<うたパス>「ヒプノシスマイク」1stフルアルバム「Enter the Hypnosis Microphone」新曲制作秘話など 新曲5曲を手がけるアーティストのコメント4月24日(木)18時より公開

KDDI株式会社 2019年04月24日

From PR TIMES

好良瓶太郎(木村昴)「『おはブクロ』が流行るといいなー」

好良瓶太郎(木村昴)、ポチョムキン、ALI-KICK、弥之助、岩間俊樹・大林亮三、invisible manners 特設ページにて4月24日(木)18時より



KDDIの全キャリア対応可能※な音楽配信サービス「うたパス」では、声優とラップという異色の組み合わせで一大ムーブメントを巻き起こしているラップバトルプロジェクト「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」の1stフルアルバム「Enter the Hypnosis Microphone」の配信を4月24日(水)よりスタートしました。
それを記念して、Division All Starsの新曲「Hoodstar」を手がけるinvisible mannersさん、Buster Bros!!!の新曲「おはようイケブクロ」を手がけるポチョムキンさん(from餓鬼レンジャー)・好良瓶太郎(木村昴)さん、MAD TRIGGER CREWの新曲「シノギ(Dead Pools)」を手がけるALI-KICKさん、Fling Posseの新曲「Stella」を手がける弥之助さん(from AFRO PARKER)、麻天狼の新曲「パピヨン」を手がける岩間俊樹さん・大林亮三さん(SANABAGUN.)ら、新曲制作陣から、アルバム発売のお祝いコメントや、新曲制作におけるポイントなどのメッセージが届きました。

特設サイトは( (リンク ») )にて、本日4月24日(水)18時より公開いたします。
「Hoodstar」をはじめとする全新曲をたっぷり聴けて、制作裏話も知ることができる本企画をお見逃しなく。
[画像1: (リンク ») ]


[表1: (リンク ») ]



■ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-1stフルアルバム「Enter the Hypnosis Microphone」新曲参加アーティストによるコメント(一部抜粋)

Division All Stars新曲「Hoodstar」

[表2: (リンク ») ]


[画像2: (リンク ») ]


invisible manners(インビジブル・マナーズ)
平山大介、福山整からなる二人組の音楽作家ユニット。黒人音楽をベースにしながらもソウル、ファンク、ジャズ、ポップス、ロックなどジャンルを問わないアレンジとその独特のメロディセンスでさまざまなアーティストの楽曲を手がける。
公式Twitter: (リンク »)

Buster Bros!!!新曲「おはようイケブクロ」

[表3: (リンク ») ]


[画像3: (リンク ») ]


好良瓶太郎 / 木村昴(コウラ ビンタロウ / キムラ スバル)
6月29日生まれ、ドイツ出身。2002年にミュージカル「アニー」で俳優活動をスタートさせ、現役中学生だった2005年より、たてかべ和也に代わりアニメ「ドラえもん」のジャイアンこと剛田武の声を担当。2009年からは自身が旗揚げした「天才劇団バカバッカ」で座長を務めている。主なアニメ出演作は「輪るピングドラム」「ハイキュー!!」「遊☆戯☆王VRAINS」「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」など。「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」では、「俺が一郎」「IKEBUKURO WEST GAME PARK」の作詞や、ドラマトラックのラップパートのリリックを手がけている。
公式HP: (リンク »)
公式Twitter: (リンク »)

[表4: (リンク ») ]


[画像4: (リンク ») ]


ポチョムキン / 餓鬼レンジャー
餓鬼レンジャーのMC。1995年にグループを結成、1998年のデビュー以来、常にななめ上を行くオリジナルスタイルを貫き、唯一無二のポジションを確立。2017年には、より自由な創作活動をするべく長年在籍したメジャーから自主レーベルに籍を移し、アルバム「キンキーキッズ」をリリース。iTunesヒップホップチャート1位獲得などに加え全国ツアーも満員御礼と、いまだに世代時代を超越して活躍。グループとしての活動の傍ら、ソロとしても多彩な才能を発揮する。
公式HP: (リンク »)
公式Twitter: (リンク »)

MAD TRIGGER CREW新曲「シノギ(Dead Pools)」

[表5: (リンク ») ]


[画像5: (リンク ») ]


ALI-KICK(アリキック)/ ROMANCREW
1978年生まれ、ふたご座。音楽プロデューサー。ROMANCREWメンバー。RHYMESTER、KREVA、SHINGO★西成、般若、韻踏合組合、サイプレス上野とロベルト吉野、KEN THE 390などのHIPHOP勢のプロデュースをはじめ、久保田利伸や、アイドルラップグループLyrical School、声優ユニットevery♥ing!への楽曲提供や、ラジオ番組やテレビ番組の音楽制作など幅広い分野で活動している。
公式Twitter: (リンク »)

