編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

RSUPPORT、LINE WORKSと連携して使える画面共有ツール「RemoteCall with」の販売開始

RSUPPORT株式会社

From: PR TIMES

2019-06-25 17:15



[画像1: (リンク ») ]

RSUPPORT(アールサポート)株式会社(東京都港区、代表取締役社長:徐ヒョンス、以下「RSUPPORT」、URL:www.rsupport.com)は、ビジネスチャットサービス「LINE WORKS」と連携し、インストールなしで画面共有ができる新サービス「RemoteCall with」の販売を開始しました。

2020年の東京オリンピックを控え「働き方の改革」の一環として大きく成長しているテレワーク市場に、IT企業による新規サービス参入が相次いでいます。

リモートサポートRemoteCall(www.remtoecall)とリモートコントロールRemoteView(content.rview.com)で10年間、リモート市場シェアNo.1(※1)を誇るRSUPPORTは、LINE(line.me)と連携するビジネスチャットサービスLINE WORKS(line.worksmobile.com)を運営するワークスモバイルジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:石黒 豊、以下「ワークスモバイルジャパン」)との新しい連携サービスの提供を開始しました。

本サービスはRSUPPORTが新たにリリースした「RemoteCall with(www.rcwith.com)」と連携して利用するもので、別途パソコンやスマホ、タブレットへのソフトウェアインストールが不要。パソコンにリモート接続して画面共有と制御を行いながら、共同作業を行うことができます。今回の提携では、LINE WORKSとSSO(Single Sign On)が可能になり、LINE WORKSの使用中にアイコンをクリックするだけでRemoteCall withをすぐに実行することができます。
[画像2: (リンク ») ]


LINE WORKSの導入企業では、主にチャットを利用してスピーディーなコミュニケーションを行っています。さらに視覚と口頭による説明を同時に必要とする高度な情報伝達や共有が、RemoteCall withと連携することで可能となります。
作業内容のメール送信や専門プログラムのインストールの必要がなく、リアルタイムの画面共有で効率よく正確に作業を行うことができるため、より幅広い分野でスムーズな情報共有が可能となります。

RemoteCall withの利用料金は、LINE WORKSの有料ユーザーであれば1ヶ月100円/IDとリーズナブル。お申し込み後は、管理者ページでRemoteCall withの登録を行うだけですぐに利用を開始できます。

ワークスモバイルジャパンの担当者は、「LINE WORKSは2018年11月時点で27,000社以上(グローバル合算)のお客様にご利用いただいています。さまざまなサービスとの連携を推進しているが、RSUPPORTとの連携により、既存のビジネスチャットツール以上に便利で生産性を向上することのできるツールになると期待している」と語りました。

RSUPPORTの徐ヒョンス代表は「PCやモバイルのWebブラウザから使えるリモートソリューションはRemoteCall withの強みであり、15年にわたり日本でのシェア第一位を守ってきたリモート技術が存分に発揮されている。今回のワークスモバイルジャパンの提携をスタートとし、さらにリーズナブルで使いやすいテレワークソリューションを提供し、働き方改革に貢献していきたい」と抱負を語りました。
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]






※1 2003年~2018年 日本国内遠隔ソリューションシェア第一位 ミック経済研究所調査

[RSUPPORTとは? (リンク ») ]
25ヵ国10,000社以上が利用するリモートサポート、リモートコントロール製品を中心とし、アジア・日本で市場シェアNo.1を誇るクラウド専門の企業です。自社で開発した独自の特許技術やサービスは、世界各地の製造業をはじめとしたさまざまな分野の企業、政府、公共団体、金融機関、教育機関にて導入・高く評価されています。主要製品として、企業向けのヘルプデスクツールRemoteCall( (リンク ») )、個人から企業まで幅広く使われているリモートコントロールツールRemoteView( (リンク ») )、簡単でリーズナブルに利用できるWeb会議RemoteMeeting( (リンク ») )、モバイル画面録画に特化したMobizenスクリーンレコーダー( (リンク ») )や、PCでモバイル画面を表示できるMobizenミラーリング( (リンク ») )サービスを提供しています。

■会社概要
会社名    :RSUPPORT株式会社
設立 :2006年4月
代表者 :徐 滎秀(ソ・ヒョンス)
所在地 :〒105-0001東京都港区虎ノ門1-2-20 第3虎の門電気ビル7階 (日本法人)
事業内容 :ウェブ基盤のリモートコラボレーションソリューションの開発とシステムの構築
事業実績 :ミック経済研究所レポート2018年、リモートアクセス市場の国内1位
ミック経済研究所レポート2015年、SaaS型リモート支援ツール市場の国内1位
主要サービス :
リモートデスクトップツール RemoteView
▶ (リンク »)
Web会議システム RemoteMeeting
▶ (リンク »)
リモートヘルプデスクツール RemoteCall
▶ (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]