旅客輸送のBCP対応にアプリを活用~西菱電機、大阪空港交通株式会社にトランシーバーアプリを提供~

西菱電機株式会社 2019年05月22日

From PR TIMES

西菱電機株式会社(本社事務所:大阪府大阪市、代表取締役社長:西井希伊、以下「西菱電機」)は、大阪空港交通株式会社(本社:大阪府豊中市、代表取締役社長:大熊淸司、以下「大阪空港交通」)に、トランシーバーアプリ「Transceiver」の提供を開始いたしました。大阪空港交通が運行するリムジンバスの運行管理者と現場案内係との間の連絡の迅速化、災害時でも繋がりやすい連絡手段としての利用が期待されています。



[画像: (リンク ») ]

■大阪空港交通が「Transceiver」アプリを採用した背景と目的
関⻄主要ターミナルと大阪国際空港及び関⻄国際空港を結ぶ、空港リムジンバスを運行する大阪空港交通は、これまで、運行管理者と現場案内係との連絡に電話を利用しており、各案内係へ個別に連絡をとるのに時間を要しておりました。また、2018年6月18日に発生した大阪府北部地震や、その後の台風の際に電話が使えないことがあり、連絡手段の見直しを検討しておりました。
「Transceiver」アプリの導入後、運行管理者から現場案内係への連絡の際には、「一斉通話」や「グループ通話」機能を利用することで、素早い伝達が可能になりました。また、パケット通信を利用しているため、地震や台風などの災害時でも繋がりやすい連絡手段として、BCP対策としての利用にも期待されています。

■大阪空港交通株式会社
「大阪国際空港(伊丹空港)」と「関西国際空港」の2つの空港と関西各地を結ぶルートでリムジンバスを運行しています。昭和38年の設立以来、お客様に信頼される「安全」で「安心」なリムジンバスを目指し、お客様の旅のおもてなしと、輸送の安全性の向上に取り組んでおります。

■西菱電機株式会社
IoTサービスを中心とする「IoT事業」、携帯情報通信端末の販売及び修理再生などを手がける「情報通信端末事業」、情報通信機器及びシステムの開発、販売、保守、運用を手がける「情報通信システム事業」を展開する ICT ソリューション企業です。
「IoT事業」では、業務効率化・生産性向上のためのプラットフォーム「Seiryo Business Platform(SBP)」を提供しています。例えば、産業機械の稼働状況の可視化、圃場の環境の可視化、社内の屋内環境の可視化などのIoTサービスや、業務報告ツール「Check-in(チェックイン)」、IPトランシーバーアプリ「Transceiver(トランシーバー)」、インカムアプリ「Incom+(インカムプラス)」などのコミュニケーションサービスが、プラットフォーム上でご利用いただけます。

■「Transceiver(トランシーバー)」アプリとは
スマートフォンで利用できるトランシーバーアプリケーションです。作業中や業務中でも、必要なメンバーとすぐに音声で情報伝達ができるのが特長です。運送・タクシー・バス・工場・建設・警備など、音声ですぐに情報伝達が必要な業務に適しています。
※IoT・クラウドサービスのオンラインストア「Seiryo Marketplace」から、トライアルの申込みができます。( (リンク ») )

■「Seiryo Marketplace」とは
Seiryo Business Platformに関連する製品やサービスを、オンライン上で購入できます。導入事例、カタログなどSeiryo Business Platformに関する情報がいつでも入手できるほか、今後は、開発者ブログやホワイトペーパーの掲載など、IoTや業務効率化に関する役立つ情報を発信していきます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]