編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

バラクーダネットワークス、The Forrester Wave(TM): Enterprise Email Security, Q2 2019のリーダーに

バラクーダネットワークスジャパン株式会社

From: PR TIMES

2019-06-17 20:46

クラウド対応のセキュリティソリューションをリードするプロバイダであるBarracuda Networks, Inc.(本社:米国カリフォルニア州キャンベル)の日本法人である、バラクーダネットワークスジャパン株式会社(東京都品川区、執行役員社長:大越大造、以下バラクーダネットワークス)はThe Forrester Wave(TM): Enterprise Email Security, Q2 2019のリーダーとして指名されたことを発表しました。現在の製品カテゴリ内では、クラウド統合、導入オプション、インシデント対応、およびサポート条件とカスタマサクセス条件が最大級の評価を受けました。バラクーダは、フィッシング攻撃とBEC(ビジネスメール詐欺)攻撃を防止するために、AI(人工知能)ベースの革新的なソリューションBarracuda Sentinelを提供していることで特に称賛されました。Barracuda Forensics and Incident Responseは、インシデントの調査、対応、および修復を自動化しており、この革新的なソリューションに基づいています。

攻撃者は、ソーシャルエンジニアリングを悪用して、従来のメールセキュリティソリューションをバイパスし、エンドユーザを操作して金銭を得るスピアフィッシング攻撃とアカウント乗っ取り攻撃を実行します。バラクーダ、メール保護担当シニアバイスプレジデント、Asaf Cidon: 弊社の革新的なテクノロジは、このような攻撃からお客様を保護します。弊社は、弊社がメールセキュリティのお客様をサポートし、お客様の信頼を獲得し、お客様がビジネスを保護するために役立つ新しい方法をどのように提供しているかが、このレポートによって、評価されていると確信しています。

このレポートには「顧客はバラクーダの革新、Office 365との統合、および顧客サポートを称賛しています」と記載されています。1

バラクーダ、社長/CEO(最高経営責任者)、BJ Jenkins: 弊社の使命は、お客様を全力で保護およびサポートすることです。弊社はメールセキュリティ領域の先駆者であり、弊社のこのレポートにおける位置付けはリーダーシップをさらに認識することであると考えています。

The Forrester Wave™ Enterprise Email Security, Q2 2019のダウンロードリンク: (リンク »)

バラクーダのメールセキュリティ製品の詳細:
(リンク »)

お客様の声
American Crane & Equipment、ITマネージャ、Denny Bono: 脅威状況は非常に急速に変化するため、アカウント乗っ取り、スピアフィッシングなどの進化する攻撃を常に防止することが課題です。わが社はバラクーダが、革新的なメールセキュリティアプローチによって、必要なセキュリティを実装するソリューションを提供していることを確信しています。バラクーダのOffice 365とのクラウド統合は、わが社にとって重要な機能であり、わが社のビジネス運営に適合するセキュリティレイヤを追加するために役立っています。

英国自閉症協会、ITネットワーク/セキュリティマネージャ、James Haggarty: 脅威状況は常に進化しており、バラクーダの革新的なエンタープライズメールセキュリティソリューションは、カスタマイズ可能であり、既存および今後のニーズを柔軟に満たします。バラクーダのOffice 365との強力なクラウド統合は、スピアフィッシング、アカウント乗っ取りなどの深刻な攻撃を防止する複数のメールセキュリティレイヤによって、数千人のユーザを保護するために役立っています。

Daikin Airconditioning India Private Limited(ダイキン、インド)、ITマネージャ、Naveen Verma: メールセキュリティは、わが社にとって優先度が高く、特にスピアフィッシング、アカウント乗っ取りなどの拡大する攻撃からビジネスを保護しています。わが社は、メール攻撃が進化するにつれて、このような問題に適切に対処する必要があり、バラクーダがこのような革新的なセキュリティソリューションを提供していることを確信しています。バラクーダのOffice 365との統合は、わが社が部門間の連携にセキュリティを導入するために役立つため、わが社にとって重要なコンポーネントです。

リソース
Barracuda Sentinelに関する情報:
データシート
AI(人工知能)によるリアルタイムのメール保護BEC(ビジネスメール詐欺)、スピアフィッシング、およびアカウント乗っ取りは現在の主要なメール攻撃です。従業員は、このような高度な標的型攻撃によって、非常に損失の大きい過失を犯します。Sentinelは、このような壊滅的な可能性のある攻撃を防止するために、AI、Microsoft Office 365との密接な統合、およびブランド保護を組み合わせた包括的なクラウドベースのソリューションです。
(リンク »)

Barracuda Sentinelのデータプライバシー
Barracuda Sentinelはスピアフィッシングとサイバー詐欺を防止するリアルタイムのAI(人工知能)ソリューションです。Barracuda Sentinelは、クラウドサービスとして提供され、Office365の公式のパブリックAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)を使用して、アカウント内のメールを検証します。
(リンク »)

Barracuda Forensics and Incident Responseに関する情報: (リンク »)
Barracuda PhishLineに関する情報: (リンク »)
ブログ: (リンク »)

1The Forrester Wave™:Enterprise Email Security, Q2 2019

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]