セキドと新幹線教育グループ、中国人の人材獲得強化のための合弁会社設立の検討を開始

株式会社セキド 2019年05月16日

From PR TIMES

株式会社セキド(本社・東京都渋谷区、社長・関戸正実、証券コード:9878)と株式会社新幹線教育グループは、中国人の人材獲得強化の本格的事業化に向け、合弁会社の設立の検討を開始いたしました。今後、合弁会社の詳細について具体的に検討していきます。



[画像: (リンク ») ]


検討開始の経緯
 両社は5月7日、中国・瀋陽で記者会見を行い、中国人の人材獲得強化のための業務提携を発表いたしました。
 本件について両社で話し合いをし、中国人の人材獲得強化の本格的事業化を進めるために、合弁会社設立の検討を開始いたします。会社の設立時期や企業名等については、今後検討を重ねていきます。

株式会社新幹線教育グループとは
 新幹線教育グループは、新幹線外国語学校、21世紀佳益留学、遼寧政通対外労務経済提携有限会社、新幹線業会社と4つの事業を展開しています。日本、シンガポール、韓国、カナダ、ポーランド、ロシア等の国や地域と業務提携をしており、各地に事務所を設けています。

・所在地:遼寧省潘陽市沈河区
・法人代表:焦文生
・最高責任者:周彬
・設立:2004年3月
・資本金:600万人民元
・事業内容:人材仲介等

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]