Dyson Pure Cool Me(TM)パーソナル空気清浄ファン

ダイソン株式会社 2019年04月17日

From PR TIMES

あなたのために、きれいな空気を

ダイソン株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役 アレックス オデル 以下、ダイソン)は、`あなたのための空気清浄’を目的に設計した、Dyson Pure Cool Me(TM)パーソナル空気清浄ファンを発表しました。



[画像1: (リンク ») ]

本製品は、ダイソン独自のフィルター技術と全く新しいDyson Core Flow™テクノロジーを搭載し、清浄されたまっすぐな風を生み出し、必要な場所に正確に送り届けることができます。またサイズもコンパクトなため、ベッドの横や、デスクの上、子供部屋など、パーソナルな空間での空気清浄に最適です。ダイソンが持つ流体力学、空気のろ過、光感知、音響性能の専門知識を最大限に活かした、Dyson Pure Cool Me™パーソナル空気清浄ファンは、個々のユーザーのニーズに合わせて快適な暮らしをサポートする、新しいコンセプトの製品です。

本製品は、4月17日(水)よりダイソン直営店、ダイソンお客様相談室、公式オンラインストアをはじめ、各家電量販店で順次発売開始予定です。

チーフエンジニアのジェイク ダイソンは、次のように述べています。「快適な暮らしは、呼吸を通して取り込む空気、使用する照明、何気ない日常生活の場に存在するホコリやアレル物質、そして温度などさまざまな要素の影響を受けます。ダイソンはユーザーの快適な暮らしをサポートするためにハードウェアとソフトウェアを融合させ、ユーザー自身がこうした要素を制御し、個々の生活に沿ったパーソナルな使用を可能にします。」

90%もの時間を過ごす室内:
私たちは1日の生活の中で、90%もの時間を室内で過ごし、閉じられた空間の中で働き、学び、食べ、運動し、眠る等の活動をするといわれています[1] 。呼吸を通じて取り込む空気、触れるホコリやアレル物質や温度まで、快適な暮らしにとって室内環境が極めて重要な役割を果たします。

大気汚染と言うと、多くの場合、屋外の汚染のことを指します。しかし室内においても、窓やドアを開けたときに家の中に入ってくる汚染物質の他、一般的な日常の活動や家具も空気を汚す原因となる場合があります。

人生の約3分の1の時間を過ごす[2]寝室では 、化粧品やヘアスプレー、香水、室内用塗料、アロマキャンドルに含まれる一部の化学物質からVOC(揮発性有機化合物)が空気中に放出される場合があります。キッチンやリビングでは家庭用洗剤がVOCを放出する場合があり、ガスレンジやその他の調理によって煙やニオイが放出されることがあります。さらにカーペットはホコリとアレル物質の温床となりえます。Dyson Pure Cool Me™パーソナル空気清浄ファンはこうした汚染物質を捕らえ、きれいになった空気をお客様のパーソナルな空間に届けます。

[1] Klepeis NE, Nelson WC, Ott WR, et al. The National Human Activity Pattern Survey (NHAPS): a resource for assessing exposure to environmental pollutants. J Expo Anal Environ Epidemiol 2001;11:231-52[2] 推奨される一日の睡眠時間に基づいた試算

Dyson Core Flow™テクノロジー:
ダイソンのエンジニアたちはジェットエンジンの排気の向きを変えて垂直飛行を行なうジェット戦闘攻撃機、ハリアージャンプジェットの空気力学特性にヒントを得て、2つの空気の噴流が交わると、高い圧力が生じることを発見しました。エンジニアたちはこの現象を応用し、集中したまっすぐな風を正確に送り届ける方法を開発しました。製品上部のドームを調整することで風向きを正確にコントロールでき、70度の首振り機能も搭載し、個人のニーズに合わせて風向きを調整することが可能です。

360°グラスHEPAフィルターがPM 0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去:
独自のグラスHEPAフィルターがPM 0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去し、花粉、カビ胞子、バクテリアなども逃しません。また、活性炭フィルターがVOCなどの有害なガスやニオイを捕らえて逃しません[3]。HEPAフィルターはわずか0.1ミクロンの超微小粒子も逃しません。これは毛髪の300分の1のサイズです。

[3] (社)日本電機工業会規格(JEM1467)に準拠し、自社が実施した酢酸、アセトアルデヒド、アンモニアの測定試験結果。実際の使用状況により除去率が異なります。前記以外の有害ガスについては確認していません。

