赤外線カメラを活用した路面点検車を導入します!

成田国際空港株式会社 2019年06月11日

From PR TIMES

~ 空港運用業務の生産性向上を推進 ~




 成田国際空港株式会社はグループ会社であるエアポートメンテナンスサービス株式会社と協力し、中長期経営構想に掲げるスマートオペレーションの取組みとして、 2019年7月より、成田空港の滑走路・誘導路への点検業務に 【赤外線路面点検車】 を導入します。
 赤外線カメラを搭載した本点検車は、舗装の温度差を測定することで、従来目視では確認できなかったアスファルト舗装内部の変状を可視化することが可能となります。その結果、安定的な点検作業が可能となり、かつ目視に比べ4倍の速度で点検ができるようになります。
 成田国際空港では、さらなる空港の安全・安定運用をめざし、高度化、効率化を含めた空港運用業務における生産性向上に取り組んでいきます。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]



[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

成田国際空港株式会社の関連情報

成田国際空港株式会社

成田国際空港株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]