改正健康増進法に対応した「喫煙ブース」 新ラインアップ追加

アイリスオーヤマ株式会社 2019年05月29日

From PR TIMES

 アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は改正健康増進法に対応するため、短い工期で施工でき設置場所に応じて専用室の大きさを変更できる喫煙ブースを6月より発売します。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


 当社は、2010年より法人向けLED照明事業に参入し、新商品開発力とメーカーベンダー(製造業と卸業の融合形態)による広範囲の販売ネットワークを活用して国内シェアを拡大しています。さらに高効率という付加価値を追求したLED照明を市場に投入することで、商業施設やオフィス、工場、公共施設など新たな販路を開拓しています。昨年からは、LED照明を通じて開拓した建築現場に対する建築内装資材の製造・販売など、事業領域も積極的に拡大にしています。

 そうした中で2018年7月に一部改正され、2020年4月1日から全面施行となる「改正健康増進法」により、飲食店やオフィス、遊技場などの施設ごとに受動喫煙を防止する対策が必要となり、喫煙専用室の増設や新設に対する需要が急速に拡大しています。

 こうしたニーズや課題に対応するため、今回発売する「喫煙ブース」は内装工事が不要なユニット式を採用し、大掛かりな工事が不要で、最短半日(※1)で施工できます。さらにパネルの組合せで専用室の大きさを変更し、場所や人数に合わせて設置できます。また、パネル透明部が強化ガラス製の不燃タイプと樹脂製の難燃タイプの2種類があり、設置環境に応じて選択することが可能です。

※1: 3~4人用ブースを3名で作業した場合。当社調べ。


■商品特長
1. 設置場所に合わせてスピーディーに設置が可能

[画像3: (リンク ») ]


 内装工事が不要なユニット式を採用し、大掛かりな工事が不要で、最短半日(※1)で施工できます。さらにパネルの組合せで専用室の大きさを変更し、場所や人数に合わせて設置できます。また、パネル透明部が強化ガラス製の不燃タイプと樹脂製の難燃タイプの2種類があり、設置環境に応じて選択することが可能です。


[画像4: (リンク ») ]


2. メンテナンスし易い素材を使用
 汚れが目立ちにくく、タバコヤニがしみこみづらいアルミ素材を使用しています。
[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]



■商品仕様

[画像7: (リンク ») ]



※部材の仕様は、品質向上のため予告なく変更する場合がございます。


■厚生労働省「受動喫煙対策」より抜粋
[画像8: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アイリスオーヤマ株式会社の関連情報

アイリスオーヤマ株式会社

アイリスオーヤマ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]