令和元年のお盆は最大9連休!10月の増税前で海外人気?!夏休みの旅行を徹底調査「夏旅アンケート」公開

株式会社ベンチャーリパブリック 2019年05月29日

From PR TIMES

株式会社ベンチャーリパブリック(本社:東京都港区 代表取締役社長:柴田啓)は、LINE株式会社と共同運営する国内最大級の総合旅行情報メディア「LINEトラベルjp(Web版)」において、令和元年の夏休み旅行事情を徹底調査し、この夏の旅のランキングとトレンドを紹介する特集ページ( (リンク ») )を公開しました。



[画像1: (リンク ») ]



一般的にお盆は8月13日(迎え火=盆の入り)から16日(送り火=盆明け)までの4日間が基本です。2016年から祝日として「山の日」が加わりましたが、今年の山の日は8月11日(日)、翌12日(月)は振替休日となります。さらにはお盆明けの17、18日の土日を重ねるとお盆休みは有給休暇を取得せずとも最大で9連休。国内旅行が半数を占めましたが、10月の増税に先駆けて、海外旅行を計画している人が多いところも見逃せない結果となりました。

LINEトラベルjpでは夏旅アンケートとともに、「夏休み旅行特集」も展開しており、花火大会やお祭りなどのイベント情報や、海や山のアクティビティーなど夏ならではのテーマ別に夏の旅行計画をご紹介しています。

▶夏休み特集ページ(国内): (リンク »)
▶夏休み特集ページ(海外): (リンク »)


[画像2: (リンク ») ]


【調査について】
目的:旅行に興味を持つLINEトラベルjpのユーザーが今夏の旅行についてどのように計画しているか、その消費動向と影響・実態を把握する。
期間:2019年4月11日(木)~5月13日(月)
方法:インターネット調査。LINEトラベルjpのサイト上にアンケートページを設置。
対象:LINEトラベルjpユーザー。有効回答数2,324名
※内訳の比率は、数値を四捨五入しているため合計が100%にならない場合があります

[画像3: (リンク ») ]



[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]


[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]

[画像9: (リンク ») ]

その他のアンケート回答として、今年の夏に行ってみたいイベントして人気を集めたのは花火でした。夏の風物詩といえばやっぱり花火。毎年、夏には大曲の花火(8/31)、長岡の花火(8/2~3)など大規模な花火大会が開催されることから関心を集めたようです。また、青森ねぶた祭(8/2~7)や仙台七夕まつり(8/6~8)といった日本の夏を代表するお祭りを挙げる人も多かったです。

今年の夏に体験したいアクティビティで人気を集めたのはキャンプ。コテージやテントなどの宿泊施設にも注目が集まり、特に子連れ旅行で検討している方が多いという傾向にありました。


【データの利用について】
・当ランキングの内容及び結果に関する著作権は、当社に帰属いたします。
・当ランキングを掲載する際は、必ず弊社広報までご連絡頂き、下記クレジットを明示くださいますようお願いいたします。
(例)旅行比較サイト「LINEトラベルjp」調べ /「LINEトラベルjp」が発表した2019年夏旅アンケートによると~
・当ランキングの第三者への有償提供及び無断での複写・複製・転載・要約・改変等を禁止いたします。
・当ランキングは情報の提供を目的としており、データの正確性・確実性・信頼性及び有効性等について、保証するものではありません。
・利用者は、自己の責任において当ランキングを利用するものとし、当社は、当ランキングの利用に関して一切の責任を負いません。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]