」イメージソングになるなんて…感慨深いし光栄です。アール・ヌーヴォーを感じるのもよし、商業用ポスターとしての素晴らしき芸術性に感心するのもよし、サイケデリック・ロックに重ねて見てみるのもよし、美しき幻想の世界に入り込むのもよし、様々な楽しみ方で、ミュシャを感じたいし、感じてください。
松尾レミ(GLIM SPANKY)

GLIM SPANKY プロフィール
 60~70年代のロックとブルースを基調にしながらも、新しい時代を感じさせるサウンドを鳴らす、松尾レミ(Vo/Gt)&亀本寛貴(Gt)からなる男女ニ人組新世代ロックユニット。アートや文学やファッション等、カルチャーと共にロックはあることを提示している。
 2014年に1stミニアルバム『焦燥』でメジャーデビュー。松尾レミの日本人離れしたハスキーな歌声が、多くのクリエイターを夢中にさせ、既に11本ものCMで歌唱を担当。映画「不能犯」(主演:松坂桃李)の主題歌である2018年1月リリースの「愚か者たち」は、iTunes総合アルバムチャート1位を獲得!!
 2016年公開映画『ONE PIECE FILM GOLD』主題歌「怒りをくれよ」、映画『少女』主題歌「闇に目を凝らせば」等、新人では異例の大抜擢で担当。2018年5月には、自身初の日本武道館公演も大成功させた。
 昨年のFUJI ROCKでは、メインステージGREEN STAGE出演、11月には4枚目のフルアルバム『LOOKING FOR THE MAGIC』をリリース。今年2019年3月から「LOOKING FOR THE MAGIC Tour 2019」と銘打ち24都市27公演を敢行中!
■GLIM SPANKY オフィシャルサイト (リンク »)

展覧会基本情報
[展覧会名] みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ――線の魔術
[会場] Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷・東急本店横) (リンク »)
[会期] 2019年7月13日(土)―9月29日(日)
*7月16日(火)、7月30日(火)、9月10日(火)のみ休館
[開館時間] 10:00-18:00 *毎週金・土曜日は21:00まで *入館は各閉館時間の30分前まで
[主催] Bunkamura、ミュシャ財団、日本テレビ放送網、BS日テレ、読売新聞社
[展覧会内容]
 アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。 彼が紡ぎだした「線の魔術」ともいえる華やかなポスターは、今もなお世界中の人たちを魅了し続けています。
 本展では、ミュシャが手掛けたポスターなどのグラフィック作品はもとより、彼の作品に強い影響を受けた明治期の文芸誌の挿絵、1960-70年代を中心にアメリカ西海岸やロンドンで一大ムーヴメントを巻き起こしたグラフィック ・アート作品、そして、日本の マンガ家や グラフィック・アーティスト の作品などおよそ250点 を展示。作品を通じて、時代を超えて愛される画家の秘密をひも解く、かつてない展覧会です。
[画像2: (リンク ») ]



★4月27日(土)より、各種チケットも続々と発売!
●会場でも入手できない!オリジナルグッズ(非売品)付スペシャルチケット
●山田五郎さんと巡る プレミアムナイトチケット
●前売券
詳しくは公式ホームページをご覧ください。
[展覧会公式ホームページ] www.ntv.co.jp/mucha2019/

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]