ツール費用0円、タグ設置のみで導入!AIが膨大なアクセスログを分析し、ユーザー行動をデザインする「CACICA(カシカ)」サービス提供開始

株式会社シンカー 2019年04月17日

From PR TIMES

株式会社シンカー(本社:東京都千代田区、代表取締役:藤原瑛二)は、2019年4月17日(水)よりツール費0円、タグを設置するだけで、AIがアクセスログを分析し、Webサイトの改善点を発見するAIコンサルタント「CACICA(カシカ)β版」のサービス提供を開始しました。



[画像1: (リンク ») ]



■CACICA(カシカ)
URL: (リンク »)

■背景
昨今AIを活用した様々なマーケティングテクノロジーツールがリリースされていますが、導入をしても「施策まで繋げられない」「ほとんど使われずに費用のみ発生している」「社内に対応できる人材がいない」といった実際のマーケティング成果に繋げられていない状況が多く見受けられます。

そこでシンカーではAI×マーケティングの領域におけるこの課題に対応するため
・ツール費用は0円でコンサルティング費用のみ(30万円~/回)
・タグ設置のみですぐに導入可能
・AIがアクセスログを分析し、Webサイトの改善点を可視化する
AIアクセスログ解析サービス「CACICA(カシカ)β版」の提供を開始しました。
[画像2: (リンク ») ]



■CACICAとは
今までのアクセス解析ツールと大きく異なる特徴は次の3点です。
【1】アクセスログに機械学習を組み合わせることでWebサイト上の行動に共通した特徴を持つ複数の顧客クラスターに自動分類
【2】各顧客クラスター別の代表的なサイト内カスタマージャーニーを1本の線として可視化
【3】CVユーザーとCVなしユーザーを比較することでWebサイト上の課題となるコンテンツを自動で可視化
このようにAIを活用したアクセス解析がタグ設置のみで開始できます。AIコンサルタント「CACICA」が発見したコンテンツを見直すことでUI/UXの改善に活用することが可能です。


[画像3: (リンク ») ]


■CACICAの今後の展開
現時点ではβ版のリリースとなりますが今後の機能拡張として以下を予定しています。
-ヒートマップ機能の追加
-クロスデバイス機能の追加
-位置情報を利用した分析機能の追加
-アプリ計測機能の追加
-他社CDPとの連携

■株式会社シンカーについて
2017年7月の設立以降、CDP/DMPの導入やマーケティングダッシュボード構築、BIツールの導入支援を行ってきました。現在はマーケティング領域で”実際の打ち手につながるAIや機械学習の活用”を目的としたプロダクト開発、コンサルティングを行っています。

■会社概要
会社名:株式会社シンカー
所在地:東京都千代田区二番町11-4ロジェ二番町407
事業内容:データマーケティング事業、マーケティングコンサルティング事業
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]