コンビニ向け調理ロボット「Hot Snack Robot」がFOOMA JAPAN2019へ登場

コネクテッドロボティクス株式会社 2019年07月03日

From PR TIMES

【会期】2019年7月9日(火)~12日(金)

「調理ロボットサービス」を開発しているコネクテッドロボティクス株式会社(本社:東京都小金井市、代表取締役:沢登 哲也)が開発したロボットによる調理システム「Hot Snack Robot」を、FOOMA JAPAN 2019国際食品工業展(東京ビッグサイト)で展示いたします。



[画像: (リンク ») ]

コンビニ店内におけるホットスナックの調理工程を同ロボットが行います。から揚げ等をフライヤーで揚げる調理工程だけでなく、お客様の注文を受けてからの冷蔵庫からの商品の取り出しや、保温庫の在庫管理なども行うことができます。

本展示は、食品サンプルではなく実際のから揚げ等を使用して調理を行う初めての展示になります。当日は、ロボットが調理をしたものをその場でご試食いただけます。

当社は、「調理をロボットで革新する」をテーマに、人と安全に一緒に働くことができるアーム型の協働ロボットを活用し、人工知能による画像認識を通じたディープラーニング等の最新技術を組み合わせることにより、コンビニで働くスタッフの方々の負担を軽減し、効率的で魅力のあるコンビニを実現します。

▼概要
【展示会】 FOOMA JAPAN 2019国際食品工業展
【会 期】 2019年7月9日(火)から12日(金)までの4日間
【時 間】 10:00~17:00
【会 場】 東京ビッグサイト 南展示棟3ホール(ブースNo.:3A-21)
     (ユニバーサルロボット社のブース内)
【展示物】 コンビニ調理ロボット「Hot Snack Robot」

■製品情報
コンビニ調理ロボット「Hot Snack Robot」
使用ロボット UR5(ユニバーサルロボット社)、Dobot Magician(Dobot社)
機能
1. 調理:冷蔵庫から唐揚げ等の材料を取り出してフライヤーで調理を行い、保温庫へ入れる。また、ロボットが保温器の在庫管理を行い、 足りなくなった時点で自動的に調理を行う。
2. 接客:お客様がタブレットで注文を行うと、 ロボットが保温器から商品を取り出して提供。
受賞
・ワールドロボットサミット フューチャーコンビニエンスチャレンジ「接客部門2位」
・セブン&アイ・ホールディングス特別賞

■会社概要
商号   : コネクテッドロボティクス株式会社 (Connected Robotics Inc)
代表者  : 代表取締役 沢登 哲也
所在地  : 〒184-0012 東京都小金井市中町2-24-16 農工大・多摩小金井ベンチャーポート
設立   : 2014年2月
事業内容 : 飲食業向けロボットシステムの開発・販売
資本金  : 4億8千万円
URL   : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]