編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ディーバ、DOZAN11(元・三木道三)プロデュースの画像から音楽を自動生成するスマホアプリ「mupic(ミューピック)」を令和元年5月1日に正式リリース!

株式会社ディーバ

From: PR TIMES

2019-04-26 09:00

株式会社ディーバ(所在地:大阪市中央区、代表取締役:青柳臣一)は、DOZAN11、株式会社ビジョナリストと共同開発を行い、画像から音楽を自動生成し、動画を制作するスマホアプリ「mupic(ミューピック)」(iOS版)を、令和元年5月1日正式にリリースいたします。



●画像音楽自動生成アプリ「mupic(ミューピック)」
タイトル: mupic(ミューピック)
公式サイト: (リンク »)
サービス: 無料(※将来的にアイテム課金あり)
正式リリース: 2019年5月1日
App Store: (リンク »)
[画像1: (リンク ») ]

mupicは本年3月にテストリリースしており、UIや機能などの調整をしていました。新元号になる2019年5月1日から正式版として運用開始し、DOZAN11によるプロモーション動画を公開いたします。

動画は、DOZAN11のTwitter上で発表いたします。
DOZAN11公式Twitter: (リンク »)

【背景】
DOZAN11が、音楽自動生成スライドショーソフト「PhotoMusic2.0」(デスクトップ版)をリリースして話題になってから1年。次の目標として掲げていたスマートフォン向けアプリがついに完成!その名もmupic(ミューピック)。
画像から直感的で簡単に音楽を作り、好きなアレンジをしてシェアできる、写真やイラストが好きなユーザーにぴったりの今までにないアプリです。
明度や彩度からフィーリングを判別し、画像にあった音楽を自動生成。作曲知識がまったくなくても、色彩に対応した演奏パターンを選択して、自分の好みに近づけられます。いつの間にか音楽の理解も向上!
ループ再生されるので、BGMにしたり、DJのようにアレンジを変えながら、演奏を続けることもできます。

【製品・サービスの概要】
●画像から音楽を作ろう!動画にしてみんなとシェアしよう!
mupicは画像から音楽を自動生成する画期的なアプリです。
生成された音楽は自分好みにアレンジを加えることができます。
さあ、あなただけのオリジナルの音楽と動画を作りましょう!
ミュージック(音楽)とピクチャー(画像)が融合した新しいコンテンツとシェアの形です!

<特長>
●画像から音楽を作るmupicの仕組み
画像から5つのフィーリング(Neutral、Anger、Sadness、Happiness、Surprise)に振り分けられ、音楽が自動生成されます。
画像は、識別された7つの色から、2オクターブ4小節の楽譜になります。
そこから、1つの楽器によるメロディ、7色に対応した7つの楽器によるコード、1つの楽器によるベース、フィーリングに対応したビートが加わった音楽が自動生成されます。


[画像2: (リンク ») ]

●自分好みに音楽アレンジ
キーやメロディ、コード進行を変えたい場合は、「風景」、「虹色」、「原色」3つの配色パレットを変えてみてください。メロディは画面全体の主要色(一番多い色)の輪郭をなぞり、コードは4分割された画面の主要色から選ばれます。

また、メロディ、コード、ベースの楽器や作曲方法、音量を変更すると驚くほど音楽は変化し、写真やイラストの見え方も変わります。
[画像3: (リンク ») ]

●あなただけの音楽・あなただけの動画へ
生成された音楽は画像と統合して動画に保存し、SNSにシェアすることができます。ユーザーが画像の著作権を持っていれば、生成された音楽、動画はユーザーの権利となります。

是非、スマホで撮影した画像から、あなただけの音楽を作成し、動画をシェアして下さい。
[画像4: (リンク ») ]


【今後の展望】
Android版、英語版を早期に提供予定です。
また、人工知能を取り入れたり、ユーザーの声をお聴きしながら、さまざまな機能をアップデートする予定です。

■SNS
Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)
Instagram: (リンク »)

■プロフィール
DOZAN11(ドーザンイレブン)
[画像5: (リンク ») ]

1996年、三木道三としてデビュー。2001年、『Lifetime Respect』(徳間ジャパン・コミュニケーションズ)が、日本のレゲエで初のオリコン週間ランキング1位を記録する。2002年、47都道府県ツアーの後、活動休止。活動休止中は、他のミュージシャンの作詞、作曲、プロデュースを手掛ける。「DOZAN11」の名で、2014年に活動を再開し、アルバム『Japan be Irie !! 』(ユニバーサル・ミュージック・ジャパン)をリリース。2016年、音楽自動生成スライドショーシステム『PhotoMusic』に音楽ディレクターとして参加。2018年、『PhotoMusic2.0』のプロモーション動画を公開。同年、画像から音楽を自動作成するアプリ『mupic』のプロデューサーとなり、2019年5月1日正式版をリリースする。


青柳臣一(アオヤギ シンイチ)
C#、および、Xamarinを使ったクロスプラットフォーム開発の日本における第一人者。2017年、『Xamarinネイティブによるモバイルアプリ開発 C#によるAndroid/iOS UI制御の基礎』(翔泳社)を刊行。株式会社ディーバ代表取締役。mupicの共同プロデューサー。
mupicの開発は株式会社ディーバにて担当。青柳は開発チームのリーダーとしてマネージメントをすると同時にリードプログラマーとしてプログラミングも担当する。

【株式会社ディーバについて】
本社: 〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町3-2-8 トーア紡第2ビル 201
代表者: 代表取締役 青柳臣一
設立: 1992年3月25日
資本金: 1,000万円
Tel: 06-6209-1201
Fax: 06-6209-1202
URL: (リンク »)
事業内容: 各種ソフトウェアの開発
特徴:
「大阪発 C#の会社」
特にプログラミング言語C#を得意とする大阪のソフトウエア開発会社。WPF、UWP、ASP.NET、Xamarin、Unityとサーバーからスマホまで幅広くなんでもこなす、小規模ながらハイレベルな技術者集団。

【本件に関するお問い合わせ先】
担当部署: mupic(ミューピック)事業部
Eメールアドレス: support@mupic.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]