30分聴くだけ!令和を生んだ『万葉集』の解説オーディオブックが登場

株式会社オトバンク 2019年04月24日

From PR TIMES

国語講師・吉田裕子先生の古典初心者も楽しめる解説、声優・木本景子さんの和歌朗読を収録

株式会社オトバンク(本社:東京都文京区、代表取締役社長:久保田裕也)は、2019年4月24日(水)より『万葉集』の解説オーディオブックを配信開始します。本作では、約30分というコンパクトな時間で『万葉集』を楽しむために役立つ基礎知識や、新元号”令和”の由来となった箇所の解説などをお楽しみいただけます。



[画像1: (リンク ») ]


●古典初心者でも『万葉集』を楽しめる、「副音声」的オーディオブックが誕生
2019年4月1日に新元号”令和”が発表されました。原典となった『万葉集』は、記録にのこる限りでは国書が原典となった初の事例ということで大変注目を浴びております。今回は、普段古典に触れていない方でも基礎的な知識を得られて、『万葉集』を読むのがもっと楽しくなる解説オーディオブックを制作いたしました。

国語講師として活躍されている吉田裕子先生が解説、競技かるたA級・A級公認読手の資格を持つ声優の木本景子さんが朗読と聴き手を務め、古典初心者でも聴きやすいコンテンツに。『万葉集』の基礎知識を学べるほか、収録されている和歌の一部や、”令和”の参考となった箇所の朗読もお楽しみいただけます。

●本オーディオブックの特徴
1.『万葉集』を手に取る前に聴くと、もっと楽しく読める基礎知識が充実!
・令和の由来となった箇所はどんな意味?
・『万葉集』が誕生したときの時代背景
・『万葉集』ならではの特徴と魅力
・吉田先生オススメの3首
などを収録しています。

2.国語講師の吉田裕子先生が解説を務め、音声で手軽に楽しく学べる
国語講師を16年務め、学習塾・カルチャースクールで教鞭をとるほか、TVやラジオ、書籍出版など幅広く活躍している吉田先生が、『万葉集』に関する基礎知識をわかりやすく柔らかく解説。古典にあまり触れたことがない方でも楽しくお聴きいただけます。

3.競技かるたA級・A級公認読手の資格を持つ声優・木本景子さんが読み手となり、和歌を朗読で表現
吉田先生オススメの3首、新元号の由来となった箇所を声優の木本景子さんが朗読。朗読で、文字とはまた違った『万葉集』の世界をお楽しみいただけます。

4.収録時間は約30分で、コンパクトに楽しく学べる
約30分で聴けるため移動時間などのスキマ時間でコンパクトにお楽しみいただけます。

●企画者のコメント
「新元号”令和”が発表され、原典として大きな注目を集めている『万葉集』。今回を機会に初めて手にとったという方も多いと思いますが、読む前に少し知識を入れることでより楽しむことができるのではないかと考え副音声のような役割をイメージして本コンテンツを企画いたしました。先生のやわらかい解説と、木本さんの活き活きとした朗読を書籍とあわせてお楽しみいただけましたら幸いです。」

●作品詳細

[画像2: (リンク ») ]


作品名:
「令和の記念に 『万葉集』を楽しむオーディオブック」
配信開始日:2019年4月24日(水)
価格:540円(税込)
収録時間:37分
出演:(解説)吉田裕子、(朗読・聴き手)木本景子
企画・制作:オトバンク
配信:オーディオブック配信サービス「audiobook.jp」
配信URL:
(リンク »)


●出演者プロフィール

[画像3: (リンク ») ]

吉田裕子(写真右)
国語講師。都内大学受験塾・カルチャースクールで講師を務める他、書籍執筆、講演、企業研修、吉祥寺 古典を読む会の主宰などの活動に取り組む。NHK Eテレ『ニューベンゼミ』、NHK‐FM『トーキングウィズ松尾堂』など、テレビ・ラジオにも出演。書籍『源氏物語を知りたい』『百人一首を知りたい』(枻出版社)、『心の羅針盤をつくる「徒然草」兼好が教える人生の流儀』(徳間書店)など多数執筆。

木本景子(写真左)
声優。全日本かるた協会 四段、A級公認読手の資格を所有しており、関連した作品への出演・制作協力も多数。映画 「ちはやふるー結びー」 (読手&かるた監修)、「ちはやふる 上の句・下の句」(読手役)、劇場版「名探偵コナン から紅の恋歌」(読み上げ機の声)、NHK-Eテレ「沼にハマってきいてみた」(読手)など。

■株式会社オトバンク(本社:東京都文京区、代表取締役社長:久保田裕也)

[画像4: (リンク ») ]

音声コンテンツを中心とした事業を展開し、「聞き入る文化の創造」「目が不自由な人へのバリアフリー」「出版文化の振興」の達成を目指している、日本最大の配信数を誇るオーディオブックカンパニーです。500社以上の出版社様と提携し、主な事業として、日本最大のオーディオブック配信サービス「audiobook.jp」でのオーディオブック販売をはじめ、オンラインブックガイド「新刊JP」( (リンク ») )を中心とした書籍のプロモーション事業も行っています。
(リンク »)

【オーディオブックとは】

[画像5: (リンク ») ]

オーディオブックとは、ナレーターや声優が本を朗読した「聴く本」です。耳だけで読書を楽しめるため、文字を読むのが難しい方のほか、ランニング中、電車や車での移動時間、家事の最中など生活のあらゆるシーンで「ながら読書」を楽しめます。


■audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)

[画像6: (リンク ») ]

株式会社オトバンクが運営する、日本最大のオーディオブック配信サービスです。2007年より配信を開始した「FeBe」からリニューアルし、2018年3月よりサービスを開始。現在約 27,000 本のコンテンツを配信し、オーディオブックのカテゴリー普及に向けてプラットフォームの拡大を目指します。
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]