6月12日に発表された、令和元年の二級建築士設計製図試験の課題について、TACの分析をいち早く公開!

TAC株式会社 2019年06月12日

From PR TIMES

資格の学校TAC 建築士講座

6月12日、令和元年の二級建築士設計製図試験の課題が発表されました。この課題に対し、資格取得に向けた教育サービスを展開しているTAC株式会社 (東京都千代田区、代表取締役社長:多田 敏男) では、課題から読み取る分析をいち早く速報としてお伝えしています。



[画像1: (リンク ») ]

--------------------------------------------------------------------------
■令和元年 二級建築士試験「設計製図の試験」の発表課題
「夫婦で営む建築設計事務所を併設した住宅(木造2階建て)」
--------------------------------------------------------------------------
◆要求図書
1階平面図兼配置図[縮尺1/100]
2階平面図[縮尺1/100]
2階床伏図兼1階小屋伏図[縮尺1/100]
立面図[縮尺1/100]
断面図[縮尺1/100]
部分詳細図(断面)[縮尺1/20]
面積表
計画の要点等
(注)答案用紙には、1目盛が4.55ミリメートル(部分詳細図(断面)については10ミリメートル)の方眼が与えられている。

◆注意事項
試験問題を十分に読んだうえで、「設計製図の試験」に臨むようにしてください。
なお、解答内容が、設計条件を充たしていない場合や要求図書に対して不十分な場合には、「設計条件・要求図書に対する重大な不適合」と判断されます。

※公益財団法人建築技術教育普及センターより( (リンク ») )

--------------------------------------------------------------------------
■課題の分析■
--------------------------------------------------------------------------
1.「木造2階建て」について
TACで想定していた通り、今年は「木造2階建て」の課題となりました。
木造についての設計製図は、今年学科から初受験する受験生も、昨年RC造課題を経験した2度目の受験生も共に始めてなのでスタートラインは一緒です。
本試験までたった3ヶ月間という短期間でRC造の計画とは異なる、木造の構造や作図表現などを身に付けねばなりません。時間は限られているので、効率良く実力を付けることが重要です。

2.建築設計事務所を併設
いわゆる「店舗併用住宅」の課題と言えます。木造の店舗併用住宅の課題については、これまで過去にもレストラン、喫茶店、工房のある工芸品店、英会話教室など、たくさんの用途が出題されています。今年度の類似課題としては、ずいぶん昔ですが、昭和63年度「インテリア設計事務所併用住宅」があります。今年が令和元年ですから、平成をまたいで久しぶりの設計事務所の課題です。
当時は、事務所の所長席や、所員用の製図台3台、カタログ等の収納棚、クライアントとの打合せ用の応接コーナーなどの記入が要求されましたが、今の時代、設計はPCを使ってCADで行うことが主流ですから、要求事項もおそらく変わるでしょう。

また店舗併用住宅では、住宅と店舗の管理区分を考慮した、適切なゾーニングや動線計画が計画のキモとなります。

以降の課題分析詳細につきましては、TAC建築士講座のページおよび建築士講師室ブログをご覧ください。
(リンク »)
(リンク »)


あわせて、下記の日時にてより詳細な「二級建築士設計製図試験 課題の概要説明会」をTAC校舎にて実施いたします。


--------------------------------------------------------------------------
設計製図試験「課題の概要説明会」(参加無料・予約不要)
--------------------------------------------------------------------------
設計製図の当年度課題の概要の説明ならびに学習を安心して始めるための特別返金制度についてご説明します。

日時・会場
7/10(水)19:00~ 新宿校・名古屋校
7/13(土)11:00~ 八重洲校・横浜校
7/14(日)11:00~ 池袋校
7/14(日)14:00~ 渋谷校・梅田校

詳細は下記をご参照ください。
(リンク »)
[画像2: (リンク ») ]


▼資格の学校TAC 建築士講座について
資格の学校TAC 建築士講座では、高額な受講料が必要と認識されていた建築士受験業界の常識を打ち破り、学習しやすい講座を開設しています。また、教育の品質においては、国際標準である ISO29990の認証を取得しています。

TAC 建築士講座の詳細
(リンク »)


《会社概要》
会社名:TAC株式会社
代表者:代表取締役社長 多田敏男
設 立:1980年12月
事業内容:個人教育事業、法人研修事業、出版事業、人材事業
本 社:〒101-8383 東京都千代田区神田三崎町3-2-18
電話番号:03-5276-8911(代表)
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]