TBWA HAKUHODO、「#BPM100 DANCE PROJECT」プロジェクトメンバーとして参加

株式会社TBWA HAKUHODO 2019年07月02日

From PR TIMES

心肺蘇生にぴったりのリズムに合わせ、手順を学ぶ

株式会社TBWA HAKUHODO(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:今井明彦)は、日本赤十字社、TikTokと協力し、心肺蘇生の普及を目指す「#BPM100 DANCE PROJECT」を立ち上げました。



[画像: (リンク ») ]


「#BPM100 DANCE PROJECT」は、ダンスのアクションとリズムを通じて、心肺蘇生の方法を広める活動です。近年、救急出動件数は、過去最高に達し増加を続けており、今後も救急需要が増大する可能性は高く、救命率の低下を防ぐための対策が必要です。その対策の一つとして挙げられるのが心肺蘇生です。心停止から2分以内に心肺蘇生を開始した場合の救命率は約90%になりますが、5分経過すると、 約25%程度まで下がると言われています。しかし、応急手当ての実習を、全ての児童に実施している割合は14%しかありません。

このような状況で、日本赤十字社、TikTok、TBWA HAKUHODOの三社が協力し、広がりがあるダンスに着目し、今回の「#BPM100 DANCE」を制作しました。ダンスを通じ、多くの方々への心肺蘇生の普及を目指し、EXILE ÜSAさんがパフォーマンスアンバサダーに就任。様々な企業や団体と連携して、心肺蘇生の普及活動を行っていきます。

ダンスをしながらリズムや心肺蘇生の手順を気軽に学ぶことができる「#BPM100 DANCE」は、TikTokなどをはじめとするSNSで普及させる取り組みを実施します。心肺蘇生における胸骨圧迫の適正なスピードは1分間に100~120回と言われています。当プロジェクトでは、リズムの楽曲に合わせて、心肺蘇生をもとにした振り付けを開発いたしました。
※BPM(ビートパーミニッツ)は、1分間のビート数を表す音楽用語です。

7月1日より、このダンス動画を特設サイトにて公開し、多くのインフルエンサーにもご協力いただきながら、TikTokを中心とした様々なメディアで広める予定です。さらに、認知・理解にとどめず、多くの人が実際に心肺蘇生を行えるようにするため、7月7日(日)に行われる絆プロジェクト~水辺の安全を一緒に学ぼう~でも講習会を開催いたします。この機会に是非ご体験ください。

BPM100 DANCE PROJECT 特設サイト:
(リンク »)

なお、このダンス動画は、心肺蘇生の方法がわからない・出来ないといった人達に向けて、ダンスをきっかけに少しでも興味持ってもらうためのものです。
※心肺蘇生・AEDに関するより具体的な情報は以下のリンクより、 日本赤十字社のサイトをご覧ください。URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]