DXの要:統合事業計画(IBP)で実現する経営管理の更なる高度化と成長機会の創造 Board Japan主催 BI&CPM フォーラム開催

BOARD Japan株式会社 2019年07月03日

From PR TIMES

経営企画・財務部門のデジタル変革、管理部門の高度化に焦点をあてたDXの取り組み推進を支援

2019年7月3日-ビジネスインテリジェンス(BI)・経営管理(CPM)ソリューションを提供するBOARD Japan 株式会社(本社:東京千代田区、代表篠原史信、以下、BOARD)は、来る7月18日(木)、「統合事業計画で実現する経営管理の更なる高度化と成長機会の創出」と題したフォーラムを開催いたします。



経済産業省が「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)*」を発表するなど、継続的な事業成長や競争優位の維持・確保のためには、日本企業にとってデジタル変革は避けて通れない課題となっています。現在、DXの取り組みを検討している企業様や取り組みを強化したい企業様をご支援するために、経営者視点、および技術の側面から解決のヒントをご提案させていただくセミナーを開催することといたしました。 *関連URL (リンク »)

本フォーラムでは、「『デジタル変革』の要、統合事業計画(IBP)で実現する経営管理の高度化と成長機会の創造」をテーマに、ファイナンス部門のデジタル変革、管理部門の高度化に焦点をあてます。企業が取り組むべきトップアジェンダとして「ビジネスインテリジェンス・業績管理・アナリティクス」を取り上げ、競争優位に立つためのアクションを検討する機会となれば幸いです。

【詳細とお申し込みはこちら】
(リンク »)


【開催概要】


日時:2019年7月18日(木)13:30-17:30 (13:00受付開)
会場:コングレススクエア日本橋 3階ホールC/D
定員:150名 (事前登録制)
対象:意思決定者、経営管理部門、経営企画部門、事業部門、、財務、情報システム、DX推進に関与する部門等の責任者
主催:Board Japan株式会社
協賛:KPMGコンサルティング、アカウンティングアドバイザリー、NTTデータグローバルソリューションズ、NTTデータニューソン、日本ラッド株式会社、株式会社ジール、ハイテクシステム
メディア協賛:アイティメディアビジネスオンライン、日本CFO協会、東洋経済新報社 (敬称略・順不同)

【アジェンダ】
・13:30 ~ 13:45 オープニング
 Board インターナショナル 最高経営責任者 ジョバンニ・グロッシ

・13:45 ~ 14:30 特別講演
 デジタルトランスフォーメーション推進における経営者の役割と意思決定支援の必要性
 KPMGコンサルティング株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 宮原 正弘 氏

・14:45 ~ 15:15
 Board製品戦略:Why you need Board11, Debut Board11
 真の全社統合を実現するストーリーと情報基盤
 Board インターナショナル 最高技術責任者(CTO) ピエトロ・フェラーリ

・15:15 ~ 15:45
 CFOがFORECASTを重視する理由 グローバルCFOが重視するフォーキャスティングと、そのオペレーション
 Board インターナショナル 最高財務責任者(CFO) アンドレア・デ・グレネト

・16:00 ~ 16:30 事例講演
 ビジネスシナリオを支えるBoard 年計・月次推定の計画立案
 株式会社ニッセイ 経営企画部 ITアドバイザー  吉田 鋭一 氏

・16:30 ~ 17:00 クロージング
 デジタル時代のCPM ~求められる経営情報とその拡張
 日本CFO協会主任研究委員
 株式会社アカウンティング アドバイザリー マネージングディレクター/公認会計士
 櫻田 修一 氏

【詳細とお申し込みはこちら】   (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]