2019年4月26日(金)に開業する京都悠洛ホテル Mギャラリーの内観&サービスを公開

ACCOR HOTELS 2019年04月17日

From PR TIMES

世界最大級のホスピタリティーグループ・仏アコーが展開する “京都悠洛ホテル Mギャラリー”がまもなく京都・三条に開業

フランス・パリを拠点とし、世界100ヶ国に4,800を超えるホテルやリゾートを展開する世界最大級のホスピタリティーグループ・アコーは、2019年4月26日(金)、京都・三条に京都悠洛ホテル Mギャラリーをグランドオープンいたします。オープンに先駆けて、日本初となる“Mギャラリーシリーズ”の世界観を現す内観、およびこだわりのサービスを公開します。



[画像1: (リンク ») ]

女性旅行客に対する徹底したこだわりを持った「究極の女性向け ホテル」であるMギャラリーは“Inspired by Her“をキーワードに、すべての女性旅行客の滞在体験を向上させるため、ホテルの内観やサービスにさまざまなこだわりを施しました。

フロントロビーにはデトックスウォーターを常時提供、京都産のアロマエッセンシャルオイルである「ミュウセレククション(Mieuxs Selection)」の「Heavenly Aroom」や日本画用絵具を原料とした京都胡紛ネイルをフロントロビーにて数種類用意するなど、宿泊する際に楽しめるサービスを多数用意しております。

また、グリルではヘルシー指向やベジタリアンメニューを取り揃え、バーではInpired by Herカクテルをご提供いたします。



内観写真

1F エントランス
地下 1 階中央部のガーデンに植えられた竹の木々が、吹き抜けを通して1階ロビーまで突き抜 けています。ガーデン上部はガラス張の天窓となっており自然光が差し込みコントラストを演 出。夜はライトアップされ昼間とは違ったムードを演出します。
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]


1F ロビー
大正ロマン時代の華族が最初に客人をお迎えする、というコンセプトの元、チェックインスペースはフォーマルな空間の中にもアートコレクションやペルシャ絨毯など和洋問わない多趣味な遊び心を表しています。
[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]


B1F レストラン:FIFTY FOURTH STATION GRILL
東海道五十三次の西の起点である三条大橋をイメージし、朝食はブッフェスタイルを、ランチ&ディナーでは、 京都ならではの和牛やシーフードのグリルをフレンチスタイルでお楽しみ頂けます。

朝食では女性目線も意識したヘルシーな和洋食を、ローカルの素材と洋の技法を使ったスタイ ルで、ランチ&ディナーでは、近年国外からの注目も高い京都肉、丹波地鶏、神戸牛を中心に、シーフード、地元産の新鮮な野菜やハーブをふんだんに取り入れたお料理を、アラカ ルトおよびセットメニューにてご提供します。

京町屋を意識した地下の通りから抜け出すと、開放的なセンターガーデンの竹林が広がります。明治維新・大正ロマン時代を彷彿とさせる市松模様を随所に配置し、皆様をひとときの時空旅行へと誘います。
[画像8: (リンク ») ]

[画像9: (リンク ») ]

[画像10: (リンク ») ]

[画像11: (リンク ») ]


1F バー:1867
大政奉還の行われた年である 1867 を名前に冠し、ホテル全体のコンセプトである「タイム トラベル」を反映したクラシックなデザインのバー。 世界的に名高いバーテンダー、マイケル・キャラハン氏のコンサルティングにより生み出さ れた、日本産スピリッツを用いたオリジナルのシグネチャーカクテルメニューやウイスキー をお楽しみ頂けます。 バーテンダーによるカクテルパフォーマンスとともに、隠れ家のような空間で、至福のひと ときをお過ごしください。
[画像12: (リンク ») ]

[画像13: (リンク ») ]

[画像14: (リンク ») ]


ゲストルーム
全室にシモンズ製のベッドや西陣織のヘッドボードを取り入れ、コンパクトながらも日本の美意識を詰め込んだデザイン。スタンダードルームは窓際でゆっくりお過ごし頂ける小上がりを設け、スイートルームにはダブルシンクと広いバスタブを設け、ゆったりとおくつろぎいただけます。
[画像15: (リンク ») ]