Fling Posse新曲「Stella」

[表6: (リンク ») ]


[画像6: (リンク ») ]


弥之助(ヤノスケ) / AFRO PARKER
ヒップホップバンドAFRO PARKERのMC。自身のバンドではMC、作曲・作詞を担当している。声優ラップバトルコンテンツ「ヒプノシスマイク」では数々の作曲/作詞に抜擢され、個人としてのワークスも好評。
公式HP: (リンク »)
公式Twitter: (リンク »)

麻天狼新曲「パピヨン」

[表7: (リンク ») ]


[画像7: (リンク ») ]


岩間俊樹(イワマ トシキ) / SANABAGUN.
1990年11月24日生まれ、青森県三沢市出身。路上ライブが話題となり、2015年メジャーデビュー。2016年12月にソロ名義では初のアルバム「I.MY.ME」をリリースする。また作詞家として楽曲提供し、DJではGREENROOM FESTIVALに出演するなど活動の幅を広げている。

[表8: (リンク ») ]


[画像8: (リンク ») ]


大林亮三(オオバヤシ リョウゾウ) / SANABAGUN.
1990年9月7日生まれ。2015年5月にリーダーバンドRYOZO BANDにてDJ MURO(King Of Diggin')プロデュースによる7inch、2016年12月には2nd 7inchをリリース。2017年には、ジャズ / ヒップホップバンドのSANABAGUN.に加入し全国ツアーやメジャー流通の制作なども重ね、さらに精力的な活動を広げる。
公式Twitter: (リンク »)


■「ヒプノシスマイク」1stフルアルバム「Enter the Hypnosis Microphone」うたパス配信記念【パスゲッティ】「ヒプノシスマイク」1stフルアルバム発売記念特集 概要


内容:「俺が一郎」やドラマトラックのラップパートのリリックを手がけ、「おはようイケブクロ」では作詞・作曲として参加した好良瓶太郎(木村昴)をはじめとして、1stフルアルバム「Enter the Hypnosis Microphone」に携わったアーティスト6組からのコメントを掲載いたします。
公開期間:4月24日(水)18時~
対象ユーザー:どなたでもご覧いただけます。
特設サイト: (リンク »)


■「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」とは

「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」(通称「ヒプマイ」)は、声優12人によるラップソングプロジェクトです。
その独特な世界観や魅力的なキャラクターはもちろん、クオリティの高い楽曲に声優陣が言葉をのせた本格的なラップソングが瞬く間に話題となり、2017年9月の始動直後から配信されたミュージックビデオが500万回以上再生されるなど、爆発的な人気を誇っています。2019年現在では、楽曲数が32曲に増え(※Remix、新曲5曲を含む)、ライブやコラボカフェなど、楽曲配信だけでなく様々な展開を見せています。

[表9: (リンク ») ]



■リリース情報


配信名 :「Enter the Hypnosis Microphone」
配信日 : 4月24日(水)
対象ユーザー: うたパス会員 ※auユーザー以外の方もご利用いただけます。
URL : (リンク »)


[画像9: (リンク ») ]

「Enter the Hypnosis Microphone」収録楽曲
1.Hoodstar
2.ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-
3.おはようイケブクロ
4.IKEBUKURO WEST GAME PARK
5.シノギ(Dead Pools)
6.Yokohama Walker
7.Stella
8.Shibuya Marble Texture -PCCS-
9.パピヨン
10.Shinjuku Style ~笑わすな~
11.T.D.D LEGEND
12.ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-

■うたパスとは
「うたパス」は au以外の方もご利用いただけるKDDIの音楽配信サービスです。厳選された楽曲群であるプレイリストが5,000種類以上聴き放題となる聴き放題プランベーシック(月額300円・税別)と、プレイリスト聴き放題に加え、プレイリストの中から好きな曲を毎月10曲ずつ保存し、繰り返し再生することができる、聴き放題プラン Myうたプラス(月額500円・税別)を提供しているほか、うたパスオリジナルのラジオ番組が毎日楽しめる日本初の本格的音楽専門インターネットラジオ「Backstage Café」や、様々なアーティストとリアルタイムでチャットのコミュニケーションができる「Listen with」イベントの定期的な開催、うたパス独自の撮り下ろし360°VR映像コンテンツ「VROOM」の提供、ライブ/コンサートへの無料ご招待や楽曲プレゼントなど、アプリ内にとどまらない、様々な音楽の楽しみ方を提案しています。現在30日間無料でご利用頂けます。
なお、うたパスは2018年8月より、au以外の全キャリアでご利用いただけるようになりました。
うたパスオフィシャルHP: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

KDDI株式会社の関連情報

KDDI株式会社

KDDI株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]