安田大サーカスクロちゃんウグイス嬢に転職!?三四郎小宮さん、実はお笑いよりも“アナウンサーに向いていた!?『doda はたらく願いを叶えよう!七夕祭り』開催

パーソルキャリア株式会社 2019年07月02日

From PR TIMES

三四郎相田さん、自分らしくはたらくコツは”とにかく笑顔”!3人がインテリビジネスマン姿で自分らしくはたらくコツを伝授!

総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職サービス「doda(デューダ)」< (リンク ») >は、2019年7月2日(火)に、安田大サーカスのクロちゃんと三四郎の小宮 浩信さん、相田 周二さんを迎え、“自分らしくはたらくコツ”を伝授してもらう『doda はたらく願いを叶えよう!七夕祭り』を開催いたしました。



[画像1: (リンク ») ]

本イベントでは、“自分らしくはたらく人”代表として、安田大サーカス クロちゃんと三四郎の2組がいつもとは違い全員スーツ、メガネをかけ、インテリビジネスマンとなって登壇しました。イベント冒頭では、お笑い芸人になった経緯や自分らしくはたらくコツについてトークセッションを行いました。
また、短冊に書かれた、一般の方の“自分らしくはたらくための願い”に対して、ゲストの3人が“自分らしくはたらくためのコツ”を伝授し、はたらくに関する願いを叶えました。
さらに、ゲストにも、ご自身の強みや特徴などを活かし、より自分らしくはたらくことができるよう、クロちゃんはウグイス嬢」、小宮さんは「アナウンサー」、相田さんは「声優」と、それぞれに転職してみたい職業を発表してもらいました。その願いを叶えるために、職業適性診断対決を実施し、三四郎 小宮さんが勝利し、アナウンサーに向いていることが判明しました。

■トークセッション内容(一部抜粋)
MC:皆さん、転職アドバイザーのようなインテリな雰囲気が漂うビジネスマンスタイルでご登場いただきましたけれども、キマってらっしゃいますね。

クロちゃん:社会人っぽくスーツを着てみました。よく商談の際に、青い服を着ることで相手を癒してから話を進めると言うので、今日は青いファッションで皆さんを癒したいと思います!

相田さん:デューダ子ちゃんを意識して丸メガネにしました。CMでも深田恭子さんがかけていたので合わせてみました。

小宮さん:僕だけいつもと一緒で手を抜いているみたいですが、ジャケットが青で「doda」と合っているんでよかったです。

MC:本日は、転職サービス「doda」のイベントということで自分らしく“はたらく”人を代表して皆さんにお越しいただきました。七夕といえば、1年に1度“願い事”が叶う日ですが、皆さんはご自身の夢、すなわち“願い事”を叶えてお笑い芸人になられたわけですよね。ゲストのお三方がなぜお笑い芸人を目指されたのか、おうかがいしたいと思います。

クロちゃん:最初はアイドル歌手になりたくて事務所のアイドル部に入って、レッスンに行ったら、いきなりネタ見せにいかされて、団長とHIRO君と組まされて芸人になりました。

相田さん:高校の時の文化祭で小宮と一緒に漫才をやったらめちゃくちゃウケて、お笑い芸人になりたいなと思って養成所に通い始めました。

小宮さん :その時、一度も褒めてくれなかった先生が、文化祭の時に褒めてくれて嬉しかったこともあり、芸人を目指しました。

MC:三人とも自分の夢を叶えて、自分らしくはたらいていらっしゃる、という共通点がお有りなんですが、中には、自分らしい“はたらき方”がどのようなものかわからず、悩みを抱えている方も多いと思います。「doda」は、はたらく上でのモヤモヤを解消し、一人ひとりの願いを叶えるべく、気軽に相談できるサービスも充実しているんです。皆さんは普段、相談する側と相談される側、どちらの立場になることが多いですか?

