“imagePRESS C910/C810/C660/C660CA”を発売 用紙対応力の強化により商業印刷のニーズに応えるカラープロダクションプリンター

キヤノン株式会社 2019年05月14日

From PR TIMES

キヤノンは、プロダクションプリンター「imagePRESS(イメージプレス)」シリーズの新製品として、“imagePRESS C910/C810/C660/C660CA”の4機種を2019年5月20日より発売します。



[画像: (リンク ») ]



新製品は高速出力を実現するプロダクション市場向けカラープリンターです。“imagePRESS C910”は毎分90枚、“C810”は毎分80枚、“C660/C660CA(※1)”は毎分65枚(いずれもA4ヨコ)の生産性を持ち、小さな設置面積ながら、商業印刷市場のプロニーズに対応し、お客様のビジネス拡大を支援します。

■ 用紙対応力の強化と画質向上により高品位なグラフィックアーツ成果物の印刷が可能
厚みのある名刺やグリーティングカードなどを出力するために、厚紙の対応坪量を従来の300 g/m2から350g/m2まで向上します。店頭POPやポスターなどを出力するために、長尺紙の対応を、従来の762mmから1,300mmに拡大します(※2)。また、オフセット印刷に迫る高画質を実現するため、高精細なスクリーン線数を用意します。これらにより、高画質が求められるグラフィックアーツ成果物の印刷が可能です。

■ 高速出力と作業効率化による生産性向上
“imagePRESS C910/C810”は、従来機種に比べ出力速度が向上(※3)し、高い生産性を実現します。また、フィニッシャー(別売り)に、出力した用紙をそろえるジョガー機能を搭載することで、排紙した用紙を手でそろえ直す必要がなく、断裁や製本、箱詰め時の手間を軽減します。さらに、ソフトウエア「PRISMAprepare」(別売り)により、原稿の面付け、色調整や折り設定などの煩雑な作業を直感的に操作でき、印刷原稿の作成および印刷設定の作業負荷を軽減します。このような高速出力と作業効率化により、短期間での納品を求める印刷業のニーズに応えます。

■ 本体幅を18%削減したコンパクトなフィニッシャーにより設置面積を削減
本体幅を約18%削減した“ステイプルフィニッシャー・AC1/中綴じフィニッシャー・AC1 ”(別売り)は、業界トップクラス(※4)のコンパクトな設置面積でありながら、最大積載枚数3,500枚(80g/m2基準)を実現しています。


[表: (リンク ») ]



※1 “imagePRESS C660CA”はデザイン市場向けの製品。CAはCreative Artsの略。
※2 「手差し給紙ユニット・C1」「手差し補助トレイ・D1」「長尺用トレイ・B1」(いずれも別売り)装着時。
※3 従来機種「imagePRESS C850/C750」(2016年10月発売)から毎分5枚(A4ヨコ)向上。
※4 A3プロダクションプリンター(A4ヨコ、毎分65-80枚クラス)のフィニッシャーにおいて。2019年5月13日現在。キヤノン調べ。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]