ネットワークオーディオシステム『WS-A70』の高音質な音楽を楽しみながら宿泊する「青梅時間・宿」がオープン

ティアック株式会社 2019年06月14日

From PR TIMES

ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英裕治)は、2019年6月18日(火)株式会社CHINTAI(本社:東京都港区、代表取締役社長:上平尚芳)が東京都青梅市にオープンする「青梅時間・宿」にハイレゾ対応ネットワークオーディオシステム『WS-A70』を納入しました。



[画像1: (リンク ») ]

「青梅時間・宿」は高音質な音楽を楽しみながら宿泊することができる新しいコンセプトの民泊施設で、東京都青梅市などが出資し、地域活性化を担う、株式会社まちつくり青梅(本社:東京都青梅市、代表取締役:野嵜弘)と株式会社CHINTAIの共同運営事業になります。

青梅駅から徒歩3分、以前は、歯科医院の診察室兼住居として利用されていた地上三階建ての複合施設を民泊カフェに改装し、1階はカフェに隣接された住宅スペース、2階はまちつくり青梅のオフィスと住宅スペース、3階はシェアオフィスとして運営され、施設内のデザインは、和モダンを意識した内装となっています。

[画像2: (リンク ») ]

『WS-A70』は和モダンの空間にも違和感なく溶け込む、「木」と「布」をテーマに伝統とテクノロジーが融合した次世代オーディオシステムです。「青梅時間・宿」ではCDを超えるハイレゾ再生にも対応した『WS-A70』の奏でる高音質な音楽をお楽しみいただけます。

また、オープンに伴い、施設内カフェにて地域の皆様と交流を目的としたオープニングレセプションが開催されます。


[画像3: (リンク ») ]


「青梅時間」について
東京の最西端エリア・青梅。古くは石灰石や材木の産地として栄え、豊穣祈願で知られる神主の天空集落のある御岳山への参拝や、甲州街道の裏道としての歴史を持つ街。そんな青梅の地元の人しか知らない「自然・食・時間」が少しずつ青梅を訪れる人にシェアされるように、ひっそりとした贅沢な時間を多くの人にプレゼントするプロジェクトが「青梅時間」です。

青梅を楽しむための場所として「BOOK・CAFÉ・MANAGEMENT・STAY・PLAY」をキーワードにしたマルチな場所を提供し、青梅に現在進行形で生き・楽しんでいる人、これから青梅を知る人、むかし青梅に住んでいたことのある人、そんな偶然が行き交い、出会いが生まれる場を目指した活動を行っています。

「青梅時間」は、株式会社まちつくり青梅が企画しています。

【「青梅時間・宿」データ】
名称:青梅時間・宿
住所:東京都青梅市本町160-18
TEL:03-5771-4659
予約サイト: (リンク »)
宿泊人数: 最大8名・貸切

【関連イベント】
オープニングイベント
日時:2019年6月18日(火)11:00~12:30 (12:30~17:00まで引き続き内覧会を実施)
場所:住所:東京都青梅市本町160-18

※「青梅時間・宿」の施設、およびオープニングイベントに関するお問い合わせはこちらまで。
  株式会社CHINTAI 民泊事業室
  TEL: 03-5771-4659 (平日10:00~18:00)
  メールアドレス: stay@chintai.co.jp

【製品情報】
ティアック 『WS-A70』  (リンク »)

※使用される製品は都合により予告なく変更される場合がございます。ご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]