BBSec、次世代型エンドポイントセキュリティ製品の運用サービスでNTTテクノクロスと協業

株式会社ブロードバンドセキュリティ 2019年05月21日

From PR TIMES

従来型アンチウイルス製品では検知が困難な攻撃を、24時間体制で運用

株式会社ブロードバンドセキュリティ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:持塚 朗、以下BBSec)は、NTTテクノクロス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:串間 和彦、以下NTTテクノクロス)と提携し、従来型アンチウイルス製品では検知が困難な、ファイルレス攻撃等の増加を背景とする顧客ニーズに応えるため、次世代型エンドポイントセキュリティとしてNTTテクノクロスの提供する「TrustShelter/EPP」の顧客に対して、24時間/365日体制での運用サービスを提供することで合意いたしました。



NTTテクノクロスが提供する「TrustShelter/EPP」は、従来型アンチウイルス、未知のウイルスへの対応が可能な次世代型アンチウイルス、EDR※の機能を1つのエージェントとして実装している製品であり、NTTテクノクロスは初期設定支援サービス、設定変更支援サービス、アラート発生時対応支援サービス等を提供しています。今回、BBSecのSOC(Security Operation Center)からの24時間/365日体制での運用サービス「EDR-MSS」が加わることにより、より広範な顧客ニーズに応えることが可能となります。


<サービスイメージ>
[画像: (リンク ») ]

※EDR:Endpoint Detection and Response

BBSecは今後も顧客に寄り添う姿勢で、より広い顧客ニーズに応えるべく、サービスの幅を広げてまいります。


本プレスリリース記載の社名、製品名、サービス名などは、各社の商標または登録商標です。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]