スパイスボックス、企業や商品ブランドのフォロワーを分析しユーザーの実態を把握する「Twitterフォロワー可視化サービス」をリリース。真のブランドファン拡大を支援。

株式会社スパイスボックス 2019年05月14日

From PR TIMES

フォロワーの実態を把握し、貢献度の高い施策を実施可能に

ソーシャルメディア上で認知、好意形成を行う「エンゲージメント・コミュニケーション」施策支援を行う株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、代表取締役社長 田村栄治)は、このたびオリジナル分析メソッドによりTwitterアカウントにおけるフォロワーの実態を分析する「Twitterフォロワー可視化サービス」をリリースいたしました。
本サービスにより、企業や商品ブランドがTwitterで行うキャンペーンに参加するユーザーの実態や、フォロワーの中にいるブランドファンの嗜好、興味などを把握することが可能となり、Twitterを通じて企業とそのファンを繋ぎビジネス貢献度の高いコミュニケーションを支援します。




■ 企業や商品ブランドのフォロワーを分析し、ユーザーの実態を把握

当社のオリジナル分析メソッドを活用し、複数の企業や商品ブランドのTwitterアカウントを調査したところ、各アカウントにおけるフォロワー全体の平均約60%が企業・商品ブランドのファンであるという実態を把握しました。
この分析メソッドを使い、フォロワーが企業や商品ブランドのファンであるか、キャンペーンやインセンティブが目当てのアカウントであるかを可視化することができ、さらに企業や商品ブランドのファンをトライブ化(※)することで、効果的なキャンペーンを実施しファンを拡大させることができます。
※トライブ化…特定の属性を持つ人を集めグルーピングすること
[画像1: (リンク ») ]



※キャンペーンゲッター…インセンティブやキャンペーン参加のみを目的としたアカウント


■「Twitterフォロワー可視化サービス」を通して実現できること
具体的な提供サービス例を2点、ご紹介します。


1:Twitterで行うキャンペーン活動を評価する指標として
企業や商品ブランドがTwitterで複数のキャンペーンを実施した場合、その結果を各キャンペーンに参加したユーザー数(アカウント数)のみで判断するのではなく、参加したユーザーの実態を分析し可視化することで、キャンペーン施策のより細かい評価や企画の改善へ繋げることが出来ます。


[画像2: (リンク ») ]

上記図は、ある企業や商品ブランドのアカウントが、複数のTwitterキャンペーンを行った場合の事例です。参加アカウント数が一番多かったのは「キャンペーンA」であることが分かりますが、ユーザーの実態を可視化することで、企業や商品ブランドのファンが最も多かったのは「キャンペーンB」であることが明確となります。


2:トライブ化によるファンの育成と拡大
可視化したTwitterフォロワーのうち、企業や商品ブランドのファンをさらにトライブ化することで、ファンの拡大やその周りに存在するファンになると考えられる潜在ユーザーを育成することができます。
可視化したTwitterフォロワーのうち、企業や商品ブランドのファンをさらにトライブ化することで、ファンの拡大やその周りに存在するファンになると考えられる潜在ユーザーを育成することができます。
[画像3: (リンク ») ]

図のように、可視化したファンであるユーザーを関連性や親和性の高いワードやアカウントから分類するトライブ化を行うことで、さらに企業や商品ブランドに対して「熱量の高いトライブ」や「拡散力のあるトライブ」などを把握することができます。

その他、企業や商品ブランドのファンになる見込みの高い人へアプローチするための施策設計や、AIを活用したTwitterのコミュニケーション支援、発信力や影響力のあるユーザーを発見するアンバサダー化プログラムの設計など、ファンとコミュニケーションを図るプラットフォームとして企業や商品ブランドのTwitterアカウント育成や、Twitterを活用した顧客やファンとのエンゲージメントを形成する施策を総合的に支援します。


【サービスの関するお問い合わせ先】
株式会社スパイスボックス
担当 : 田宮 賢太郎
Tel : 03-3583-5364
Mail : info@spicebox.co.jp

*********************************************

■株式会社スパイスボックスについて
企業やブランドへの好意、共感醸成を支援する、デジタル・コミュニケーション・カンパニー
2003年、日本初のデジタルエージェンシーとして創業。さまざまな企業のブランディング支援を幅広く手掛ける。ソーシャルメディア上で好意や共感を持って生活者に“語られる”広告コミュニケーション、「エンゲージメント・コミュニケーション」施策の設計、提供が強み。

【会社概要】
社名: 株式会社スパイスボックス
設立: 2003年12月15日
資本金: 2億7143万円
出資者: 株式会社博報堂、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 ほか
所在地: 東京都港区六本木1-4-5アークヒルズサウスタワー17階WeWork内
代表者: 田村 栄治
事業内容: デジタル領域のマーケティング・広告コミュニケーション事業
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]