パーソナルな空間に配慮した音響設計:
パーソナルな空間向けにデザインされたDyson Pure Cool Me™パーソナル空気清浄ファンは、静音性に配慮して設計されています。モーターからの過剰な雑音は製品底部の音響減衰用防音材によって吸収されます。ダイソンの音響エンジニアたちは半無響室で1,000回を超える、音量と音質計測試験を実施しました。パーソナルな空間で快適に使用できるよう、試験は製品から20cmの距離で実施。また実使用空間において製品の運転音がどのように知覚されるのかより適切に反映すべく、新たな音響マトリックスも開発しました。

睡眠を妨げない光感知機能:
光感知システムを備えた本製品は、周囲の光を適切に感知します。本体搭載のLCDディスプレイの照度はリアルタイムで自動調整されるため、周辺環境に違和感なく溶け込みます。周囲が真っ暗になると、感知システムによってLCDディスプレイが自動的にオフになります。また、スリープタイマーの設定も可能です。30分間から8時間の範囲で事前に設定した時間が経過すると製品は自動で電源オフします。

その他:
・LCDディスプレイ:風量、フィルター寿命が確認できます。
・メンテナンス:フィルター交換タイミングをお知らせし、フィルターの交換も容易です。
 ※使用時間に基づきます。フィルター寿命は、空気の汚れ具合によって異なります。
・リモコン:本体側面に留めておくことができるマグネット式のリモコンを採用しています。
・試作機: 120名のエンジニアが2,022個の試作用製品とパーツを開発しました。
・高い耐久性: 366回の機械試験を実施しています。

参考資料:室内空気汚染に関して
寝室:
- 一部の圧縮木材の家具はホルムアルデヒドを放出する場合があります。
- 一部の室内用塗料はVOCを含んでおり、空気中に放出することがあります。
- 家具の防火剤:布製の家具に使用されている防火剤は、ホルムアルデヒドを放出することがあります。
- アロマキャンドルに含まれる一部の化学物質は、燃える際にベンゼンやホルムアルデヒドを空気中に放出する可能性があります。

リビングルーム:
- 新品の家具の中には、VOCを発生させるポリマーが含まれている場合があります。
- 花粉、粒子状物質、車の排気ガスなど、屋外の汚れた大気が室内に入り込みそのまま滞留する可能性があります。
- 一部のフローリングは、ホルムアルデヒドを放出する可能性があります。
- 猫や犬など、ペットのフケやフンなどのアレル物質は、空気中に浮遊する可能性があります。
- 樹木や花などの植物は空気中に微細な花粉を放出する可能性があります。

キッチン:
- 家庭用洗剤に含まれるベンゼンやニオイは蒸発して空気中に放出される可能性があります。
- 調理によって空気中に煙やニオイが放出される可能性があります。
- 一部の消臭剤や芳香剤のスプレーはVOCを含んでおり、噴射時に香料と一緒に放出される場合があります。

バスルーム:
- 湿った場所にはカビが生え、空気中にカビの胞子を放出する可能性があります。
[画像2: (リンク ») ]

[4] 首振り機能オフ時
[5] 日本電機工業会規格(JEM1467)に基づき算出

ダイソンについて
・ダイソンはグローバルなテクノロジー企業として、マレーシア、シンガポール、フィリピン、英国においてエンジニアリングおよび試験業務を行っており、12,000名以上の従業員のうち約半分がエンジニアで構成され、生産やさまざまな業務も営まれる東南アジアでの雇用が高まり続けています。

・ダイソンは、グローバル規模において全固体電池、高速電動モーター、ビジョンシステム、機械学習そしてAIテクノロジーに注力し、新しい技術の研究開発に鋭意取り組んでいます。

・英国ウィルトシャーのマルムズベリーにある67エーカーのダイソンキャンパスは、2017年9月に開校したダイソン インスティテュート オブ エンジニアリング アンド テクノロジーの本拠地です。ダイソンは英国におけるエンジニア不足の解消を目指して、英国の高等教育に3,100万ポンド(約44.6億円)の投資を行っています。授業料が無料の4年間の学位課程では、1年次と2年次にエンジニアリングの基礎を学習し、3年次と4年次に電子工学と機械工学を学びます。学生たちはこの期間中ダイソンの研究開発チーム内で就業しつつ、一流のエンジニアや科学者とともに実際の製品開発に取り組みます。

・2017年9月、過去3年におよび研究開発が行われていたバッテリー電気自動車に関して発表。本開発には、2021年の発売に向け、20億ポンド(約2,880億円)が投資予定です。本研究開発には、ダイソンが今までに培ってきた、全固体電池、モーター、ビジョンシステム、ロボット工学、HVAC、空気力学の専門知識が活かされています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]