[画像16: (リンク ») ]

[画像17: (リンク ») ]


また、インスタグラム公式アカウント「@kyoto_yura_mgallery」では、4月26日(金)のオープン告知はもちろん、26ヶ国に100軒以上を展開しているアコーグループのプレミアムホテルブランドである“Mギャラリーシリーズ”の中でも特に評価の高いホテルを、その画像と共に順次ご紹介予定です。オープン後は、館内のインテリアや部屋の雰囲気などを紹介しています。

京都悠洛ホテル Mギャラリーの世界観を、インスタグラム公式アカウントをフォローして、是非お楽しみください。

フォロワー限定キャンペーンについて

4月中(※4月30日(火)まで)にインスタグラム公式アカウント「@kyoto_yura_mgallery」をフォローしていただいた方の中から、抽選で、京都悠洛ホテル Mギャラリーの1泊2食付(1組2名様)のプランをプレゼントいたします。

【キャンペーン概要】
■期間:4月30日(火)まで
■当選:2名様
■賞品:京都悠洛ホテル Mギャラリーの1泊2食付(1組2名様)
■当選発表:5月10日(金)
■有効期限:2019年10月31日まで
※当選でご宿泊できる客室は、スーペリアツインまたはスーペリアキングとなります。

【注意事項】
1、当選賞品に除外日はございませんが、混雑状況により承れない場合がございます。
2、本キャンペーンは、Instagramの提供・協賛によるものではございません。
3、本キャンペーンのご参加において発生する実費などにつきましては、弊社では一切の責任を負いかねます。
4、当選者からいただく個人情報は、賞品の発送のみに使用し、厳重に管理いたします。

【当選者への発表について】
1、抽選・審査は5月1日(水)に行い、当選発表は5月10日(金)に行います。
2、当選された方には公式アカウント「@kyoto_yura_mgallery」よりダイレクトメッセージにてご連絡いたします。お名前やお電話番号、ご住所等のご連絡先をお伺いしますので、あらかじめご了承ください。
3、フォローの解除やアカウント名の変更などによりダイレクトメッセージがお送りできない場合や、期日までに必要項目のお返事がない場合、当選者の住所が不明・長期不在などにより商品をお届けできない場合は当選無効となりますのでご注意ください。
4、商品の発送は日本国内に限らせていただきます。


京都悠洛ホテル Mギャラリーについて

[画像18: (リンク ») ]

京都悠洛ホテル Mギャラリーは、東海道五十三次の西の終点かつ京都の玄関口「三条大橋」で、ゲストを日本のミステリアスな隠れ家へ誘います。京都街並みに溶け込む外観とは裏腹に、一歩館内へ足を踏み入れると、まるでタイムトラベルしたかのようなモダンな空間が広がります。


開  業  日:2019年4月26日(金)
住   所:京都府京都市東山区三条通大橋東入大橋町84
客  室  数:全144室
ホテル内施設:グリルレストラン「54th Station Grill」全104席
バー「1867」全42席、フィットネスジム


Mギャラリーについて

Mギャラリーは、世界を発見するストーリーを持つブティックホテルコレクションで、世界に100以上のホテルを展開。その土地に由来する、そこにしかないストーリーがあります。

女性の幸せを作り出すオーダーメイドのデザインと空間により、Mギャラリーでは世界中の様々な最高級を発見することができます。Mギャラリーを訪れたお客様は、他に類を見ないオシャレさや豊かさに感動を受けます。

Mギャラリーの代表的なホテルとして、パリのホテル モリトール、アムステルダムのINK ホテル、イギリスのクイーンズ ホテル チェルトナム、リオデジャネイロ サンタテレサ ホテル、オーストラリアメルボルンのリンドラム、タイのミューズ バンコク ラングスアン、ベトナムのホテル デ ザール サイゴンがあります。

Mギャラリーはアコーグループの1ブランドです。アコーグループは現在世界に4,800を超えるホテル・リゾート・レジデンスと、10,000以上の高級レンタルホームを展開し、他にない素晴らしい体験を提供する、旅行&ライフスタイル業界を牽引する世界最大級のグループです。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]