クロちゃん:相談されることが多いですね。中学生の頃は生徒会長でしたし、最近は女性から悩みを相談されることも多いです。

小宮さん:僕も相談される方が多いですね。新宿の歌舞伎町で後輩芸人の悩みを聞いていたら、いきなりホストに「小宮だ!」って胴上げされたことがあります。

相田さん:僕も後輩芸人から相談されることが多いです。お金の悩みで相談されて、お金を貸したことがあります。仕事に繋がったら返してねって言ったら、この前返ってきて、「仕事増えたんだ」と思ったら、還付金が思ったよりも戻ってきたから返されただけだった。

MC:なるほど。皆さん普段から悩み相談に乗ることが多いんですね。本日はそんな皆さんにお越しいただいておりますので、七夕も近いということで、自分らしい“はたらき方”がわからず悩みを抱える方々の「願い事」を叶えていただこうと思います。
[画像2: (リンク ») ]

■自分らしくはたらくコツを伝授
七夕に飾られた一般の参加者の“はたらく”に関する願いに対し、クロちゃん、小宮さん、相田さんから、“自分らしくはたらくためのコツ“を伝授していただきました。

◆1つ目の願い:親の意見に振り回されず、自分のやりたい仕事に就きたい。
回答: 小宮さん /僕は高校の時に留年して、親に怒られてばっかりだったので、「芸人になりたい」と自分の
したいことを初めて言ったら、すごい喜ばれました。勿論反対されることもあるかと思いますが、熱意をもって説得することが大切だと思います。一回きりの人生なのでやりたい職業に就いた方がいいと思います。
クロちゃん/僕は芸人になりたいと言ったら褒められました。もし、親の意見と衝突した場合でも、支援は受けたいので、自分の意見と親の意見のバランスは大切した方がいいと思う。

◆2つ目の願い:皆さんのようにコンプレックスを長所に活かしたい。
回答:クロちゃん/考え方次第だと思います。この声だから弱々しいと言われることも多いけど、この声だから
できることもあるなど考え方を変えることで長所にできました。
小宮さん /滑舌悪くてすごく虐げられていたんですけど、僕は芸人だからこそネタにできるということはあります。そうやってまずは受け入れることも大事だと思います。
相田さん /僕はあんまりこれといったコンプレックスはないですね。ただ、小宮が滑舌悪いので、相方のその部分を僕がしっかりカバーしないといけないというプレッシャーはありますね。

◆3つ目の願い:皆さんのように楽しそうに働きたい。
回答:小宮さん /雰囲気が大事ですね。いつも笑ってると楽しく働けますし、自然に楽しい人が集まって来ると思います。ただ、学生の頃、女性に微笑みかけたら「どういうつもり?」と言われたこともあります。
相田さん /やっぱりとにかく笑顔でいることが一番大事だよね。常に明るくいるといいこともありますし、楽しく働けます。
[画像3: (リンク ») ]

■職業診断対決内容(一部抜粋)
一般の方の願いを叶えたゲストに、ご自身の強みや特徴などを活かして、より自分らしくはたらいていただくために、それぞれ転職してみたい職業を発表。その願いを叶えるために、職業診断対決を実施。doda編集長大浦が一番転職見込みのある人を判定しました。

MC:ゲストのお三方には働く悩みを抱える方々の願い事を叶えていただいたわけなんですが、反対にご自身が叶えたい「願い事」、なりたい職業についてうかがって参ります。事前に短冊に「願い事」を記入していただきました。相田さんから、発表していただけますか?

相田さん:声優になりたい。ナレーターはしているんですけど、声優の仕事はまだなくて、アニメとかの声をあてたい。

MC:ありがとうございます。小宮さんはいかがですか?

小宮さん:僕はアナウンサーになりたいですね。この味のある声でアナウンサーをやってみたらいいんじゃないかと思って挑戦してみたいです。

MC:挑戦者としてはいいかもしれないですね!クロちゃんはいかがですか?

クロちゃん:ウグイス嬢になりたいしーん!なりたいしーんよー!

