編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ハイビジョンメモリームービー“Everio R(エブリオR)” 「GZ‐RX690」を発売(プレスリリース)

株式会社JVCケンウッド

From: PR TIMES

2019-07-03 11:15

Wi-Fi(R)機能を搭載し、スマートフォンに動画転送※1&シェアが可能

 株式会社JVCケンウッドは、JVCブランドより、家庭用ビデオカメラの新商品として、アウトドアシーンでの撮影に最適な“Everio R(エブリオR)”シリーズから、ハイビジョンメモリームービー「GZ‐RX690」を7月上旬より発売します。本機は、「防水」「防塵」「耐衝撃」「耐低温」に対応した4つの保護性能「QUAD PROOF(クワッド・プルーフ)」※2の搭載に加え、スマートフォンと連携できるWi-Fi(R)機能を搭載。動画を簡単に転送※1でき、スマートフォンで編集しシェアすることが可能です。



※1:スマホ・タブレット共通アプリ「Everio sync. 4」(無償)のインストールが必要です。「Everio sync. 4」はGoogle PlayTMまたはApp Storeより無償でダウンロードできます。スマートフォンおよびタブレットへの動画転送は最大5分となります。転送時はビデオカメラ本体がモニタリング可能な状態である必要があります。
※2:詳細は【4つの保護性能「QUAD PROOF (クワッド・プルーフ)」について】をご参照ください。


[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


<企画意図>
 近年、スマートフォンに加えSNS、動画共有サイトの普及により動画はより身近になり、撮影することはもちろん、自他に関わらず撮影した映像を見て楽しむというライフスタイルが定着しています。成長の日記にとどまらず、あらゆるシーンで記録手段として動画が浸透しているなか、シーンを選ばず撮影でき、撮影した映像をすぐに共有できることがビデオカメラにも求められています。
 当社“Everio R(エブリオR)”シリーズは、4つの保護性能「QUAD PROOF(クワッド・プルーフ)」※2の搭載に加え、大容量バッテリーの内蔵により長時間撮影に対応し、さまざまなシーンでの動画撮影に適した家庭用ビデオカメラとして、高い評価を得てきました。今回発売する「GZ‐RX690」は、Wi-Fi(R)を搭載した気軽に使えるタフなカメラとして、シーンを選ばずに撮影でき、シンプルな操作で手軽にスマートフォンに転送※1し、シェアできるビデオカメラです。
 当社は本機を、「いつでも、どこでも、カンタンに。」の“Everio R”のコンセプトのもと、映像を撮って、見て、仲間とシェアして楽しむための「動画活用ツール」として提案します。


[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

<「GZ‐RX690」の主な特長>
1.Wi-Fi(R)機能を搭載し、スマートフォンで動画転送※1&シェアが可能


Wi-Fi(R)機能の搭載により、スマートフォンやタブレットへ撮影映像の転送※1が可能です。撮影映像をMP4形式に自動変換して転送するため、スマートフォンなどからSNSやメールですぐに共有できます。また、Wi-Fi(R)接続により、離れた場所からスマートフォンやタブレットで本機を操作することも可能。大きな画面で映像を確認しながら、録画スタート/ストップ、ズームなどのリモート操作ができます。

2.専用アプリ※3と連動し、スポーツの撮影時に便利な機能を利用可能


 1)「JVC CAM Coach 2」(タブレット専用)

[画像5: (リンク ») ]


 撮影した映像をタブレット端末にWi-Fi(R)で転送し、撮影画像の再生に加え、2つの
 再生画像を表示でき、さまざまなスポーツのフォームのチェック、また再生画像に説
 明を加えるなどの機能が利用できます。


 2)「teamnote(チームノート)/teamnote SPORTS シリーズ」※4(スマートフォン専用)

[画像6: (リンク ») ]

 本機で撮影中の映像に、テレビ中継のようなスコアを表示・記録することができます。バ
 スケットボール、野球、サッカーなどの各種競技に対応しています。
 ※3:「JVC CAM Coach 2」「teamnote/teamnote SPORTS シリーズ」はGoogle Pl
     ayTMまたはApp Storeより無償でダウンロードできます。
 ※4:「teamnote/teamnote SPORTS シリーズ」と本機を連携するには、本体のファ
    ームウェアアップデートが必要です。

3.アウトドアシーンで役立つ、「防水」「防塵」「耐衝撃」「耐低温」の4つの

[画像7: (リンク ») ]

