編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

~限定メイクアップコンパクトや初のフレグランスも~『ADDICTION』 ブランド誕生10周年     

株式会社コーセー

From: PR TIMES

2019-06-03 19:40



株式会社コーセー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 一俊)は、メイクアップアーティストブランド『アディクション』から、デビュー10周年を記念した新製品と限定品を発売します。2019年7月15日より、ブランド初となるフレグランス「オードアディクション」(1品目1品種、税抜8,000円)、2019年7月26日より豊富な色展開のメイクアップパレット「コンパクト 10 リミテッドエディション アイコンシャス アディクション」など10種のコンパクトとブラシセット「マイ プライベート ジェット ブラシセット」(11品目11品種、税抜9,000円~18,000円)を全国の百貨店と化粧品専門店および公式オンラインショップで販売します。

           
[画像1: (リンク ») ]

今回発売する製品のうち、メインアイテムの「コンパクト 10 リミテッドエディション アイコンシャス アディクション」は、メイクアップに必要なアイテムが揃ったオールインワンのパレットです。10周年を記念し、ブランドを代表する「ザ アイシャドウ」をはじめ、ベストコスメ受賞アイテムや、人気カラーの復刻まで、これまでのアディクションの集大成をコンパクトに詰め込みました。1つでメイクアップが完成するオールインワンコンパクト3種、ベースメイクアップ用コンパクト3種、アーティストブランドならではの色揃えのリップ・チーク・コンシーラーに特化したコンパクト3種、ユニセックス仕様のコンパクト1種の計10種類を取り揃えました。豊富なカラーバリエーションと絶妙な色の組み合わせで、幅広いお客さまの好みにきめ細かく応えます。また、今回限りの限定新色も加わった、10周年ならではの特別感と実用性のあるアイテムです。

また2019年7月15日には、ブランド初となるフレグランス「オードアディクション」を新発売します。男女問わず使えるシトラスフローラルウッディの香りです。

『アディクション』は、2009年にデビューし、世界中を旅する視点でこれまでになかった質感や色で洗練されたメイクアップを体現してきました。メイクアップアーティストブランドならではのグローバルなアイテム提案で、一人ひとりの個性を活かしたメイクアップを提案し続けています。

現在は、日本のみならず、韓国・香港・台湾で展開をしています。コーセーの重点グローバルブランドの1つとして、更なるグローバル化を加速していきます。今後もこれまでにないモノづくりに挑戦し続け、その人自身の個性を引き出すアイテムを提案していきます。


『ADDICTION』 について
『アディクション』は、年齢を問わず自分らしいスタイルを求めるすべての女性たちに向けたメイクアップブランドです。世界的メイクアップアーティストがクリエイティブディレクターをつとめ、コーセーがプロデュースしています。「MY OWN STYLE, MY OWN BEAUTY」をブランドフィロソフィーに掲げ、自分だけのビューティと自分らしいスタイルを見つけることを提案しています。そこにいるだけで存在感の光る人。そんな女性像をADDICTIONはめざします。

アディクション公式サイト   
: (リンク »)
公式オンラインショップ  
: (リンク »)


2019年7月26日発売
アディクション 限定品
(11品目11品種)

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]


2019年7月15日発売
アディクション 新製品
(1品目1品種)


[画像4: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社コーセーの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]