MC:皆さん声を使った職業に就いてみたいとのことですが、本日は、そんなお三方の“夢”を叶えるため、実際にそれぞれの職業になりきっていただきます。
[画像4: (リンク ») ]

MC:早速、相田さんから挑戦していただきましょう。相田さんは、声優になりたいとのことでしたので、今回は深田恭子さん演じるデューダ子の声に挑戦していただきます。

相田さん:それなら、あなたの希望を全部デューダ子にぶつけて!ぶつかってーこい!転職ならdoda!(深田恭子さん出演のCMの映像に合わせて)

MC:いい声。素晴らしいですね。

小宮さん:声色とか変えなくていいの?

相田さん:自分を出さないと。自分にしか出せない声を出さないと声優には向いてないですからね。自分にしかできない仕事をする。それが「doda」。

MC:素晴らしいですね。続いてクロちゃんに高校野球のウグイス嬢に挑戦していただきます。今回、小宮さん属する小宮高校と相田さん属する相田高校の試合の内容に挑戦していただきます。

クロちゃん:只今より、小宮高校対相田高校の試合を開始いたします。1回の表、1番キャッチャー小宮浩信君、母校の在校生から「学校の恥」と言われた小宮浩信君。1回の裏、1番相田周二君、36歳にしてママに確定申告をさせている相田周二君。(ウグイス嬢風に)

MC:ありがとうございます。相田さん、今でも確定申告をお母様にやらせてるんですか…?

相田さん:36って言ってますけど、36ではないですよ。34までね。

小宮さん:変わんないから!

MC:最後は小宮さんの挑戦ですが、小宮さんはアナウンサーになりたいとのことでしたので、敏腕アナウンサーになるためのトレーニングとして、早口言葉に挑戦していただきます。

小宮さん :デューダdodaで上手にみんなを応援した。デューダ子ぴょこぴょこ3ぴょこぴょこ合わせてぴょこぴょこ6ぴょきょぴょきょ!(早口言葉で3回挑戦)

MC:ありがとうございました!

小宮さん:挑戦の途中フラッシュがなくて、心が折れてしまいました…。けど思ったよりも言えた方なのではないでしょうか。

MC:そうですね。皆さん、ありがとうございました。皆さん個性あふれる挑戦で、どれも印象的でしたが、大浦さんより、1番よかった方を発表していただきましょう。大浦さん、お願いいたします。

大浦:一番良かったのは…小宮さんです。クロちゃんは人の悪口が入ってしまいましたからね。相田さんはお上手だったんですけど、深田恭子さんの方がよかったですね。小宮さんが一番熱意を感じた。仕事をするにしても伸びしろが大事ですからね。

小宮さん:悪口が入っていたクロちゃんと深田恭子さんの方がよかった相田との消去法ということですね!

MC:全員が驚きの結果だったと思いますが、お三方の仕事面での願い事は無事、叶えられたのではないでしょうか。では、今年7月7日(日)は令和初の七夕ですが、個人的にどうしても叶えたい願い事は、なにかございますか?

クロちゃん:最近芸人と女優でカップルが増えてきて、本気でセコイと思ったので、僕はギャル女優と結婚したいです!

小宮さん:僕も女優と結婚したいです。芸能人の女性で僕のことをいいって言ってくれる人は結構いるのですが、いざ近づいてみると、ワーっと遠くに行ってしまうことが多いですね。

相田さん:僕はあんまりないんですけど、浜辺美波さんと結婚したいです。

MC:ありがとうございます。皆さんの願い事、叶うといいですね。
[画像5: (リンク ») ]

■「doda」について< (リンク ») >
「doda」は、「はたらく今日が、いい日に。」をスローガンに、転職サイトや転職エージェント、日本最大級のdoda転職フェアなど、各種コンテンツで転職希望者と求人企業の最適なマッチングを提供しています。

■パーソルキャリア株式会社について< (リンク ») >
パーソルキャリア株式会社は、パーソルグループの「リクルーティングセグメント」中核会社として、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」について< (リンク ») >
パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。はたらく人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。
パーソルグループは、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外の幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]