保護性能を搭載「防水」「防塵」「耐衝撃」「耐低温」の4つの保護性能「QUAD PROOF (クワッド・プルーフ)」※2を搭載。JIS 防水保護等級8 級(IPX8)相当/6 級(IPX6)相当の防水性能と、JIS 防塵保護等級5 級(IP5X)相当の防塵性能に加え、1.5mの耐衝撃性能と-10℃の耐低温性能を装備します。防水性能は、水深5mで1時間の撮影を実現するとともに、浅瀬でのシュノーケリングなどを想定し、水深1mで4時間※5の撮影にも対応。また、野外での撮影で汚れた際は、本体を流水で洗うことも可能です。
※5 水深1mで間欠的に4時間の浸水をさせる(30 分の浸水、15分の休憩を4時間にわたり繰り返す当社の 耐水試
  験に合格。
4.連続撮影約4.5時間を実現する大容量バッテリーを内蔵
連続撮影約4.5時間を実現する大容量バッテリーを内蔵。バッテリー交換の手間なく長時間のイベントなども安心して撮影ができます。また、市販のモバイルバッテリー※6にも対応し、電源のない場所での充電も可能です。さらに、本機内蔵バッテリーから、スマートフォンへの給電にも対応しています。
※6:出力定格:5V1A以上、電池容量:5,200mA以上のモバイルバッテリーに対応。プログレッシブモード及び
   Wi-Fi(R)使用時は使用できません。すべてのモバイルバッテリーへの対応を保証するものではありません。
5.明るい環境下での視認性を向上させる「反射低減液晶モニター」を採用
6.高画質プログレッシブ記録(1080/60p)に対応 
7.大容量64GBの内蔵メモリーを搭載
8.光学40倍(ダイナミック60倍ズーム)により、遠くの被写体もより大きく撮影が可能
9.「総画素数251万画素 高感度裏面照射CMOSセンサー」を搭載
10.284パターンを判別し、自動で最適な映像撮影ができる安心機能「インテリジェントオート撮影」を搭載

【4つの保護性能「QUAD PROOF (クワッド・プルーフ)」について】
[防 水] JIS防水保護等級8級(IPX8)相当/JIS防水保護等級6級(IPX6)相当
【IPX8】1時間、水深5mの水槽(常温の水道水)の底に放置しても、本体内部に浸水せず、ビデオカメラとして
の性能を保ちます。
【IPX6】約3mの距離から、毎分100Lの水を内径12.5mmのノズルで6方向から30秒ずつ合計3分間放
水しても、本体内部に浸水せず、ビデオカメラとしての性能を保ちます。
*水深1mで間欠的に4時間の浸水をさせる(「30分の浸水と15分の休憩」を4時間にわたり繰り返す)、当社
の耐水試験に合格。
[防 塵] JIS防塵保護等級5級(IP5X)相当。試験用粉塵(直径75μm)とビデオカメラ本体が入った防塵試験管の内部を8時間かくはんしてもビデオカメラとしての性能を保ちます。
[耐衝撃] MIL-STD-810F Method516.5 Shock 準拠。液晶モニター面を内側にして閉じた状態で、1.5mの高さから3cm厚の合板上へ落下させる社内試験に合格しています。
[耐低温] -20℃の環境下に本体を24時間放置したのち、-10℃の環境下でビデオカメラとしての性能を保ちます。
*ただし、すべての状態において無破損・無故障・防水性能を保証するものではありません。

<商標について>
●「Everio」「QUAD PROOF」「Everio sync.」「teamnote」は株式会社JVCケンウッドの商標または登録商標です。●ドルビー、Dolby、ダブルD記号は、ドルビーラボラトリーズの商標です。●SDXC、SDHC、SDロゴは、SD‐3C LLCの商標または登録商標です。●HDMI、HDMIロゴ、およびHigh‐Definition Multimedia Interface は、HDMI Licensing, LLCの商標または登録商標です。●“AVCHD”およびそのロゴはパナソニック株式会社とソニー株式会社の商標または登録商標です。●MediaBrowserTMは、株式会社ピクセラの商標または登録商標です。●Windows(R)は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。●iOSは、Ciscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。●MacOSは、Apple Inc. の米国及びその他の国における商標または登録商標です。● Intel、Intel Core Duo、Intel Core 2 Duo、Intel Core i7は、米国及びその他の国におけるインテルコーポレーションまたはその子会社の商標または登録商標です。●Wi‐Fi Direct(R)、Wi‐Fi(R)、Wi‐Fi(R)ロゴ、Wi‐Fi(R)CERTIFIEDロゴ、Wi‐Fi(R)CERTIFIEDは、Wi‐Fi Allianceの商標または登録商標です。●App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。
●Google PlayTMは、Google LLC.の商標です。●その他、記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。


[画像8: (リンク ») ]

[画像9: (リンク ») ]


本件に関するお問い合わせ先
--------------------------------------------------------------------------------------------------
【報道関係窓口】 株式会社JVCケンウッド 企業コミュニケーション部 広報・IRグループ
TEL : 045-444-5310 〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地
【お客様窓口】 JVCケンウッド カスタマーサポートセンター
TEL : 0120-2727-87(固定電話からはフリーダイヤル)/
0570-010-114(携帯・PHSからはナビダイヤル) / 045-450-8950(一部IP電話から)
--------------------------------------------------------------------------------------------------
本資料の内容は発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
www.jvckenwood.com

当社プレスリリースURL


(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社JVCケンウッドの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]