身体に心地よいデザイン「ヘルシーバックバッグ」からSS19コレクション。日本限定リバーシブルモデル「ガーデンパーティー」も登場。

ヘルシーバックバッグ 2019年04月17日

From PR TIMES

世界27か国以上にファンを持つ”しずく型”バッグ

身体に心地よいデザインを体現するユニークなしずく型バッグ「ヘルシーバックバッグ」から2019SSコレクションが登場。「リバーシブルガーデンパーティー」は表裏2つのデザインが楽しめる日本限定デザイン




[画像1: (リンク ») ]


TIME TO RESET (タイム トゥ リセット)
−地球にやさしくー
ヘルシーバックバッグ 2019SS コレクション

人と自然。テクノロジーと伝統文化。変わっていくものと、変わらないもの。
そこにあるべき調和を求める風潮が高まっています。
ソフトエネルギーの推進が叫ばれ、環境への影響を見直そうというムーブメントが
勢いを増している中、ヘルシーバックバッグは「Beautifully Balanced-極上のバランス−」を通して、
自然とのハーモニーを表現します。それは、時間を“リセット”するメッセージを込めて、
もっとシンプルで、もっと優しい色で、地球と向き合い、リアリティーを享受すること。
人と自然、テクノロジーと文化が解け合うコレクションです。
(すべてのラインナップはこちら: (リンク »)  )



[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]



Painted Desert
ペインテッド・デザート
自然の偉大さに触れて自分自身を呼び覚ますような、スピリチュアルなラインナップ「ペインテッド・デザート」は、アメリカ南西部に広がる枯れ果てた砂漠や、太陽に焼き付けられた優美なキャニオンをイメージとするラインナップです。ミニマリズムの影響を受けた、アーシーで自然を近くに感じるカラーが揃います。


カラー: ブルーセージ 、テラコッタ
プリント: ゲッコー
シーズナル: モハーヴェ、サンダンス、レオパードリュクス、ダイヤモンド



[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

Suburbia
サバービア
70年代のアメリカをイメージとした「サバービア」は、パステル調の甘いカラーパレットが遊び心をくすぐるようなラインナップ。レトロ感溢れるシリーズです。



カラー: オーシャン、ゼラニウム、ウルトラパープル
プリント: レトロチェック
シーズナル: フラワーパワー


[画像6: (リンク ») ]



[画像7: (リンク ») ]


High tech Society
ハイテク・ソサイエティ

ネオ・ナードをイメージとする、次世代的で洗練されたスタイル「ハイテクソサイエティ」は、無駄を削ぎ落としたシンプル美がそろうラインナップ。ミニマリズムを象徴するデザインです。

カラー: スレート、ヴィンテージインディゴ、オパールホワイト
プリント: アルゴリズム
シーズナル: クラウドカバー、デジプリント




SS19 日本限定モデル
リバーシブルガーデンパーティー 
ブランドストア(銀座/吉祥寺)および公式オンラインストアにて発売。
春らしいパターンと配色が魅力の限定モデルです。リバーシブルタイプなので1つのバッグで2つのデザインを楽しめます。




[画像8: (リンク ») ]



[画像9: (リンク ») ]


[表: (リンク ») ]




[画像10: (リンク ») ]



About Healthy Back Bag Brand
ヘルシーバックバッグの企業理念
美を感じさせる、洗練された「バランス」。ヘルシーバックバッグは、 ファッショナブル、且つ、身体に心地よいデザインを追い求めた、ユニークなしずく型が特徴です。斜め掛けにして使用することで荷物の重さを背中全体に分散させることができるため、快適な使用感を得られます。ファッションと機能、心地よさとスタイル。現代のあらゆるライフスタイルに求められる「美しいバランス」を、多くの方に体感いただきたいと願っています。

どこにいても、どんな人にも。
この「バランス」を手にする価値が、きっとあると思うから。

What is Healthy Back Bag?
ヘルシーバックバッグとは?
ヘルシーバックバッグは荷物の重さを左右対称に分散させるようにデザインされています。身に着ける人の体型やサイズに関わらず、誰にとっても使い心地が良いことが特徴です。ユニークなしずく型は、背骨の曲線に沿うように考案された形で、首や肩にかかるストレスを軽減してくれます。豊富なカラーと生地のバリエーションは全て、耐久性が高く、スタイリッシュです。またスマートポケットは、荷物の重さを分散すると同時に優れた収納力が魅力です。肩掛け、斜め掛けを左右どちらの肩でも持つことができる4way仕様で、いずれの持ち方でもメインジッパーは必ず背中に面するようにデザインされているため、防犯の観点からも安心です。

Who created Healthy Back Bag?
ヘルシーバックバッグの創業者
「背中と腰にとにかく優しい、快適なバッグを作ろう!」1990年代初頭のニューヨーク州キングストンで、マージェリーとアーウィン・ガフィン夫妻は、その強い想いから、これまでにないアイデアを生み出しました。「おしゃれで、背中を痛めないバッグが欲しい。」とマージェリーが言い出したことをきっかけに、それならば、と当時レザー職人であり、またデザイナーでもあったアーウィンが、カイロプラクターやドクターなどの専門家と共に、背骨の曲線に寄り添うしずく型のバッグを考案。こうして誕生したヘルシーバックバッグは、2004年に大西洋を渡り、プリシラ・チェイス氏率いるイギリスに活躍の拠点を広げ、グローバルビジネスを拡大させました。今では世界27ヶ国で愛用されています。


  Instagram: (リンク »)
Instagram(吉祥寺店): (リンク »)
  Twitter: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]