編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

「KDDI 5G SUMMIT 2019」に出展

データセクション株式会社

From: PR TIMES

2019-06-21 13:00

~大量データ流通時代に向けたAIソリューションをご紹介~

データセクション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長兼CEO:林 健人、以下「データセクション」)は、KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 高橋 誠 ※正しくは「はしご高」、以下「KDDI」)が2019年6月27日に開催する「KDDI 5G SUMMIT 2019」に出展し、データセクションが開発したAIプラットフォーム「MLFlow(エムエルフロー)」(※1)を活用した代表的なAIソリューション製品である「ドローントラフィックモニター / SOLAR CHECK(ソーラーチェック)」(※2)や「FollowUP(フォローアップ)」 (※3)などをご紹介致します。
データセクションはKDDIと共に5G / IoT時代にふさわしいAIソリューションの開発を進めており、「KDDI 5G SUMMIT 2019」への出展もその事業展開に沿って行うものです。
データセクションは今後もKDDIと協働で、先進的なビジネスソリューションの創出に取り組んでまいります。

(※1)AI開発を効率化するための機能を多数搭載したAI開発基盤
(※2)ドローン空撮動画像を解析することにより、太陽光発電施設の点検や交通量調査を行うサービス
(※3)小売店舗内カメラの画像解析による入店顧客分析サービス


1. KDDI 5G SUMMIT 2019とは
「KDDI 5G SUMMIT 2019」は、5G/IoT時代を見すえ、人と企業と社会にもたらされる未来の姿をご提示するイベントです。
5G時代を象徴する最新テクノロジーや新しい地方の在り方、ビジネス革新を実現するソリューション、新たなエンターテインメントなどをご体感いただけます。

2. KDDI 5G SUMMIT 2019開催概要
日時 : 2019年6月27日(木)
会場 : ANAインターコンチネンタルホテル東京
主催 : KDDI株式会社
協力 : 日経BP総研

※その他詳細については以下を参照
(リンク »)

3. データセクションの出展について
AIプラットフォーム「MLFlow」を活用したAIソリューション製品「ドローントラフィックモニター / SOLAR CHECK」や「FollowUP」のご紹介、ならびに「MLFlow」を活用して構築された各種AIソリューション事例(デモ動画)の展示を行います。
5Gで流通する大量のデータに対し、それを解析することによる付加価値を見出したい事業会社様に対して、課題解決に役立つAIソリューションをご提案いたします。

4. 会社組織の紹介
データセクション株式会社(東証マザーズ:証券コード3905)
本社所在地:東京都品川区西五反田1丁目3番8号 五反田PLACE 8階
代表者:代表取締役社長兼CEO 林 健人
設立:2000年7月
資本金:897,184千円(2019年3月31日現在)
事業内容:消費者マーケティング事業 / 風評リスク対策事業 / 画像解析事業 / ソリューション開発事業 / 海外SNS分析事業
URL: (リンク »)


本リリースについて
ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、価格、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後、様々な要因により予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

データセクション株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]