リバースプロジェクトとバッグブランドEASTPAK 日本と教育をテーマにした"STREET SMART"コレクションを数量限定販売 Hip Hop ActivistのZeebraプロデュースMVも配信

株式会社リバースプロジェクト 2019年04月17日

From PR TIMES

「人類が地球に生き残るため」をテーマに、新たな価値とモノの創造、社会貢献活動を行う株式会社リバースプロジェクト(本社:東京都港区、代表:伊勢谷 友介、以下 リバースプロジェクト)は、バッグブランドEASTPAKとコラボレーションした”STREET SMART”コレクションを販売します。本コレクションには、アーティストであるオートモアイ、柏原晋平、コレクションの世界観を体現するコンセプトムービーのプロデューサーとしてHIPHOP ACTIVISTのZeebraを迎え、強い世界観を表現しています。




[画像1: (リンク ») ]

▲ 柏原晋平モデル 

[画像2: (リンク ») ]


▲オートモアイモデル
[画像3: (リンク ») ]


▲リバースプロジェクトモデル

■プロジェクト発足背景
本プロジェクトは、海外を中心に学生のスタンダートアイテムとして定着しているEASTPAKが、日本の教育シーンをインスパイアするべく発足されました。リバースプロジェクトとコラボレーションするにあたり、ただのもの知りではなく、都市で生き残るための鋭い臨機応変さを備えた人物を意味する”STREET SMART”というテーマを設定。
浮世絵の描き方を革新した日本を代表する浮世絵師写楽をインスピレーションに、リバースプロジェクト所属アーティストに加え、アート・カルチャー・ファッションを横断して活躍するオートモアイ・柏原晋平のオリジナル作品をアイテム背面に大きくプリントしました。背負うことで日本を感じ、日々の出来事から学びを掴み取るためのコラボギアとなっています。
また、アイテムの制作にあたりコンセプトムービーも制作。”STREET SMART”の体現者の一人であるHIPHOP ACTIVISTのZeebraをプロデューサーに迎えた、ストリートを生き抜く者たちによるリアルなプロモーションソングとなっています。
さらに、日本の教育の直接的な底上げを願い、売上の一部を「子どもの貧困に、本質的な解決を。」をミッションに取り組む、NPO法人Learning for Allに対し、主に経済的な困難を抱えた子どもたちへの「100時間分の勉強時間」に相当する金額を寄付します。

■製品情報

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

発売日:2019年4月27日(土)
製品:PADDED PAK'R(パデットパッカー ※バックパック)
SPRINGER(スプリンガー ※ボディバッグ)
・リバースプロジェクトモデル
・オートモアイ モデル
・柏原晋平モデル

種類:PADDED PAK'R:BLACK(1色)
SPRINGER:BLACK/S-GRY/APPLE PICK RED/B.BLUE/C.KHAKI /Y.YELLOW(計6色)

販売価格:PADDED PAK'R 11,800円(税別)
SPRINGER 6,800円(税別)

販売場所:EASTPAK POP UP SHOP(※仮称)@Gallaly COMMON
2019年4/27(土)28(日)29(月)
リバースプロジェクト 直営オンランストア (リンク »)
リバースプロジェクト ZOZOTOWN店 (リンク »)
他、日本各地にてポップアップショップを展開予定。

■今後の展開
リバースプロジェクトとEASTPAKは、次回コレクションの創作を視野に入れながら、今後もサステナビリティに配慮しながら身につけることで自身が鼓舞されるコラボレーションプロダクトを協働企画していきます。

■株式会社リバースプロジェクトについて( (リンク ») )
「人類が地球に生き残るためにはどうするべきか?」という命題のもと、私たち人間がこれまでもたらした環境や社会への影響を見つめなおし、未来における生活を新たなビジネスモデルと共に創造していくために活動。
2009年に代表・伊勢谷友介のもとに、様々な才能を持ったアーティスト・クリエーター・プロデューサーが集結し、設立。衣・食・住をはじめとし、教育・芸術・支援といった分野での課題をクリエイティブな視点から解決しています。

◾パートナー情報 ※順不同
EASTPAK
EASTPAK社の前身であるEastern Canvas Products Inc.は、1952年から米国陸軍向けにダッフルバッグやバックパックの製造をしていました。
1976年に創業者の息子マーク・ゴールドマンが陸軍向けバッグを米国の学生向けに開発。
現在もアイコンバッグとして愛されている「Padded Pak'r 」が瞬く間にヒットし、「イーストパック」ブランドが誕生しました。その後も、業界で初めてコーデュラナイロンやプリント生地を使ったバックパックやキャスター付きバッグを発表。その革新性と高い機能性で欧米では確固たる地位を築いており、近年も、ラフ・シモンズやクリスヴァンアッシュ、ジャン=ポール・ゴルチエなど、バックパックブランドでは通常実現できないビッグメゾンとのコラボレーションを行ない、「歴史的な耐久性のあるアメリカンアーミー」×「洗練されたヨーロッパのファッション性」の融合を実現している唯一のブランドです。

オートモアイ
「匿名」をテーマに、日本で活躍するアーティスト、イラストレーター。主なコンセプトは、可視化されにくくあるストリートで暗黙に繋がる人と人との関係性を、顔のないヒトによって描き出している。

柏原晋平
高校卒業後、舞台美術やデザイン会社など、様々な仕事に従事しながら絵画、水墨画を独学で習得する。2002年頃より本格的に作家活動を開始し、画壇や派閥に属さず画家・デザイナーとして数々の仕事を手掛ける。水墨画を軸にアクリルガッシュ、ペンキ等を使った絵画作品の制作からミュージシャンとのライブパフォーマンス、テキスタイル図案、ロゴデザイン、アートディレクションに至るまでその表現媒体は多岐にわたる。西洋と東洋の画材や技法、感覚を混在させた独創的なタッチで異彩を放つその作品は各方面で高い評価を受けている。
京都・本能寺 塔頭 龍雲院への襖絵奉納をはじめ、中村獅童×初音ミクの共演でも話題となった超歌舞伎「今昔饗宴千本桜」、早乙女太一「影絵」、GACKT主演舞台など、様々な著名人への作画提供や企業とのコラボレーションなど制作している実力派アーティスト。

Zeebra
ヒップホップグループ「KING GIDDRA」(95年デビュー)のフロントマンとして名を馳せる。日本語におけるラップを新たな次元へと引き上げ、ヒップホップ・シーンの拡大に貢献した立役者。不可能を可能にする日本人。ヒップホップレーベル「GRAND MASTER」 代表。

NPO法人Learning for All
「子どもの貧困に、本質的解決を。」困難をかかえた子どもたちに「質の高い学習機会と安心安全な育ちの場」を提供。2010年の活動開始からこれまでに、のべ約7,000人の子どもを支援。新たなチャレンジとして、「困難を抱えた子どもたちへの包括的支援モデル」づくりや、他団体や全国に「ナレッジ展開」する事業を開始。「子どもの貧困」の、本質的な解決を目指して活動。「北区改革プランベスト1」、「第5回エクセレントNPO大賞」、代表がForbesJapan「30 under 30」に選出されるなど受賞歴多数。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]