編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

本日エントリー開始の「次にくるマンガ大賞2019」にU-NEXTが初協賛

株式会社 U-NEXT

From: PR TIMES

2019-05-10 12:00

USEN-NEXT GROUPの株式会社 U-NEXT(本社:東京都品川区、代表取締役社長:堤 天心)が運営する動画配信サービス「U-NEXT」は、本日よりエントリーがスタートする「次にくるマンガ大賞2019」に特別協賛いたします。



[画像: (リンク ») ]


電子書籍も楽しめるU-NEXTが、“次にブレイクしそうなマンガ”を後押し

「次にくるマンガ大賞2019」は、株式会社トリスタ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:橋場一郎)が運営する日本最大級のWebマンガサービス「ニコニコ漫画」と、株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)が発行する本とコミックの情報誌「ダ・ヴィンチ」が共同開催しており、今年で5回目を迎えます。

動画配信サービスのU-NEXTは2019年1月にアプリをリニューアルし、1つのアプリで動画も電子書籍も楽しめるサービスとして新たにスタートを切りました。「ユーザー参加型のマンガ賞」として、すべてのマンガファンによる推薦と投票を通して、“次にブレイクしそうなマンガ”を発掘し紹介する同アワードの主旨に賛同し、初めて特別協賛いたします。

今後の展開に、ぜひご期待ください。


【「次にくるマンガ大賞2019」企画概要】
ユーザーから「次にくる」と思うマンガを推薦してもらい(エントリー)、エントリーされた作品から“次にくるマンガ大賞運営委員”で候補作品を選定(ノミネート)。ノミネートされた作品を対象に、改めてユーザーの投票を受け付け、大賞を決定します。

【公式サイト】 (リンク »)

【エントリー方法】
受付期間:2019年5月10日(金)11:00 ~ 5月24日(金)11:00
エントリー方法:「次にくるマンガ大賞2019」公式サイトからエントリー
エントリー作品数:コミックス部門最大5作品まで / Webマンガ部門最大5作品まで

【募集部門&エントリー条件】
●コミックス部門
-2019年5月10日(金)時点でシリーズ既刊が5巻以内のマンガ作品が対象
●Webマンガ部門
-2019年5月10日(金)時点でWebをメイン媒体として連載しているマンガ作品が対象
-ジャンルは不問。ただしオリジナル作品に限る(2次創作、成年指定作品は対象外)
-すでに書籍化されている場合、シリーズ既刊が5巻以内の作品に限る

【今後の予定】
ユーザー投票開始:2019年6月21日(金)
ユーザー投票〆切:2019年7月5日(金)
結果発表:2019年8月下旬
雑誌『ダ・ヴィンチ』で両部門のランキング掲載:2019年10月5日(土)

「次にくるマンガ大賞」運営
【主催】株式会社KADOKAWA/株式会社トリスタ
【特別協賛】U-NEXT


U-NEXT(ユーネクスト)について
U-NEXTは、90,000本以上の見放題作品に加え、公開・放送されたばかりの最新作を含むレンタル作品50,000本以上の作品をお楽しみいただける日本最大級の動画配信サービスです。
映画、ドラマ、アニメなど全11の多様なジャンルから、合わせて140,000本以上の充実のラインアップを、スマートフォンやテレビなどお好きなデバイスでご覧になれます。
U-NEXT: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]