【定点レポート】父の日に関する定点調査 2019年版(マクロミル調べ)

株式会社マクロミル 2019年05月07日

From PR TIMES

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役社長グローバルCEO:スコット・アーンスト)は、旬な情報や話題のネタについてアンケートを行い、ニュースレター「HoNote通信」として調査結果をお届けしています。

vol.180のテーマは「父の日」。全国20~60代の男女1,000名に、今年の父の日に父親にしたいことや、贈りたいプレゼントを調査しました。また、父親側にも父の日に貰ったら嬉しいプレゼントや子供にしてもらいたいことについても尋ねました。
当ニュースレターでご紹介する調査のすべての集計結果は、HoNote( (リンク ») )より無料でダウンロードいただけます。



<HoNote通信 vol.180>
[画像1: (リンク ») ]

■調査結果
【1】父の日にしたいことは?「プレゼントを贈りたい」49%が1位。昨年よりも微増
父の日にしたいことの1位は「プレゼントを贈りたい」で49%!父親(義父含む)がいる人の2人に1人がプレゼントを贈りたいと考えており、昨年の47%よりも微増しました。続いて2位から5位には「感謝の言葉を伝えたい」16%、「外食をしたい」12%、「一緒に家で過ごしたい」8%、「電話で話したい」4%が挙がり、父の日に何かしらの行動をとりたいと考えている人は71%でした。一方で何もしたくないと考えている人も29%いることがわかりました。
[画像2: (リンク ») ]



【2】父の日の人気プレゼントランキング、贈る側も受け取る側も上位は「お酒」「服・服飾品」「お菓子・スイーツ」
父の日に贈りたいプレゼントは、1位「お酒」43%、2位「服・服飾品」26%、3位「お菓子・スイーツ」21%でした。1位と2位には17ポイントもの差があり、1位である「お酒」は贈る側に人気のプレゼントのようです。
一方、父親が貰って嬉しいプレゼントは、1位「お菓子・スイーツ」20%、2位「お酒」19%、3位「服・服飾品」19%でした。上位3つの顔ぶれは贈る側のプレゼントと同じですが、スコアは非常に僅差です。

【3】父の日のトータル予算は平均5,477円。昨年よりも約700円ダウン
今年の父の日に、プレゼントに限らず何かしようと考えている方に、父の日の総予算を尋ねました。
最も多い価格帯は「3,000円以上~5,000円未満」32%、「1,000円以上~3,000円未満」25%も2番目に多く、「1,000円~5,000円未満」がボリュームゾーンのようです。平均予算を算出すると「5,477円」で、昨年6,173円よりも約700円のダウンとなりました。


[表: (リンク ») ]



▼調査概要
父の日に関する定点調査(2019年版)
調査主体:マクロミル
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:全国20歳~69歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法:平成27年国勢調査による、性別×年代の人口動態割付/合計1,000サンプル
調査期間:2019年4月10日(水)~2019年4月12日(金)
※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。


[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]