初開催「ダイレクトリクルーティング・アワード2019 in 関西」関西のトップ人事&採用先進企業を表彰

株式会社ビズリーチ 2019年06月24日

From PR TIMES

大賞はダイハツ工業株式会社、関西の日系大手企業が多数受賞

株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎 以下、ビズリーチ)が運営する、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」は、2019年6月18日(火)、「ダイレクトリクルーティング・アワード2019 in 関西」を初開催いたしました。当日、表彰セレモニーには関西に拠点を置く「ビズリーチ」利用企業の人事担当者など約70名が一堂に会しました。本アワードは、近年日本でも主流になりつつある採用活動「ダイレクトリクルーティング」を積極的に取り入れ、主体的・能動的な採用に取り組んでいる先進的な企業の人事部門、および人事担当者を表彰するもので、関西では初の開催です。また昨今、即戦力人材の獲得競争が激化するなかで、主体的・能動的な採用活動を推進する採用のプロフェッショナル「プロ・リクルーター」の存在に注目が集まっており、「プロ・リクルーター賞」も選出しました。
なお、「関西」は次の2府4県としています。大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県



[画像1: (リンク ») ]


ダイレクトリクルーティング・アワード2019 in関西 受賞企業一覧
大賞:
ダイハツ工業株式会社

優秀企業賞:
エア・ウォーター株式会社
住友電気工業株式会社
ダイドードリンコ株式会社
タカラベルモント株式会社
ミズノ株式会社

プロ・リクルーター賞:
大幸薬品株式会社
株式会社PLAN-B

■中途採用の拡大に伴い広がる「攻め」の採用
[画像2: (リンク ») ]

ビジネスを取り巻く環境が急速に変化するなかで、即戦力人材を求める企業が増え、中途採用における人材獲得競争は激しさを増しています。
そうしたなか、人材紹介会社や求人広告といった従来の採用手法だけではなく、SNSや人材データベースなどを含む、あらゆる手段を主体的に考え、能動的に実行する採用活動「ダイレクトリクルーティング」が広がりをみせています。実際に、関西における「ビズリーチ」の契約企業数は、2016年から2018年の3年間で2.31倍(*1)に増えています。
そこで、ダイレクトリクルーティングの認知とニーズが高まる関西において、より多くの企業へ主体的・能動的な採用活動の成功事例を認知していただくことを目的として、「ダイレクトリクルーティング」を体現する企業をたたえる日本唯一の式典「ダイレクトリクルーティング・アワード」を関西で初めて開催することになりました。

大賞受賞企業のコメント
ダイハツ工業株式会社 人材開発室 主担当員 梶山 哲矢 氏
[画像3: (リンク ») ]

ダイハツ工業では、2017年より電動化や自動運転、IoT、DNGAなどの先進機能の開発を進めていくにあたり、100名規模の中途採用の実現という目標を掲げました。これまで行ってきた採用方法を変革させなければ、100名規模の中途採用は実現できないと考え、全社採用体制を整え、各部門を巻き込みながら採用活動を行ってきました。各本部にセンターパーソン及び各部にリクルーターを配置して、ダイレクトリクルーティングに関する説明会を行い、各部門でも主体性を持って採用活動に取り組んできました。なお、2017年度と2018年度は中途採用者の約20%をビズリーチで採用しています。今後も、「全社採用活動」を取り組むことで、ダイハツ工業を「世界に無くてはならないブランド」として成長させていきます。

株式会社ビズリーチ 取締役 キャリアカンパニー カンパニー長 多田 洋祐 コメント
[画像4: (リンク ») ]

昨今、新規事業やグローバル展開など成長が見込める新たな分野で活躍できる即戦力人材を、中途採用する企業が増えています。特に製造業においては、産業用ロボットやIT技術の進歩による技術革新を背景に、即戦力人材の採用ニーズが急激に増えており、人材獲得競争が激化しています。そのようななか、多くの企業が主体的・能動的な採用活動「ダイレクトリクルーティング」の重要性を強く認識し、採用変革に取り組んでいます。
「ビズリーチ」では、全国162万人以上の会員にご登録いただいているプラットフォームで、企業がエリアを超えて人材に直接アプローチすることができます。関西に拠点を置く企業の利用数や、即戦力人材の登録数も増えており、採用実績数は2016年から2018年の3年間で3.03倍(*2)に増えました。こうした動きを受けて、今回初めて関西でダイレクトリクルーティング・アワードを開催しました。今回のアワードでは、製造業をはじめとする関西を代表する企業が多数受賞されました。大賞を受賞されたダイハツ工業様のコメントにもありましたが、全社を巻き込んだ採用活動は今後多くの企業で推進されていくでしょう。
ビズリーチは今後も、採用における選択肢と可能性を広げるべく、企業の経営者・人事の皆様をご支援してまいります。

*1調査期間:2016年1月-12月、2018年1月-12月の期間で、「ビズリーチ」を利用する関西企業の契約企業数を比較
*2調査期間:2016年1月-12月、2018年1月-12月の期間で、「ビズリーチ」を利用する関西企業の採用決定数を比較

「ダイレクトリクルーティング・アワード2019 in 関西」参加企業一覧
計38社(五十音順、一部企業を除く)
akippa株式会社、朝日放送グループホールディングス株式会社、江崎グリコ株式会社、エア・ウォーター株式会社、大阪ガス株式会社、オムロン株式会社、オムロンヘルスケア株式会社、京セラドキュメントソリューションズ株式会社、株式会社ケーイーシー、参天製薬株式会社、住友電気工業株式会社、積和不動産関西株式会社、大幸薬品株式会社、ダイドードリンコ株式会社、大日本住友製薬株式会社、ダイハツ工業株式会社、タカラベルモント株式会社、株式会社タクマ、株式会社竹中工務店、蝶理株式会社、帝人フロンティア株式会社、西日本電信電話株式会社、日本電産株式会社、株式会社PAL、株式会社東田ドライ、株式会社PLAN-B、株式会社ホテル京阪マネジメント、株式会社堀場製作所、株式会社松葉、ミズノ株式会社、三井物産株式会社

■即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」について
ビズリーチは企業と求職者が直接やりとりできるプラットフォームがなかった人材業界において、人材データベースを企業に開放することで採用市場を可視化しました。また、企業が求職者へ自らアプローチできるプラットフォームを提供することで、「欲しい」人材を獲得するためにあらゆる手段を主体的に考え、能動的に実行する採用活動「ダイレクトリクルーティング」を推進し、優秀な人材のスピーディーな採用をご支援しています。また、求職者も今まで知りえなかった企業からアプローチを受けることで、キャリアの可能性と選択肢を最大化することが可能です。現在は累計10,800社以上、162万人以上(2019年6月現在)の会員の方にご利用いただいています。

■株式会社ビズリーチについて
「インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく」をミッションとし、2009年4月より、人材領域を中心としたインターネットサービスを運営するHRテック・ベンチャー。東京本社のほか、大阪、名古屋、福岡、シンガポールに拠点を持ち、従業員数は1,479名(2019年6月現在)。即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」や、挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」、人材活用クラウド「HRMOS(ハーモス)」、求人検索エンジン「スタンバイ」などを展開。参照URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]