編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Incredist Trinityシリーズの国内製造開始

株式会社フライトシステムコンサルティング

From: PR TIMES

2019-06-26 15:40

~国内の高まるPCI DSS及びキャッシュレス決済需要へ向けた対応~

株式会社フライトシステムコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 片山圭一朗、以下当社)は、2019年6月より、今後の戦略製品であるIncredist Trinity(インクレディスト・トリニティ)シリーズ(「Incredist Trinity」および「Incredist Trinity Mini(インクレディスト・トリニティ・ミニ)」)の国内製造を開始したことを発表致します。



当社は国内のスマートフォン決済先駆者として、2010年9月より国内初のiPhoneやiPadをクレジットカード決済端末にする大企業向けソリューション「ペイメント・マイスター」を販売しております。また対応する決済端末としては、2016年3月よりマルチ決済端末「Incredist Premium(インクレディスト・プレミアム)」、2018年にはバッテリー/LTE/オートカッター付きプリンタ搭載の据置型モデル「Incredist Trinity(インクレディスト・トリニティ)」、更に2019年3月にはバッテリーとLTEを搭載した決済専用アプリケーションプロセッサー「Incredist Trinity Mini」を発表し、タブレットを活用したモバイル型から据置型まで、お客様のニーズに合わせた多種多様な決済ソリューションを提供しています。
(Incredist Premium公式サイト: (リンク ») )
(Incredist Trinity公式サイト: (リンク ») )

従来当社では主力決済端末は海外製造を実施して参りましたが、昨今の世界情勢ならびに製品のさらなる品質向上や安定供給に向け、この度、Incredist Trinityシリーズに関し製造委託先を東京エレクトロン デバイス株式会社の子会社、東京エレクトロン デバイス長崎株式会社(本社:長崎県諫早市、代表取締役社長 川浪義光)とし2019年6月より製造を開始しました。

当社では様々な決済端末の中で、特にIncredist Trinityシリーズは国内の急激なキャッシュレス決済への需要に対応する戦略製品と位置づけています。決済を取り巻く国内の動きとして、まず2020年3月末までに全ての小売業で改正割賦販売法対応(PCI DSS準拠*)が求められています。更に2020年東京オリンピック・パラリンピック、2025年日本国際博覧会などの大きな国際イベントを控え、増加する訪日外国人の決済ニーズに対応するため非接触クレジットカード決済(正式名称:コンタクトレスEMV、通称:NFC決済/タッチ決済)は必須の決済手段になっています。このような中、Incredist Trinityシリーズでは、安心・安全に様々な決済手段を実現できる決済ソリューションとして展開しており、今後国内での製造を通じ、高まる国内需要に向けてこれまで以上に高い品質管理と安定供給を実現することを目標にしています。 当社では今後も大手小売店様の業務改革、顧客満足度向上に向け、Incredistシリーズを軸にあらゆるソリューションでお役に立てるよう尽力してまいります。また国内外のお客様の多種多様な支払いニーズに沿った最先端の決済ソリューションをモバイル型と据置型の両面から積極的に提供していく予定です。

[画像: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]