“20代通年採用新時代”宣言 日本の採用がグローバルスタンダードに近づく

株式会社学情 2019年07月01日

From PR TIMES

「20代通年採用」のパイオニア企業である株式会社学情は、「“20代通年採用新時代”宣言」を発表しました。

株式会社学情(本社:大阪市北区/東京都中央区、代表取締役社長:中井清和)は、「“20代通年採用新時代”宣言」を発表。学情が提唱する「20代通年採用」で、多様な採用を支援してまいります。



[画像: (リンク ») ]

▽「“20代通年採用新時代”宣言」
(リンク »)

 平成から令和に時代が変わろうとする2019年4月下旬に「通年採用」に関する報道がなされたことをきっかけに、これまでの採用習慣を見直す議論が活発化しております。新卒学生を「総合職」として採用し、研修とOJT・ジョブローテーションを通して教育する日本の採用・人事制度は大きな転換点を迎えており、まさに新時代の到来を予感させます。

 「通年採用」は2022年卒採用から導入される見通しです。卒業後に就職活動をする機会が広がり、既卒・第二新卒・ヤングキャリアを含めた多様な人材に採用の窓口を広げるといった、グローバルスタンダードに近づく動きが加速していくでしょう。そんな中、改めて注目されているのが、“20代通年採用”。新卒学生の数は約56万名ですが、20代全体では約1,250万名と20倍を超える採用市場が広がっています。

 学情は、[20代専門]転職サイトNo.1の「Re就活」を15年前から運営し、今回の転換期を先取りして「20代通年採用」を提唱してきました。これからも学情は「20代通年採用」のパイオニア企業として、これまで「20代採用市場」を企業様と育ててきたノウハウを活かし、企業様と20代の価値あるマッチングを図るとともに、日本の「20代採用市場」をリードしてまいります。

【TOPIX】
●「新卒一括採用」と「終身雇用・年功序列」の限界
●「新卒一括採用偏重」から「通年採用」の新時代へ
●「通年採用」の広がりが企業・求職者の成長機会へ
●学情が提唱する「20代通年採用」で多様な採用を実現
▽「“20代通年採用新時代”宣言」
(リンク »)

■株式会社学情とは
東証一部上場・経団連加盟企業であり、法人株主として朝日新聞社・大手金融機関が資本出資し、優良企業約5,000社と取引をする大手総合就職情報会社です。また、朝日新聞とともにコンテンツを提供する「就職情報サイト〈あさがくナビ(朝日学情ナビ)〉」をはじめ、延べ来場学生20万名以上、延べ参加企業7,000社の日本最大級の「合同企業セミナー〈就職博〉」や、若手社会人をターゲットとした「[20代専門]転職サイトNo.1の〈Re就活〉」を運営しています。
[創業/1976年 資本金/15億円 加盟団体/一般社団法人 日本経済団体連合会 、 公益社団法人 全国求人情報協会] (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]