ダイソー×フリュー『ガールズトレンド研究所』コラボレーション“MAGICAL SUMMER Series”を7月中旬より発売決定!

フリュー株式会社 2019年05月31日

From PR TIMES

累計販売総数3,800万個突破の“安くてかわいい”大人気シリーズ!サンダルやドリンクボトルなどを、オーロラやラメ、クリア素材で夏仕様にデザイン

 株式会社大創産業(本社:広島県東広島市、代表取締役社長:矢野靖二、以下 ダイソー)と、フリュー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:三嶋隆、以下 フリュー)内プロジェクト『ガールズトレンド研究所』(所長:稲垣涼子)は、ダイソー×フリュー『ガールズトレンド研究所』コラボレーションの新商品として、“MAGICAL SUMMER series(マジカルサマーシリーズ)”を7月中旬より全国の「ダイソー」にて発売いたします。



[画像1: (リンク ») ]


 本コラボレーション(以下 コラボ)は2016年より開始し、2019年3月には累計販売総数が約3,800万個を突破。一部商品が売り切れる店舗も続出するなど、“安くてかわいい”と女子高生を中心に幅広い層の女性から注目を集めて続けております。
 今回は「MAGICAL SUMMER」をテーマとしており、オーロラやラメ、クリア素材を使った夏らしいデザインが特徴です。シャワーサンダルやトラベルセット、ドリンクボトル、スマートフォンケースなど、お出かけから日常まであらゆる夏のシーンを楽しくかわいく演出します。なお、商品の全ラインナップは後日公開いたします。


[画像2: (リンク ») ]

<株式会社大創産業について>
1977年12月に設立し、日本全国に3,278店舗、海外26の国・地域に1,992店舗の「ダイソー」を展開(2018年3月現在)。現在、取り扱い商品数が約7万点、新商品も毎月800種類を超え圧倒的な品揃えと、品質・機能・デザインにこだわった商品で暮らしに驚きと楽しさを提供。


[画像3: (リンク ») ]

<フリュー株式会社について>
2007年4月にオムロングループからMBOによって独立。これまでプリントシール、キャラクター・マーチャンダイジング、コンテンツ・メディア、ゲーム/アニメと、様々なエンタテインメント事業を展開。2015年12月に東証一部へ株式を上場。
[画像4: (リンク ») ]


◆『ガールズトレンド研究所』とは
プリントシール機市場トップシェア(2018年夏 自社調べ)のフリューによるプロジェクト。「ありそうで、なかった“かわいい”で、すべてのGIRLSにSURPRISEとHAPPYを(ハート)」をコンセプトに、リサーチ・企画からプロモーションまで総合的に“かわいい”をプロデュースしている。ダイソーやカメラのキタムラとの取り組みなどを行っている。


※本リリースに記載の内容は予告なく変更になる場合がございます。
※『ガールズトレンド研究所』および『ガールズトレンド研究所』ロゴは、フリュー株式会社の商標または登録商標です。
※その他会社名、製品名、サービス名等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]