生物多様性保全活動「キヤノンバードブランチプロジェクト」 参加事業所・グループ拠点を18カ所まで拡大!

キヤノン株式会社 2019年06月13日

From PR TIMES

6月は環境月間。環境と自分との関係について考える良い機会です。今回はキヤノンの生物多様性(地球上のたくさんの生きものがつながり合って暮らしていること)保全の取り組みである「キヤノンバードブランチプロジェクト」の最新情報をご紹介します。



[画像1: (リンク ») ]



■「キヤノンバードブランチプロジェクト」とは?
鳥は植物、虫、小動物など、地域の生態系ピラミッドの上位に位置する「生命の循環」のシンボル。「キヤノンバードブランチプロジェクト」は、世界中のキヤノングループ事業所において「鳥」をテーマとしたさまざまな活動を実施し、「生命の循環」について皆さまと考えるプロジェクトです。キヤノンの事業所内では巣箱やバードバスの整備、野鳥調査・観察を行っています。また、野鳥写真図鑑や野鳥の撮り方解説、野鳥に関するコラムなどWEBサイトを通じた情報発信も行っています。2019年には新たに3拠点が本プロジェクトに参加し、2015年のプロジェクト開始以来、本プロジェクトへの参加事業所・グループ拠点は18カ所まで広がりました。

◆キヤノンバードブランチプロジェクト: (リンク »)

■「キヤノンバードブランチプロジェクト」各拠点の最新情報!
<キヤノン 宇都宮事業所>
今年から野鳥調査を始めた宇都宮事業所。敷地内にはさまざまな植物が生い茂り、野鳥が住む貴重な場所になっています。栃木県で準絶滅危惧種に指定されている「ケリ」の繁殖も確認されました。
[画像2: (リンク ») ]


<キヤノンメディカルシステムズ>
広大な敷地は東京ドーム7.5個分。2011年から敷地内と周辺の生物調査に取り組んでいます。今年は栃木県で準絶滅危惧種に指定されている「サンショウクイ」や、抱卵中の「オオタカ」が確認されました!社員とその家族で、鳥が好きな実をつける苗木の植樹も行っています。
[画像3: (リンク ») ]



■キヤノン下丸子本社のカルガモの親子、今年は…?
下丸子本社は、東京都大田区の住宅街に囲まれた立地でありながら、10万平方メートル を超える敷地に広大な緑地が広がっています。174種類もの木々が茂る「下丸子の森」では、ツバメやシジュウカラ、ハヤブサなどの野鳥の姿を見かけます。2008年からは、カルガモが飛来してくるようになり、社員も毎年かわいいひなの姿が見られるのを楽しみにしています。今年も5月にひなが生まれ、構内の池をすみかに今まさに子育て真っ最中です!

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]