ブリッジ型プログラム式電子ミシン「NEXIO(ネクシオ) BAS-370H/375H」新発売

ブラザー工業株式会社 2019年06月18日

From PR TIMES

高速かつ卓越した模様精度を実現。多様な縫製物に対応した大型縫製エリア搭載のブリッジ型プログラム式電子ミシン

ブラザー工業株式会社(社長:佐々木一郎)は、ブリッジ型プログラム式電子ミシンの縫製エリアを拡大した新モデル「NEXIO BAS-370H」「NEXIO BAS-375H」を発売する。



[画像1: (リンク ») ]

※写真はNEXIO BAS-370H

[表1: (リンク ») ]


【ブリッジ型プログラム式電子ミシンとは】
従来のアームベッド型機構に代わり、厚物やカー用品などの縫製物に対応した大型縫製エリアを有するミシンである。コンパクトな本体サイズに広い縫製エリアを備えながら、高速縫製と高い模様精度を実現することで、「工場の自動化を推進したいが、大型設備の投入に懸念がある」「高速と高品質な縫製の両立が難しい」というお客様の課題を解決する。
[画像2: (リンク ») ]

【製品特長】
◆待望の大型縫製エリア登場で生産性大幅アップ
「NEXIO BAS-370H」「NEXIO BAS-375H」は、アパレルからエアバッグやシートカバーの模様縫いまで対応できる大型の縫製エリアを搭載。また、靴や鞄などの異なる縫製物を複数同時にセットすることが可能なため、クランプ*の交換による作業停止時間がなくなり、お客様の生産性の向上に貢献する。
*縫製物を押えるフレーム
[画像3: (リンク ») ]

◆速く、美しい世界トップクラスの生産性と品質
XとYの送り機構が独立駆動する、ブリッジ型を採用。大エリア縫製でも、高速(最大2,500sti/min)かつ優れた模様精度を実現し、従来のBASシリーズ同様の高い生産性と縫製品質を誇る。


◆頭部リフトアップ機能で、多様な生地を縫製可能
頭部が70mm上昇し、厚手の素材やクランプでもミシン頭部にあたる心配がないため、様々な生地の縫製を可能ににした。
[画像4: (リンク ») ]

◆新型のデジタルテンションで、太糸まで対応可能
素材にあわせた糸張力を調整する「デジタルテンション」の設定範囲が広くなりました。より太い糸や多用途に対応し、今まで難しかったエアバッグなどの極厚物の縫製が可能。
[画像5: (リンク ») ]


◆各種高性能装置を標準搭載
糸切れをより早く正確に認識し不良を低減する「上糸切れ検知センサー」や、高速縫製時の熱による糸切れを防止する「針冷却装置」、縫製作業を一切止めずに作業できるよう別体とした「下糸巻き装置」など、不良を低減しつつ生産性を向上する高性能装置を標準搭載。
[画像6: (リンク ») ]

【基本スペック】

[表2: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ブラザー工業株式会社の関連情報

ブラザー工業株式会社

ブラザー工業株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]