平成最後の春、サンシャイン水族館はベビーラッシュ!バイカルアザラシに続きケープペンギンの赤ちゃんが2羽誕生

株式会社サンシャインシティ 2019年04月17日

From PR TIMES

サンシャイン水族館(東京・池袋、館長:丸山克志)では、平成最後の春にケープペンギンの赤ちゃん2羽がそれぞれ4月1日(月)と4月4日(木)に誕生しましたので、お知らせいたします。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

2羽の赤ちゃんケープペンギンの親はオスの「オレンジ」とメスの「あやさ」で、今回初めての産卵となります。4月1日生まれの赤ちゃんは現在バックヤードで暮らしている親元ですくすくと成長しています。また、4月4日生まれの赤ちゃんは育雛(いくすう)経験豊富なオスの「白ライム」とメスの「青紫」ペアに托卵し、「草原ペンギン」水槽にて孵化、仮親の元で元気に成長しています。現在赤ちゃんたちは、緑豊かな自然環境をイメージした「草原のペンギン」水槽の巣穴と、バックヤードで暮らしているため、まだ皆様の前にお目見えするまで時間がかかりますが、大きくなって巣穴からひょっこり顔を出す日を楽しみにお待ちください。


★サンシャイン水族館のショップ アクアポケットでは、生まれたばかりの赤ちゃんの重さ・見た目を飼育スタッフ監修のもと再現した『オリジナルケープペンギン赤ちゃんぬいぐるみ』(1,404円)も人気です。

[画像4: (リンク ») ]

■ ケープペンギンの赤ちゃんについて
雛1:2019年4月1日孵化、性別不明、体重219g(生後8日目)。
雛2:2019年4月4日孵化、性別不明、体重188g(生後8日目)。白ライム&青紫ペアに托卵し、子育て中。
親 :オレンジ(11歳・オス)、あやさ(6歳・メス)。今回が初めての育雛(いくすう)。
仮親:白ライム(20歳・オス)、青紫(推定33歳・メス)。過去3回育雛(いくすう)経験のあるベテランペア。

■ ケープペンギンの赤ちゃんの成長について
産卵された卵はオスとメスが交代で温め、約40日で孵化します。雛は小さな体に似合わず大きな声で親にエサをねだり、日に日に大きく成長。1週間ほどで少しずつ目が開きはじめ、生後30日もすると体重は1kgを超えます。生後70日頃には親とほとんど変わらないほど大きな体に成長しますが、ケープペンギンの特徴である顔や胸の白黒模様がなく、頭から背中にかけて灰色をしており、「亜成鳥(あせいちょう)」と呼ばれます。

※本リリースPDFはこちらよりダウンロードいただけます→ (リンク »)
※金額はすべて税込です。 ※画像はすべてイメージです。
------------------------------------------------------------
■サンシャイン水族館 概要
所在地:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上
営業時間:9:00~21:00(~9月23日)、10:00~18:00(9月24日~2020年3月19日)※最終入場は終了1時間前 ※変更の場合あり
入場料金:大人(高校生以上)2,200円、こども(小・中学生)1,200円、幼児(4才以上)700円
問合せ先:サンシャイン水族館  03-3989-3466
URL: (リンク »)
------------------------------------------------------------

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]