編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

高知さんさんテレビ様がAIアナウンサー「荒木ゆい」を番組アナウンサーとして採用

ソニービジネスソリューション株式会社

From: PR TIMES

2019-05-27 14:30

~AIを活用した効率的な番組制作で、放送現場の働き方改革をサポート~

ソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:宮島和雄、以下、ソニービジネスソリューション)は、高知さんさんテレビ株式会社様(本社:高知県高知市、代表取締役:渡辺陽、以下、高知さんさんテレビ様)に、AIアナウンサー「荒木ゆい」ボイス・プラットフォームサービス(以下、「荒木ゆい」)を提供しました。今回提供したサービスは、ニュースやゴールデンタイムの番組中で放送される「イベントガイド」で活用され、5月26日(日)から放送を開始しています。



プレスリリースページ
(リンク »)

「荒木ゆい」は、株式会社Spectee(本社:東京都新宿区、代表取締役:村上建治郎)が開発した音声読み上げサービスです。文章を音声で読み上げる「Text to Speech」技術にディープラーニング(深層学習)を取り入れることで、より人間に近い滑らかな発音での音声読み上げを実現しています。また、読み上げたい内容をパソコンでテキスト入力するだけで音声データが生成されるため、特別な機材やスキルなしで、音声読み上げサービスを活用できます。

高知さんさんテレビ様では、放送現場の働き方改革および外部委託の内製化を目指して、本サービスを採用されました。これまでの番組制作では、ニューススタジオでアナウンサーなどが読み上げる音声を録音する必要があり、人員の確保やスタジオスケジュールの調整が課題となっていました。
今回、「荒木ゆい」を採用することで、原稿をPCに文字入力するだけでアナウンス音声を準備することができるようになり、スタジオの空きやアナウンサーの拘束時間を気にすることなく、効率的な番組制作が可能となました。音声収録に携わる社員等の拘束時間を削減するとともに、社員に支給されているPCでアナウンス音声が作成できることで、より効率的な業務分担も実現しています。
高知さんさんテレビ様では今後、「荒木ゆい」を「イベントガイド」以外の番組で利用することに加え、放送以外のイベントやウェブサイトでも活用することで、より効率的な働き方を推進される予定です。

放送コンテンツの多様化や高度化が進む中、放送業界においても働き方改革を推進する動きが高まっています。ソニービジネスソリューションでは、今後も、「荒木ゆい」のほか、AIを活用したSNSリアルタイム速報サービス「Spectee(スペクティ)」や「スマート情報カメラ」など、放送現場を支援するサービスの提供を通じて、放送業界に貢献していきます。


■関連リンク:
ソニー製品サイト
(リンク »)
ソニービジネスソリューション 業種別ソリューション 放送
(リンク »)

【本件に対するお客さまからのお問い合わせ先】
ソニービジネスソリューション株式会社 業務用商品購入相談窓口
0120-580-730(フリーダイヤル)
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]