BBSec、クラウド型WAF/DDoS対策によるサイバー攻撃防御でブロードメディア・テクノロジーズと協業

株式会社ブロードバンドセキュリティ 2019年06月25日

From PR TIMES

~24/365体制で、Webサーバー向け有人監視環境を提供~

株式会社ブロードバンドセキュリティ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:持塚 朗、以下「BBSec」)は、ブロードメディア・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保 利人、以下「BMT」)と協業し、BMTが提供するクラウド型WAF/DDoS対策サービス向けに、24/365体制の「MSS(Managed Security Service)」の提供を開始しました。



 WAFとは、従来のファイアウォールやIPSでは防御が難しい悪意ある通信から、Webアプリケーションを防御するファイアウォールであり、代表的な攻撃であるSQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング、OSコマンドインジェクションなどを防御することができる仕組みです。BMTのクラウド型WAF(Web Application Firewall)/DDoS対策は、クラウド上で、OWASP(The Open Web Application Security Project)Top10の脆弱性を含む、Webレベルの攻撃からアプリケーションを保護し、さらにDDoS攻撃対策も実現する画期的なソリューションです。

 今回、BBSecのMSSがオプションサービスとして提供されることで、利用者にとっては、専門的な知識や24時間365日の監視が不要になるだけでなく、通知や問い合わせも日本語での対応が可能になるため、導入のハードルが低くなり、運用負荷も減少します。2020年の国際的なビックイベントを前に拡大し続けるサイバー攻撃に対して、企業向けのクラウド型セキュリティサービスの導入が加速され、より安全で堅牢なWebサイトの運用を実現する上で大きな効果が期待されます。

<サービスイメージ>
[画像: (リンク ») ]



DDoS攻撃:Distributed Denial of Service attack(分散型サービス妨害攻撃)
大量のマシンなどから一斉に大量なリクエストや巨大なデータを送るなどして、サービス利用を不能にする攻撃。

<ご提供価格>
詳細は担当営業にお問い合わせ下さい。

ブロードメディア・テクノロジーズ株式会社 代表取締役社長 久保利人様からのコメント
「このたび、BBSecとセキュリティ分野で協業できたことを嬉しく思います。クラウド型WAFならびにDDoS対策のニーズは日々増大しております。BBSecのMSSオプションが加わることで、自社運用の難しいお客様にはより手軽に、また高度な運用を求めるお客様にはよりきめ細かく、サービスが提供できるものと確信しております。」

【ブロードメディア・テクノロジーズ 会社概要】
社名:ブロードメディア・テクノロジーズ株式会社
住所:東京都港区赤坂8-4-14 青山タワープレイス8F
設立:2001年4月
代表取締役社長:久保 利人
事業内容:
 (1) Webコンテンツの配信およびトラフィック管理サービス・ソリューション
 (2) ストリーミングメディアの配信およびトラフィック管理サービス・ソリューション
 (3) アプリケーションの配信およびトラフィック管理サービス・ソリューション
 (4) DDoS対策、WAF(Web Application Firewall)などセキュリティ・ソリューション
 (5) 上記サービス導入に関連するコンサルティングおよびサポートサービス
URL: (リンク »)

【製品/サービスに関するお問合せ】
株式会社ブロードバンドセキュリティ  営業本部
TEL:03-5338-7425E-mail:sales@bbsec.co.jp

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]