「(仮称)柏IC物流センター」を開設します(ニュースレター)

大和ハウス工業株式会社 2019年05月10日

From PR TIMES

■千葉県内で5拠点目となる新たな物流施設を開設

 大和ハウスグループの大和物流株式会社(本社:大阪市、社長:緒方 勇)は、2019年1月より千葉県柏市において、物流施設「(仮称)柏IC物流センター」の開発に着手しておりますが、概要が決定しましたのでお知らせします。



[画像1: (リンク ») ]

 当社が千葉県印西市、浦安市(2拠点)、野田市の計4拠点で運営する物流施設(総延床面積:約14,300坪)は、好立地などを評価いただき、現在、満床での運営が続いています。
 そしてこのたび、さらなる取引先からのニーズに応えるため、千葉県内において5拠点目となる物流施設「(仮称)柏IC物流センター」を開設することとなりました。


[表: (リンク ») ]



1.首都圏の広域をカバーする柏インターチェンジ至近の好立地
 「(仮称)柏IC物流センター」は、常磐自動車道「柏インターチェンジ」から約560m、国道16号線沿いに位置した、都心部および首都圏広域へのアクセスに優れた物流施設で、都心部まで約1時間の好立地を誇ります。
 また、本物流施設から直線距離で約3.5kmには「柏物流センター(所在地:千葉県野田市、床面積:約1,600坪)」が位置しているため、繁忙期には荷物や人員を共有・連携する効率的な作業シェアリングを通じて、安定的な物流施設運営を図ります。


[画像2: (リンク ») ]

2.重量物の取扱に適した物流センター
 「(仮称)柏IC物流センター」は、低床式ホーム構造で奥行き10mの庇を有しており、広い荷捌きスペースを活用した積替え拠点としての運用や建材などの重量物の取扱いに最適な仕様です。
 また、ホームの一部を掘り下げ式の高床式ホームとし、ドックレベラー(※)を設置しているため、コンテナなど多彩な車両の荷役にも対応可能です。
※建物の搬出入口の床面とトラックの荷台との段差を解消する装置のこと。
[画像3: (リンク ») ]

■施設概要
名称:「(仮称)柏IC物流センター」
所在地:千葉県柏市大青田1227-1 他
敷地面積:10,681.07平方メートル (約3,231坪)
延床面積:14,453.02平方メートル (約4,372坪)
構造・規模:鉄骨造地上3階建て
床荷重:1階:2.0t/平方メートル 、2・3階:1.5t/平方メートル
搬送設備:貨物用エレベータ2基(4.6t:1基、3.6t:1基)、垂直搬送機2基(1.5t)
最寄りIC:常磐自動車道「柏インターチェンジ」から約560m
最寄り駅:東武鉄道 野田線「運河駅」から約2.3km、つくばエクスプレス「柏たなか駅」から約2.4km
着工日:2019年1月8日
竣工:2019年10月末予定
稼働:2019年11月予定

■物流センター紹介URL
  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]