Speee、クレディセゾンの購買ビッグデータを活用し、企業のマーケティング支援を強化

株式会社Speee 2019年04月25日

From PR TIMES

データインテグレート手法と予測分析技術を活用した、「PAAM(Predictive AnalyticsAnd Marketing、パーム)」を提供する株式会社Speee(本社:東京都港区、代表取締役:大塚英樹、以下Speee)は、株式会社クレディセゾン(本社:東京都豊島区、代表取締役社長COO:山下 昌宏、以下「クレディセゾン社」)の購買ビックデータを活用してマーケティング支援強化に取り組んでいくことを、お知らせいたします。



[画像: (リンク ») ]

■目的・背景
Speeeは、マーケティング活動の意思決定を支援するサービス 「PAAM(Predictive AnalyticsAnd Marketing、パーム)」を4月より正式に開始しました。マーケターを支援する予測分析は、データを収集・成形・解釈を行い、ユーザーの反応や行動を予測する環境を構築する必要があります。
クレディセゾン社は、消費性向の高い30~50代の女性を中心に約2,700万人の会員数を誇るクレジットカードサービス事業を展開し購買ビッグデータを所有しています。

この度、クレディセゾン社の購買ビックデータ(※)を活用し、更に精度の高い予測分析を行っていく取り組みを進めてまいります。
※特定の個人を識別することができないよう加工したクラスタ(集団)情報

Speeeでは、今後もさまざまな企業とのパートナー契約や、システム連携を通じ、PAAM事業での付加価値向上を目指すとともに、マーケター支援を行ってまいります。


■サービス概要
サービス名  :PAAM(Predictive AnalyticsAnd Marketing、パーム)
サービスサイト: (リンク »)

「PAAM(Predictive AnalyticsAnd Marketing、パーム)」とは、マーケターの意思決定を支援する、マーケティング支援サービスです。データインテグレート手法と予測分析技術の活用により、データドリブンなマーケティング環境構築と実行を支援することで、複雑化しているマーケティングの意思決定を支援し、マーケティングをアップデートしてまいります。

■株式会社Speeeについて
Speeeは、「解き尽くす。未来を引きよせる。」というミッションのもと、ビジネスデベロップメントにより、社会に存在する様々な課題の解決に取り組む企業です。マーケティングインテリジェンス事業、デジタルトランスフォーメーション事業、医療事業や東南アジアでのHR事業など幅広い領域に展開しています。提供するサービスには、マーケティング活動の意思決定を支援するサービス「PAAM」( (リンク ») )、ネイティブアド配信プラットフォーム「UZOU」( (リンク ») )、不動産査定サービス「イエウール」( (リンク ») )、データプラットフォーム事業の「Datachain」( (リンク ») )などがあります。

社名  :株式会社Speee
事業概要:マーケティングインテリジェンス事業、デジタルトランスフォーメーション事業
設立   :2007年11月
所在地 :東京都港区六本木四丁目1番4号
代表者 :代表取締役 大塚 英樹
資本金 :30,940,000円
URL   : (リンク »)

■株式会社クレディセゾン概要
社名  :株式会社クレディセゾン
事業概要:クレジットサービス・リース・ファイナンス・不動産関連ほか
設立  :1951年5月
代表者 :代表取締役社長COO 山下 昌宏
資本金 :75,929,000,000円
URL : (リンク »)
※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]