リアルテックファンド、動物との意思疎通を目指す株式会社ラングレスへの出資を実施

合同会社ユーグレナSMBC日興リバネスキャピタル 2019年07月02日

From PR TIMES

研究開発特化型ベンチャーキャピタルファンド「リアルテックファンド」(代表:永田 暁彦)は、新たな投資先として、生体情報の解析技術によってリアルタイムに心の動きを可視化し、言葉以外の新しいコミュニケーション方法を生み出す株式会社ラングレス(東京都墨田区、代表取締役:山入端 佳那 / 代表取締役:山口 譲二、以下ラングレス社)への出資を実施したことをお知らせします。



[画像1: (リンク ») ]

 ラングレス社は、生体情報の解析技術によってリアルタイムに心の動きを可視化し、言葉以外の新しいコミュニケーション方法を生み出すベンチャーです。意思疎通と想像力を手に入れた私たち人間は、その力を元に社会を大きくしてきた一方で、話すことが苦手な人、何かしらの理由で言語が発せない人、もともと言語能力を持たない動物たちの想いは、汲み取られてきませんでした。特に動物とのコミュニケーションにおいては、今日まで、日常会話はもちろんのこと体調不良や非常時状態でもSOSを正確に受け取ることができません。

[画像2: (リンク ») ]

 そのために、当社は世界で初めて、毛皮の処置なしに心拍を取得することができる革新的な心音検知センサーを開発しました。ノイズに極めて強く、体内の音声から心音のみを拾うことができる特殊な心拍センサーであり、同センサーから取得した心拍情報を元に、心拍の分散値(HRV)から自律神経の活性状態を推測するパターン分類アルゴリズムによって、心拍から対象の状態を可視化することが可能です。


 動物を深く愛し、長年に渡って彼らとコミュニケーションが測れる方法を模索してきたラングレス社は、革新的な心拍センシングによる動物感情研究を本格化し、海外へ積極的に展開していきます。リアルテックファンドは今回、ラングレス社が第三者割当増資により発行する株式を引き受けるとともに、同社の販売・マーケティング活動等の経営支援を全面的に行っていきます。詳細は以下のとおりです。


株式会社ラングレスへの出資について

[画像3: (リンク ») ]

■株式会社ラングレスの概要と支援内容について
・設立年月:2015年2月16日
・所在地:〒130-0003 東京都墨田区横川1丁目16-3
・代表者:山入端 佳那(CEO)、山口 譲二(CTO)
・資本金:18,802,000円
・事業内容:ペット用品の企画・製造・販売および情報提供
・公式サイト: (リンク »)
・支援内容:ファンドの出資企業との連携推進、研究開発や販売・マーケティング活動の支援
・出資時期:2019年5月


- お問い合わせ -
以下コンタクトフォームよりご連絡ください。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]