編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「FUJIFILMサプリメント」のイメージキャラクターに俳優・役所広司さんを起用!「健康は、楽しい。」をキャッチコピーに、幅広くプロモーションを展開

富士フイルム株式会社

From: PR TIMES

2019-05-13 14:20

 富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、当社独自の技術や研究結果に基づいたサプリメントおよび機能性表示食品(以下「FUJIFILMサプリメント」)のイメージキャラクターとして、俳優の役所広司さんを起用します。今後、「健康は、楽しい。」をキャッチコピーに、TVCMなど幅広いプロモーションを展開していきます。



 「FUJIFILMサプリメント」は、2006年の発売以来、主に40代以降の健康意識の高い方々から大変ご好評をいただいております。特に、主力商材である「メタバリアシリーズ」の人気は高く、今月10日には、「サラシノールが糖の吸収を抑える※1」、「サラシノールの継続摂取により腸内環境を整える※1」、「継続摂取により高めのBMI※2を改善する※3」の3つの機能を持った機能性表示食品「メタバリアEX」を発売いたしました。
 今回、「FUJIFILMサプリメント」の主なターゲット層である50代以上の消費者から高く支持されている、俳優の役所広司さんをイメージキャラクターとして起用し、また「健康は、楽しい。」をキャッチコピーにしたプロモーション活動を幅広く展開することで、「メタバリアEX」をはじめとする「FUJIFILMサプリメント」をより多くの方々に知っていただくとともに、ユーザー層の拡大を目指します。


■役所広司さんプロフィール

[画像1: (リンク ») ]


役所広司 やくしょこうじ

1956年長崎県生まれ。1983年、NHK大河ドラマ『徳川家康』で織田信長役を好演し、脚光を浴びる。95年に原田眞人監督『KAMIKAZE TAXI』で毎日映画コンクール男優主演賞を受賞。
96年『Shall we ダンス?』(周防正行監督)、『眠る男』(小栗康平監督)、『シャブ極道』(細野辰興監督)で国内の映画賞で主演男優賞を独占。東京国際映画祭主演男優賞を受賞した黒沢清監督の『CURE』(97)、カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した『うなぎ』(97/今村昌平監督)など、国際映画祭への出品作品も多い。
09年『ガマの油』で初監督を務める。12年、紫綬褒章を受章。近年では『関ヶ原』(17/原田眞人監督)、『三度目の殺人』(17/是枝裕和監督)『孤狼の血』(18/白石和彌監督)など、数々の話題作に出演。『孤狼の血』においては、97年の『Shall we ダンス?』、98年の『うなぎ』に続き、3度目の日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞を受賞したほか、第13回アジア・フィルム・アワードでも最優秀主演男優賞と、アジア映画への貢献に対しての特別賞 Excellence in Asian Cinema Awardをダブル受賞。
本年は主演の日中合作映画「Wings Over Everest」(Fay Yu
監督)、来年には小泉堯史監督作品『峠 最後のサムライ』が
公開予定。

■役所広司さんの起用理由

 「FUJIFILMサプリメント」の主なターゲット層である50代以上の消費者から高く支持されています。さらに、俳優としての高い実力や知的な印象が、独自技術や科学的根拠に基づいた「FUJIFILMサプリメント」の信頼性のイメージに最適であることから、イメージキャラクターに相応しいと考えました。

※1 「サラシノール」で報告されている機能性として。
※2 Body Mass Indexの略。肥満度の判定に使われる指標。[体重(kg)]÷[身長(m)の二乗]で求められる。日本肥満学会では、BMI:22を標準体重としている。
※3 「メタバリアEX」は、機能性関与成分「サラシノール」、「難消化性デキストリン(食物繊維)」、「エピガロカテキンガレート」、「モノグルコシルルチン」を配合しており、継続摂取により、BMIが高めの方のおなかの脂肪(体脂肪・内臓脂肪)・体重を減らすことで高めのBMIを改善する機能があります。

■キャッチコピー「健康は、楽しい。」
 「富士フイルム独自の技術や研究結果に基づいた『FUJIFILMサプリメント』を提供することで、お客様の健康維持・増進、その先にある健康で楽しい人生に貢献したい」との想いを込めて、「健康は、楽しい。」をキャッチコピーにしました。また、「FUJIFILMサプリメント」の特長を表したサブキャッチコピーとして、「サイエンスで、からだメンテナンス」もプロモーションで活用していきます。


■今後のプロモーション展開
 「FUJIFILMサプリメント」のTVCMでは、イメージキャラクターの役所広司さんが、「健康は、楽しい。」のキャッチコピーとともに、当社が提供する「FUJIFILMサプリメント」の新しいイメージを発信していきます。その他にも、WEB、店頭広告など、幅広いプロモーションを展開していきます。


■FUJIFILMサプリメント
 「人生100年時代」と言われ、人生100年も夢物語ではなくなりつつあります。富士フイルムは、「100年生きる時代の人の健康を作りたい」という想いを込め、「楽しい100歳。」をキャッチコピーに「予防」「診断」そして「治療」の領域まで、トータルヘルスケアカンパニーとして3つの領域で事業を展開しています。「FUJIFILMサプリメント」は、写真分野で培った独自のナノテクノロジーや安定化技術などを駆使して、成分を効率よく体に吸収させて必要な場所に届けることを目的に開発しています。独自性の高い高品質で安心な「FUJIFILMサプリメント」の提供を通じて、多くのお客様の健康維持・増進に貢献していきます。


[画像2: (リンク ») ]



[画像3: (リンク ») ]



本件に関するお客様からのお問い合わせは、下記にお願いいたします。
株式会社 富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー フリーダイアル      TEL 0120-241-946
富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー ウェブサイト            (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]