編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

内部対策製品 TiFRONTクラウドセキュリティスイッチ 新PoEモデルを発売!

株式会社パイオリンク

From: PR TIMES

2019-05-23 05:40

エッジスイッチに最適な、ファンレス静音タイプのPoEモデル

株式会社パイオリンク(本社:韓国、代表 Young C. Cho(チョ・ヨンチョル)、以下パイオリンク)は、L2スイッチにセキュリティ機能を搭載した、TiFRONT(ティーフロント) クラウドシリーズ CS2412GPモデル の後継機として、新しく 『CS 2710GPモデル』 を発売致します。シンプルなポート数の特徴を生かしたエッジスイッチに最適な同モデルは、オフィス環境を考慮した静音・小スペース型のPoEモデルです。



L2スイッチ機能を持ちながら、端末に近い位置で、攻撃性のある通信のみを検知・遮断するTiFRONTセキュリティスイッチ。

新発売の 『CS2710GP』は、10ポートタイプの特徴を生かしたエッジスイッチなどのオフィスネットワークに最適なサイズです。新機能として、『CS2710GP』 では、ファンレス化による静音性を向上、旧モデルよりも小型化・軽量化を実現し、設置場所を選ばないPoEモデルとしてネットワーク内に最適なセキュリティ環境をご提供致します。

TiFRONTを管理するソフトのTiController(ティーコントローラー)は、CentOS 版に加え、Windows版をご用意。

また、TiFRONTシリーズは、OSが選択可能な自社管理向けパッケージ版の他に、管理者不在のための、クラウド運用サービスをご提供するサービス版もご提供中です。


発売時期
●発売 2019年5月下旬
●価格 オープン価格


TiFRONTセキュリティスイッチ
(リンク »)


パイオリンクについて
パイオリンクは、クラウドデータセンターの最適化ソリューションを開発する専門企業です。
データセンターの輻輳するトラフィック、クラウド、ビッグデータの急激な変化及びダイナミックなネットワークのインフラに対してサービスの可用性、性能、セキュリティ、マネジメントを最適化してまいります。
増加するモバイル機器とスマートワーク環境において企業のサーバ集中化、仮想化環境での顧客データ及び企業の機密データを、当社製品を通じて保護することに努め、お客様の満足度と信頼度を高めてまいります。


株式会社パイオリンク 日本支社
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-8-8 カールツァイス新宿別館3F
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]