つくば市「フックン船長」が LINEスタンプに!

つくば市 2019年07月01日

From PR TIMES

今年末、国際宇宙ステーションに滞在予定

全40種類、7月1日発売開始



つくば市は、市のイメージキャラクターで宇宙飛行士型ふくろうロボット「フックン船長」のLINEスタンプを発売しました。
[画像1: (リンク ») ]

日常で使えるフレーズに加え、通勤・通学する人たちやつくばの地を離れた人たちが、つくばに戻る際に使うフレーズ「つくばっく」など、ご当地要素も取り入れています。
[画像2: (リンク ») ]

スタンプのデザインは、筑波大学芸術専門学群出身でつくば市職員の中林まどか主事が制作。スタンプの収入は、つくば市の事業に広く役立てられます。

市への愛着度向上やシビックプライド醸成のきっかけとなることを期待するとともに、つくば市のファンづくりや関係人口の創出にも活用していきます。



■発売日:2019年7月1日(月)
■価格:120円(50 LINEコイン)
LINE STORE クリエイターズスタンプ
「フックン船長」で検索!
(リンク »)

つくば市イメージキャラクター フックン船長について

[画像3: (リンク ») ]

市の特徴「自然(フクロウ)」と「科学(ロボット・宇宙飛行士)」をモチーフとした、宇宙飛行士型ふくろうロボットで、宇宙飛行を夢見ています。

筑波研究学園都市建設閣議了解50周年を記念し、2014年2月8日に誕生しました。フックン船長はつくば市のこどもたちにも大人気です!
[画像4: (リンク ») ]

昨年8月、今年末にフライトを予定している野口聡一宇宙飛行士の「宇宙飛行記念品」としてフックン船長(ぬいぐるみ)が選定されました。
(リンク »)
[画像5: (リンク ») ]

誕生5年目にしてフックン船長の夢が実現しようとしています。なお、英語表記は「Captain Hookun」ですが、宇宙飛行士の船長は「Commander」であることを本人は知らないようです。

[画像6: (リンク ») ]

南極地域観測隊の昭和基地にも、つくば市民の隊員達に連れられて滞在しています。今度は宇宙で活躍する、筑波研究学園都市のご当地キャラクター、フックン船長の応援、よろしくお願いします!

フックン船長公式Instagram
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]