【平成31年(令和元年)司法試験】短答式試験解答速報を5/27(月)から公開!

TAC株式会社 2019年05月17日

From PR TIMES

昨年の合格者が合格までの道のりを語る「【司法試験】H30合格者ブログ」を公開中!受験生必見!

資格の学校TACが、5/19(日)に実施される平成31年(令和元年)司法試験の短答式試験解答速報を、5/27(月)よりTACホームページで公開いたします。



司法試験対策講座を展開しているTAC株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:多田敏男)は、5/19(日)実施の「平成31年(令和元年)司法試験短答式試験」の解答速報を、5/27(月)12:00にホームページで公開いたします。

パソコン、スマートフォン、タブレットですぐにご確認いただけますので、下記URLを事前にブックマークして、5/27(月)12:00以降、ぜひご確認ください。

▼TAC解答速報はこちら
(リンク »)
※解答速報はTAC(株)が独自の見解に基づき、サービスとして情報を提供するもので、試験機関による本試験の結果等(合格基準点・合否)について保証するものではございません。

----------
昨年の合格者が合格までの道のりを語る「【司法試験】H30合格者ブログ」を公開中!受験生必見!
----------

平成30年司法試験における合格者が自身の受験生時代を振り返り、合格に至るまでの道のりを語りつくします!科目ごとの学習法・使用教材や模試の活用方法など、受験生必見の情報が盛り沢山です!!

▼「【司法試験】H30合格者ブログ」はこちら
(リンク »)

■基礎知識をもう一度コンパクトに総ざらいしたい方はコチラ!上原広嗣講師「超速逐条基礎講義」
[画像: (リンク ») ]


早稲田経営出版の人気シリーズ「逐条テキスト」をメインテキストして使用し、司法試験・予備試験の合格ラインを確実に超える知識をマスターする、というコンセプトのもと、短答式試験でしか出題されない細かい知識(短答プロパー知識)を大胆に省き、約220時間という短い時間で短答・論文試験合格に必要な基礎知識を網羅します。

▼「超速逐条基礎講義」についてはこちら
(リンク »)

■担当講師 上原広嗣講師について~

2006年司法試験合格。
早稲田大学政治経済学部卒。慶應義塾大学法科大学院修了。
弁護士法人九十九里代表弁護士。
かつてWセミナーで基礎講座を担当し、分かりやすい講義で多くの合格者を輩出した。実務では、司法過疎地域において活動。主な取扱分野は、交通事故、相続、離婚、刑事事件。

■TAC株式会社概要
会社名:TAC株式会社
会社サイト: (リンク »)
代表者:代表取締役社長 多田敏男
資本金:9億4,020万円
所在地:東京都千代田区神田三崎町三丁目2番18号

■お問い合わせ先
TAC司法試験講座事務局 shihoushiken@tac-school.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]