アドウェイズチャイナとJS Adways、多言語、多通貨に対応した越境EC事業者向けアフィリエイトネットワーク「GANet」をリリース

株式会社アドウェイズ 2019年05月14日

From PR TIMES

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡村 陽久、以下アドウェイズ))の100%子会社である愛徳威広告有限公司(住所:中国上海市、代表取締役:中山 義一、以下アドウェイズチャイナ)と傑思‧愛徳威媒體股份有限公司(本社:台湾台北市、代表取締役:Jason Yang、以下JS Adways)は、越境EC事業者向けアフィリエイトネットワーク「GANet(ガネット)」をリリースいたしました。「GANet」では、多言語、多通貨に対応しており、国境を跨いでのアフィリエイト広告出稿が可能となります。



[画像1: (リンク ») ]


2018年4月に経済産業省が発表した調査によると、日本・米国・中国の3ヵ国間における越境ECの市場規模は、いずれの国の間でも増加しています。特に中国消費者による越境EC購入額が拡大しており、日本事業者からの購入額は前年比25.2%増、米国事業者からの購入額は前年比28.2%増となっております。
市場の変化に伴い、アドウェイズチャイナ、JS ADWAYSでも、欧米及び日本企業からの広告出稿が増加しています。

これを受け当社では、2005年より中国大陸向けに提供を開始し、56万超のパートナー媒体を有するアフィリエイトサービス「CHANet(チャネット)」を、対応国を拡大、多言語、多通貨に対応した越境EC事業者向けアフィリエイトネットワーク「GANet」としてリニューアルを行うに至りました。

[画像2: (リンク ») ]


「GANet」では、中国大陸だけではなく、台湾、香港を含めた中華圏全体での媒体連携を推進しており、インフルエンサーを始め、海外商品紹介サービス、航空会社マイレージサービスなど、幅広い媒体での出稿が可能となります。既に、日本国内の大手ショッピングモール、欧米のEC事業者様にGANetサービスをご利用頂いており今後も、日本及び海外の越境EC市場の拡大をより支援するために、越境ECに特化したサービスとして、さらに拡大してまいります。

アドウェイズグループは、今後も市場のニーズに柔軟に対応し、世界中から「なにこれ すげー こんなのはじめて」と言われるよう、尽力してまいります。


□■□愛徳威広告(上海)有限公司について  (リンク »)
2004年設立。株式会社アドウェイズ100%出資の中国子会社。中国でのインターネット広告事業・モバイル広告事業を展開。中国全土において、越境EC事業者向けASPネットワーク「GANet」や各種広告サービスを提供。

□■□JS ADWAYS MEDIA INC.について (リンク »)
2005年設立のJS MediaとM&Aを行い、 2012年にJS Adways Mediaとなる。台湾台北市に拠点を置く。台湾最大級のブログサイト「Wretch」の専属代理店としてサービスを開始し、その後カテゴリ特化型の大手サイトのメディアレップ、 Facebook広告やモバイル広告の広告代理店として拡大。代表を務めるJason Yangは台北市インターネット広告及びメディア経営協会の常務理事を務める。

□■□株式会社アドウェイズについて  (リンク »)
2001年設立。2006年に東証マザーズ上場。国内最大級のアフィリエイトサービス「JANet」「Smart-C」の運営をはじめ、スマ―トフォン向け広告配信サービス「AppDriver」や全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」を展開する。また、アプリやコンテンツの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。日本を始め、アジアを中心とした世界各国への海外展開も行なっている。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アドウェイズの関連情報

株式会社アドウェイズ

株式会社アドウェイズの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]